第209夜 NHKの権力的腐敗がハロウィンの夜にかいま見える
 NHKの夜のニュースを見ている。
 NHKの夜のニュースにふさわしい、落ちついた様子の三十代くらいのアナウンサーがいる。

 中継:1。
 新製品の色鉛筆のデモンストレーションの様子が撮されている。
 科研がどこかが作ったその色鉛筆で塗ったところを押すとピアノの音が出るらしい。しかも塗った色合いによってピアノの音階は変わるのだ。
 ということを白衣の男性がやってみせると、百人くらいの幼稚園児(ちらほら、コーカソイドやネグロイドもいる)がいっせいにピアノの鍵盤を模した長い長い白紙に、思い思いの絵を描いて、押しはじめる。
【ずらーっと描かれた、百人分くらいの幼児園児的な絵。自画像のようなものが多い。
 なかには、一人一マス(←鍵盤を模した紙なので)のルールをやぶって、右半身と左半身を隣り合ったマスに描いている子もいる。ということは、なにも描けなかった子が一人以上いるのだろうか? もしかしたら、隣の子とすごく仲が良くて、共同で一人の架空のキャラクターを描いたのだろうか? 後者であるなら、すばらしい才能だと思う】

 中継:2。
 無数のタロイモがベルトコンベアーに乗せられて、自動的に洗われている。
「各地で夏の特産品であるタロイモの収穫がピークをむかえています」
とかなんとか、あのアナウンサーがナレーションを入れる。
 ピアノの音が出る新製品の色鉛筆にくらべるとつまらないのでいい加減に見ていると、いつまでたってもタロイモの映像が止まらない。それなのに、アナウンサーは野球選手のインタビューなんかをはじめてしまう。
(アナウンサー、気づけ、映像切りかわってないよ!)
 画面にむかって念を送っていると、アナウンサーが急にしどろもどろになって、沈黙。
 ベルトコンベアーで画一的に洗われるタロイモがまだまだ続いている。
 が、パッと野球選手のインタビューの中継に切りかわる。
 が、また画面が切りかわって頬杖をついてつまらなそうな顔をしているアナウンサーを撮すスタジオカメラの映像になる。
 数秒後、あわててアナウンサーが事の次第に気がつき、
「すいません、スタッフの不手際にふてくされていました……」みたいな言い訳をはじめる。
 まったくもって見苦しい。
 しかも、スタジオカメラが故障しているらしく、いよいよ次の映像に移り変わらない。
「Cコード抜いてみて、Cコード!」
 いかにもADらしい、キャップを前後逆に被った口髭のおじさんが画面に映り込み、カメラの後ろに腕を回す。こういうADは民放もNHKも同じだなあ。と思っていると、まるで漂白されていくように、慌てている様子のアナウンサーと疲れた顔のADが消えていく。

 そして、酒池肉林の様子が撮される。
 高層ビルの最上階とおぼしきフロアでおこなわれている、これは、ハロウィン・パーティなのだろうか?
 コンパニオンの女性は全員、露出度の高いサンバ・カーニバルの格好をしているが、厚化粧で肥満している。おそろしい醜女ばかりで、整形手術をしないとこんな顔にはならないだろう、というような人までいる。
 なかでも圧巻なのは、唇の左右の両端を輪ゴムで結び、それをもって乳首に模している女性で、どう考えてもこの一発芸のために人体改造をしている。
 彼女らにまざってスーツ姿の上品な会社役員たちがシャンパンを飲んでいる。
 たるんだ二の腕に数えきれないほどの小さなピアスをつけたブス・コンパニオンの一人が彼らの一人と話していて、彼はでれでれしている。
 スーツの彼らはNHK上層部の役員たちに違いない。
 こんなデカダンなハロウィン・パーティをやってしまうほどに、NHKの権力的腐敗はすすんでいたのか。
by warabannshi | 2008-10-31 23:02 | 夢日記 | Comments(0)
<< 『テレヴィジオン』ジャック・ラ... 第208夜 『誰がヴィトゲンシ... >>



夢日記、読書メモ、レジュメなどの保管場所。
by warabannshi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
twitter
カテゴリ
全体
翻訳(英→日)
論文・レジュメ
塩谷賢発言集
夢日記
メモ
その他
検索
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 11月
2004年 08月
2001年 12月
記事ランキング