第240夜 「温泉旅館の無理難題」
 三階建ての、増改築をくりかえして迷路のようになった温泉旅館にいる。
 この巨大な温泉旅館の、いたるところに散らばった、1138個の球状のせんべいと、一つの秘密の壺を探さなければならない。壺は、見つけ次第、破壊することになっている。
「こういうものはたいてい、出入り口近くにあるものだよ」
 迷彩柄のロングコートを着た白髪の老人が語る。
「すべての客室と、すべての廊下と、その屋根裏なんかをすみずみまで探してみたからといって、そこに壺が物理的に存在していなければ、それは壺を探しているとはいえない。目をつぶったまま探すのではなく、まずはつぶった目を開けることが必要だ。ポーの『盗まれた手紙』を読んだことはあるだろう?」
 幸いなことに『盗まれた手紙』は読んだことがある。
「いざとなったら、この旅館ごと吹き飛ばしてしまえばいい」
 これは、もう一人の老人の独白。
 まったくだ。
 秘密の壺は、それを見つけだすことが目的なのではなく、それを破壊することが目的なのだから。
 老人は四人いて、それぞれがサバイバル・ゲームでもしそうな迷彩服を着ている。それとも、彼らが着ているのは軍服だろうか?
 秘密の壺に関しては、このフォーマンセルにまかせれば良いことが察せられる。

 見つけだすのに苦労しているのは、むしろ1138個の球状のせんべいのほうだ。
 せんべいには、それぞれ「1」から「1138」までのシリアル・ナンバーが刻印されており、万葉集の和歌か、あるいは『外郎売り』の一節が、行書で書かれている。
 だからといって、それらの特徴が、散らばった多数の球状のせんべいを見つけだす手がかりには、まったくなっていない。
「外郎売りの早口言葉、全部言える人は順番をそろえて!」
 せんべい担当らしい女の子が、ヒステリックに叫ぶ。
 外郎売りの早口言葉がわかる数人とともに、いままでに集まった幾つものものせんべいを順番に揃えていくが、そもそもシリアルナンバーに従ってそろえればいいのであって、外郎売りの早口言葉を手がかりに並べることはない。
 別の部屋ではせんべいを集めていることを知らずにそれを食べてしまった別の女の子が、三人にはがい締めにされて無理やり陰毛を剃られている。
 1138個、すべての球状のせんべいが揃わなかった場合、どのようなことがおこるのだろうか。
(この温泉旅館の天井が、ひとつ残らず落ちてくるのさ……)
by warabannshi | 2009-04-04 08:46 | 夢日記 | Comments(0)
<< 探索整理02 『精神分析の倫理... 探索準備04 第10回本郷メタ... >>



夢日記、読書メモ、レジュメなどの保管場所。
by warabannshi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
twitter
カテゴリ
全体
翻訳(英→日)
論文・レジュメ
塩谷賢発言集
夢日記
メモ
その他
検索
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 11月
2004年 08月
2001年 12月
記事ランキング