第255夜 「[美術]=犬、そして[生物・地学]=オタマジャクシ」
 奥多摩のほう? 檜原村あたり? とにかく、ある程度、昆虫の多様性が保たれているくらいの山奥に、自然学校がある。小学校から高校までの学年に対応しているが、いわゆるフリースクールではなく、進学率の高い名門校としてよく知られている。生徒数は全て足しても百人くらい。
 そこに、どういうわけか私は転校する。たぶん小学校の五、六年として。

 最初の授業は[美術]。美術室。
 にぎりこぶし大の粘土でなにか作れ。
 という自由課題を、二十代半ばの男性教師が出す。
 転校したてなので良いところを見せようと思って、粘土をこねだすと、ルネ・マグリットの絵のような不穏な幻覚がちかちかとまたたきはじめる。

【麻薬入り粘土をこねたときに見た幻覚…】
 ゲームのような青空と雲、そしてだだっ広い芝生の上に、幾何学的な規則をもってならされているような道。その道の上にいつの間にか一人で立っている。
 ものすごく明確な世界。
 サングラスをかけた、人間ほどの白い犬が、どこからか走ってくる。
 白い犬のかけているサングラスはふつうのそれではなく、エメラルドグリーンで、スキーゴーグルのような、右目と左目のあいだもつながっているやつ。
 しばらく白い犬と一緒に連れだって歩く。
 しかし、「妊娠線をなめてみたい」、「プラトークラコー(違法風俗店のこと)に行ってしまいたい」とかなんとか卑猥なことを白い犬が言いつづけるので、思いきって犬の首をしめる。 
 両手でかかげるようにして犬の首をしめながら、犬が首輪をしていることに気づく。
 首輪にはなにかが書いてある。白い犬は大人しいながらもなかなか絶命しないので、両手をはなせず、首輪に書いてある字が読めない。


 次の時間なのか、それとも次の次の時間なのか、[生物・地学]の授業。
 四人の班で、学校の周辺の植生図や、昆虫の分布などをしらべてくるように、とのこと。
 太宰治と一緒の班になったので、(これは荒れそうだ…)と思いきや、彼はずいぶんローテンションなので、静かに実習ができる。
「腐りかかってぼろぼろになった小屋が近くにあるんだけど、夜になったらそこにライトを持ち込んで、蛾とか蜘蛛とか、集めたらどうかな」
 小坊主みたいな男の子が言う。
 宇宙服を着ないと、そのライトの近くに寄るのは嫌だ。
 ふと見ると、手のひらサイズのオタマジャクシが、ちゅぱちゅぱいいながら壁をのぼっている。
 こんなところにいたら干涸らびてしまう、とおもい、私の手にのせる。
「にぎっちゃだめだよ! 両生類は、人間の体温でですら火傷するんだから!」
 知っている。
 窓の外に放り投げるだけだ、外は雨だし、大丈夫だろう。
 窓をあけて、オタマジャクシをぽいっと放り出したあとで、いつの間にかここが四十階建てくらいのホテルの一室であることに気がつく。
 オタマジャクシが墜落死したかすかな音が、雨音に混ざって、聞こえる。
by warabannshi | 2009-06-22 10:32 | 夢日記 | Comments(0)
<< 第256夜 「アフタヌーン掲載」 【お知らせ】日本ラカン協会第7... >>



夢日記、読書メモ、レジュメなどの保管場所。
by warabannshi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
twitter
カテゴリ
全体
翻訳(英→日)
論文・レジュメ
塩谷賢発言集
夢日記
メモ
その他
検索
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 11月
2004年 08月
2001年 12月
記事ランキング