第278夜 「吉祥寺」
 吉祥寺の駅の近くで、カー・ホームレスのように、大型のバンのなかで寝泊まりしている。けれど、ほんとうにカー・ホームレスなわけではなくて、自室がこの大型のバンであるというにすぎない。事実、明日は家族とどこかに小旅行しにいくという約束をしてある。
 パジャマ代わりの寝袋に入って眠っていると、誰かがガラス窓を叩く音で目が覚める。
 友人・Uである。ガチョウの羽根のようなボアのついた黒い上着を着ていて、それでいまが戸外が冬であることに気がつく。
「あー、来た」という挨拶。知っている。見ればわかる。
 とりあえずいままで眠っていたバンの後部座席をあけて、Uを招き入れる。UCCのインスタント・コーヒーカップでコーヒーを淹れる。
「メールを送ったんだけれど、届かなかった?」
「いま、うち、携帯なくしているって言わなかったっけ?」
「あー、そうだったー。太田君、君はほんとうにバカだな」
 そんな会話をしながら、うちはノートパソコンを取り出す。もしかしたら、Uの送ったメールはYahoo!メールに転送されているかもしれない。
「そういえば、I君のPCのメアドっていまわかる?」
「わかるけどなんで?」
「前に君の部屋で話していた塩谷さんの科学哲学講義についてのメールを彼にも送りたいんだけれど、携帯をなくしてアドレスがないの。勝手に教えてもらったりしちゃマズイかな」
「いやー、気にすることはないと思うよ」
 Yahoo!メールはいつの間にか大幅なカスタマイズがされていて、閲覧するのが非常に面倒くさい。カーソルを動かすと、風圧を模したような力が働いて、ウィンドウが紙のようにぺらぺらとめくれあがる。さらに、【送信時間】という表示列までできていて、「0.00984秒」みたいなどうでもいいデータが【題名】よりも強調されている。
「最終バスが出発します! お乗りになる方はいそいでください!」
 吉祥寺初のバスがなくなるらしい。Uはバスに乗ってここに来たのではないか?
「U、バスなくなっちゃうみたいだよ」
「泊めてくれ」
 即答である。
「あ、そうだそうだ思い出した。ビックカメラに行かなくちゃいけなかったんだ」
 そう言うとUはまたボア付き外套を着て、すたすたとバンから出ていく。
 待っていてもいいのだけれど、ヒマだし、彼がどんな電化製品を買うのか気になるのでついていくことにする。

 吉祥寺はちょうどいまの季節は白夜らしく、午前二時だというのに夕方のように明るい。そのせいか、街には人通りが多く、人混みのなかで60メートルほど先を歩いていたUを、たちまち見失ってしまう。携帯でメールしなくちゃ、と思いながら、うちはその携帯を持ってない。
 レンガ敷きの、数層のショッピングモールまでやってくる。ジェラートを頬ばりながら三人くらいの女の子が歩いてくる。なんとなく口寂しい。Uのことだ。うちがついて来ようが来まいが、気にせず自分の用事を足し、そして泊まると言っていたうちのバンに戻ってくるだろう。だからうちはビッグカメラまで行かずに、バンで待てばよい。その前にジェラートを買って食べよう。そう思う。
 女の子たちの来たアーケード街の方はとりわけ人混みがはげしい。なにか個展が行われているようで、道ばたでミレイの『オフェーリア』の模写が売られている。《ラファエル前派》展なのだろうか? そういえば、前にもこんなことがあった気がする。そう、若い警察官・「桜坂康輔」の左足の甲を、冗談交じりに拳銃で撃ったときだ。拳銃は、巡回中だった彼のものを奪った。拳銃で警官の足を撃ってから、けっきょくどうなったのかは覚えていない。ただ、そんな酷いことをしたあとでも、彼はときおりうちの木造アパートにあがりこんでビールを飲むくらいの友人である。
 アーケード街をたいそう歩いたあとで、ついに大きなレンガの壁に突き当たる。デッドエンド。この商店街はこんな構造になっていただろうか?
 しかし、壁には体育倉庫の扉のような、そっけない灰色をした鉄製の観音扉がつけられている。
 その扉を開けてみる。
 すると、いままで商店街だったのが嘘のように、広々とした運動場が広がっている。芝生がていねいに育ててあって、目の前にはちょっと網がやぶけているサッカーゴールがある。太陽はいつの間にか正午に近い位置にまで昇っている。
 サッカーウェアを着た中学生くらいの男子が、汗だくになってうちの足の近くに座り込む。息が荒い。走り込みでもしていたのだろうか。そして、サッカーゴールのゴールポストに座り込んだ彼には、うちの姿が見えていないように思える。
「ういーす」
 夏服を着た、彼と同年齢くいらの女の子がやってくる。バカっぽいというか、四、五人のグループでいつもぎゃはは笑いを連発していそうな感じであり、しかしそれが“ふり”であることも同時にわかる。女子はいきなり、ぶっ、と放屁する。さらにサッカーウェア男子も、放屁する。いったいなんなんだこれは。しかしすぐに意味がわかる。コミュニケーションだ。小津安二郎の映画『おはよう』で小学生たちがやっているような。
 サッカーウェア男子の隣に腰かけたアホ女子のふりをするその女の子には、すでにアンニュイさが感じとれる。彼と彼女がこんな閉じた、しかし微笑ましいコミュニケーションをいつからとりつづけていたのか、そしていつまでこれを続けるつもりなのかわからない。もう、そんなに長い時間ではないだろう。
by warabannshi | 2009-08-29 03:40 | 夢日記 | Comments(1)
Commented by 新潟の映画バカ at 2009-08-30 23:53 x
ランボー4は最低な作品だ。ほぼすべてに理由がない。観るに値しない。

ラモリスの赤い風船、お勧めです。
<< 【携帯電話、買いました】 第277夜 「バージェス動物群」 >>



夢日記、読書メモ、レジュメなどの保管場所。
by warabannshi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
twitter
カテゴリ
全体
翻訳(英→日)
論文・レジュメ
塩谷賢発言集
夢日記
メモ
その他
検索
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 11月
2004年 08月
2001年 12月
記事ランキング