【北南】1stアルバム『福が来る』 レビュー

MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2009年 12月号 [雑誌]

ミュージックマガジン


05年に結成された四人組バンドである北南の『福が来る』(尻目庵 SMAN0001)は、一軒貸家で二年半かけて作った約53分12曲入りCD。70年代の日本のフォーク/ロックを思い出すが、はっぴいえんどのカビ臭い亜流とは一線を画す現在進行形の響きである。ペイヴメント以降のいわゆるインディ・ロックの日本解釈とも言うべきまったりした佇まいなのだ。素朴な実験性に富む音は米国のマタドールやKレコードのアーティスト、英国スコットランドのパステルズ周辺も思い出す。と同時に、繊細な歌声をはじめとして日本の風土ならではの濃厚な侘び寂びも染み込んでいるのだ。セルフ・ライナーや数人のコメントも載った12ページのブックレット付き。
p.179


 ゼミの先輩である増田-羽客-敬祐さんがヴォーカルを務める四人組バンド・北南のレビューが載っていたので転載します。「尻目庵」というヘンテコな名前のレーベルは増田さんが作ったものだそうで(ロゴ・マークも)、「あらゆることを尻目に自らの道を往く」という含意があるそうです。レビューでははっぴいえんどが参照されていますが、私の聴いた感想では80年代初めから中頃のムーン・ライダースに音質の重なり方も近いです。パーカッョンを控え目にした感じ。『福が来る』収録曲の個人的なおすすめは「今日みたいな日」と「芝」。
北南ホームページ hokunan.web.fc2.com/
by warabannshi | 2009-11-30 12:11 | Comments(3)
Commented by 新潟の映画バカ at 2009-12-03 18:10 x
増田さんがアルバムを!?

自転車泥棒は、父親像がひっくりかえってしまう混乱や不安で終わり。
小津の生まれてはみたけれどは、ひっくりかえったものを母親の存在により再度ひっくりかえしてる。現実、二度と元には戻らないのだけど、母親の存在が諦念をもたらし、安定させて終わる。小津に脱帽。母親を演じた吉川満子、映画バカにとってあぁいう女優に出会えることはどれほど幸せなことか。
Commented by 新潟の映画バカ at 2009-12-03 18:18 x
小津では、飯田蝶子主演の長屋紳士録が一番好きかも。作品中で笠と飯田が歌う小唄が絶品。CD化されているかどうか、もし太田さんが御存知ならば教えてくださーい。
Commented by warabannshi at 2009-12-05 21:01
 小津はいいよね。『秋刀魚の味』が好きです。路子(岩下志麻)が嫁いでいく前の晩、彼女がいる二階の階段の前で、父親役の笠智衆が、黙ったまま二階を見上げて、ごくっと喉仏を上下させるところがすごくいい。 「ごくっと喉仏を上下させる」シーンは『東京物語』にもあるけれど、あれは不憫すぎて観ていられない。
 小津映画のサントラってあるのかな。と思って探したら、「小津安二郎監督作品サントラコレクション」がありました。「5. 長屋紳士録」って書いてあるからあのちゃんちゃか節も入っているのではないでょうか。うちとしては歌詞カードが欲しいです。あどっこい。
<< 【明日!】日本ラカン協会第9回... 【見田宗介 講演】「現代社会の... >>



夢日記、読書メモ、レジュメなどの保管場所。
by warabannshi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
twitter
カテゴリ
全体
翻訳(英→日)
論文・レジュメ
塩谷賢発言集
夢日記
メモ
その他
検索
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 11月
2004年 08月
2001年 12月
記事ランキング