探索記録32「音声入力について」
 音声入力のためのユーティリティソフト「AmiVoiceEs2008」を、一週間ほど前に買いました。
 テープ起こしを大量にしなければならないのと、あとここ一年あまり、自転車にたくさん乗っていないせいか、肩こりの症状が出てきたので、できるだけキーボードを打たずに文字を入力するために。それで、その「AmiVoiceEs2008」。音声認識能力の高さには、正直なところ、感動しました。ほんとうに抜群の水準です。革命的。これに比べると、Win7に搭載されている音声入力ソフトは、おもちゃに思えます。ICレコーダとの相性も悪くないです。べつにアドバンスト・メディア(=開発元)から広告料をもらっているわけではないですが、「AmiVoiceEs2008」は褒め称えるに足る性能だと思います。

 ところで。キーボードに向かって文字を打ち込むのと、そしてそれを読むのと、声に出して、そして打ち込まれて、並んだ文字を読むのは、やはり体験として何かが違う、ということを「AmiVoice」を使っているとき、感じます。もっと正確に言えば、私は音声入力をしているとき、自分の声を聞き、自分が話した内容を読んでいるわけです。つまり話したことを聞き、さらに読んでいるわけです。この場合、話していて退屈なことは、そもそも言葉になって出てこない。これは単に慣れの問題なのか、どうなのか。
 Twitter はつぶやき声という意味ですけれど、 Twitter を使っているときよりも、 AmiVoice を使っているときの私の方がよっぽどつぶやいている、というか、もう本来の字義においてつぶやいている。(この記事もまた、「AmiVoiceEs2008」を使って音声入力されています) 独り言をいうくせが抜けない人がいるのも、うなづける。文章をキーボードで打ち込んだり、紙にペンで書いたりするのは、腕をつたって、何か黒い流体のようなものを画面や紙に流し込んでいく感覚に近いわけですが、独り言をいうときは、振動音を使って、遠くのものを揺り動かすような感覚に近いです。超能力(念動力)を使える人がものを動かしてみせる感覚は、こんなものなのかもしれません。
 
by warabannshi | 2010-01-23 09:56 | メモ | Comments(0)
<< 【告知】 塩谷賢さん09... 第333夜「カビ」 >>



夢日記、読書メモ、レジュメなどの保管場所。
by warabannshi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
twitter
カテゴリ
全体
翻訳(英→日)
論文・レジュメ
塩谷賢発言集
夢日記
メモ
その他
検索
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 11月
2004年 08月
2001年 12月
記事ランキング