第354夜「魔女」
 不老不死を目指している新興宗教の教祖は、スペイン貴族風の見なりの、髭を生やした背の低い男であり、いかにも詐欺師っぽい。そして、彼の提唱する教義は、食餌療法という、とても実践的なものである。
 いとじりが異様に大きな盃に、三十種類近くの厳選された野菜と数種類の肉を、それぞれ寸胴鍋で二日間煮込み、抽出したエキスを満たし、それを日に三回、一息に呑む。
 これで「エラン・ヴィタール」を摂取できる。
 というのが不老不死に至るための教義の中核である。
 ただし、信者たちが高額な布施とひきかえに飲んでいるのは、市販されているすき焼きの割り下を加工した偽物である。

 道場での説教会と、定例集会の後。広い日本庭園を臨みながら、奇妙に念の入った手つきで、本物の「エラン・ヴィタール」を一息に呑んで、教祖の男が側近に言う。
「旨い。だが、足りない」
「はい」
「何が足りないかわかるな?」
「魔法(Zauber)です」
「もちろん私は魔法などの類は信じていない」教祖は言う。「しかし、私が“受け入れられていない”のは事実だ。これは間違ない。この「エラン・ヴィタール」に足りないのは親和力だ!」
 教祖は盃を置き、代わりにリンゴを手にとり、囓る。
「魔女は連れてきたか?」
「そこにいらっしゃる方が、そうです」
 教祖が振り向くと、彼の後ろに十歳ほどの少女が立っている。
 彼女は自転車で、商店街のアーケードを気持ち良く走っていたところを、側近と信者らに尾行され、連れて来られたのである。ゲームセンターの混雑したフロアを自転車で走り回って逃げるほどの嫌がりようであった。
 教祖は、少女の両肩を掴み、揺すぶりながら言う。
「なぜ私は受け入れられないんだ!」
 少女は表情を変えずに言う。
「言葉遣いがなってないよ」
「なぜ私は受け入れられないのですか?」
「それを訊く前に謝って欲しいよね。私がどんな気分で連れて来られて、あんたの垂れた説教を聞いていたか、わかる?」
 憮然とした面持ちで彼女を睨む教祖。少女は、日本庭園を臨む、檜作りの渡し廊下に出る。
「古来からこういうときのけじめのつけ方は、土下座と決まっている。ただし、あんたの場合…」彼女は、教祖がひとかじりして捨てたリンゴを廊下の床に立てる。「その額の打点は、ここだ」
 教祖は、確かではない足取りで、廊下に歩み、跪いて、両手をつく。
「すみませんでした」
「土下座になってないよ!」
「すみませんでした!」
 勢いよく打ち付けられる額で、果汁とともに四方に砕け散るリンゴの黄色い果肉。
by warabannshi | 2010-03-31 11:34 | 夢日記 | Comments(0)
<< 第355夜「切手コレクター」 第353夜「蛍光」 >>



夢日記、読書メモ、レジュメなどの保管場所。
by warabannshi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
twitter
カテゴリ
全体
翻訳(英→日)
論文・レジュメ
塩谷賢発言集
夢日記
メモ
その他
検索
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 11月
2004年 08月
2001年 12月
記事ランキング