第359夜「百物語」
 巨大な半球のガラスにすっぽりと覆われた神社の森で、百物語をしている。透き通ったガラスの外では白い月が満ち欠けをゆっくりと何度も何度も繰り越しながら、ちょうど黒い森のなかに落ちていったところである。外の黒い森には、コウノトリが群棲しているので、入ることが出来ない決まりになっている。
 五、六人ほどの名前の知らない友人たちと、制服のまま、車座になって怪談を披露しあっている。ランタンの明かりの元では、みんなの顔色が悪く感じられると思う。ぐるぐると順番は回り、なんというか超越的に美しい女子が、怪談を話しはじめる。
「ある日、男子生徒の一人が放課後の半教室に何か忘れ物を取りに行ったんだって。すると、見知らぬ女子生徒が教室の後ろで退屈そうに文庫本を読んでいたんだ。彼女は何て名前なんだろうと思いながら、彼は彼の忘れ物を探し当てた。教室を出ようとしたとき、彼は気づいたの。黒板の隅に日直の名前を書く欄があるじゃない。そこに『誰』って書かれていたんだって。だから彼は『あなたは誰ですか?』と彼女に聞いた。彼女は黙って文庫本を置くと、嬉しそうに言った。『あなたの苦痛です。…この掛合いを忘れないでね。忘れると永劫、この教室から出られないよ』そして、彼女は通学鞄を持って教室から出ていった。それ以来、その男子生徒はいまも行方不明なの。
 これが私の話、『代わりばんこの教室』」
 私は正直なところ、非常に怖かった。皆はわりと落ち着いた顔をしている。私は私の恐怖を気取られないように、理屈をこねる。
「面白いけど、少し無理がある。その男子生徒がいまも行方不明なら、なぜその『代わりばんこの教室』の話を君が知っているの?」
「だって、私が教室から出てきた女子生徒だもん」
 友人たちは皆、笑った。私も笑おうとしたが、笑えなかった。
 気がつくと、私は夕方の特別教室の前にいる。なかに入ると、汚れた布製のマスクをした、黄色いリボンの似合わない女子生徒が、大儀そうに机に突っ伏している。制服やリボンの具合から、涼宮ハルヒのコスプレのように見えるが、全然似合わない。それは彼女が肥満しているせいだ。醜悪ですらある。彼女のことを視界に入れないようにしながら、夕陽に照らされて眩しく光る黒板を見る。日直欄には「ダーリン」と書かれている。
 ここが「代わりばんこの教室」だろうか。聞いた話と大分違う。しかしもしそうだとしたら、下手に騒いで、眠っているらしい彼女の目を覚まさせたら大変なことになる。静かに教室を出ようとすると、さらにもう一人の女子が教室に入ってくる。涼宮ハルヒその人である。彼女は私を見て言う。
「あんた、誰?」
 すると、まるでそれが合図であったかのように、空いていた窓からビニール製の風船のような色艶の黒子が乗り込んでくる。黒子はあきらかに教室のドアのものである鍵を奪い、再び機敏に窓から逃げ出す。
「泥棒!」
 私は叫び、窓から追う。誰もいない校庭を突っ切り、路面の濡れた坂を駆け下りる。黒子は、律義に「赤」を点らせている信号機で停まっている。私は黒子に追い付き、顔を殴りつけ、組み伏して、黒子が持っているはずの教室の鍵を探すが、どこにも見当たらない。黒子は身体検査を受けながら、「狼なんか怖くない」と歌っている。そうだ。たしかに、私の体はいまや狼である。いつの間に変身したのかわからない。人が狼に変身するときには、体のどこから狼になっていくのか、知りたかった。耳から狼になるのか、目から狼になるのか、口から狼になるのか、鼻から狼になるのか、爪から狼になるのか、尾骶から狼になるのか、知りたかった。
by warabannshi | 2010-04-14 11:19 | 夢日記 | Comments(0)
<< 第360夜「書字」 第358夜「シマウマ」 >>



夢日記、読書メモ、レジュメなどの保管場所。
by warabannshi
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
twitter
カテゴリ
全体
翻訳(英→日)
論文・レジュメ
塩谷賢発言集
夢日記
メモ
その他
検索
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 11月
2004年 08月
2001年 12月
記事ランキング