第394夜「賭け」→「うそ二人三脚」
 友人らと旅行中。数週間前から、タイ都市部にある激安アパート「グリーンパパイヤ」に滞在している。「グリーンパパイヤ」はタイではあちこちにあり、農村から出稼ぎにきた不健康そうな若い男やシングルマザーなどが多く生活している。水はけの悪いところに建てられるのがふつうで、いまも1Fは床上浸水している。この町に着いてから、とくに雨が降った記憶はない。
「こういうのって、学校のプールの足洗い場を思い出すよね」
 友人Hが、白いタイル敷きの玄関ロビーにたまった水を脚でかきわけながら言う。
「賭けをしない? Hの隣に住んでいるタイの女の子が、もし「片付けられない人」だったら、私が朝食をおごるよ」
「どこで朝食? 屋台、ロイホ、神戸屋?」
 神戸屋、ということで賭けは成立する。私たちと旅行中の友人Gと仲がよいタイの女の子の部屋を、二人で行って見せてもらう。1DKの部屋には、スチールベッドと、室内干しのための洗濯紐、ささやかなクローゼットくらいしかない。カーテンは緞帳。綾波レイの部屋みたいである。しかし床の掃除は素晴らしく行き届いている。
「仕事のほかには、掃除ぐらいしかすることがないから…」
 タイの女の子は照れ笑いをする。私はすっかり彼女が気に入り、一緒に朝食に誘う。
 タイの女の子と友人H、そしてG、その他数名の仲間たちはすぐに玄関ロビーに集まったが、友人Cがいつまでたっても部屋から出てこない。彼らを先に神戸屋に行かせることにして、私は友人Cの部屋に行く。

「体がダルいんだよ」というC。
「二人三脚をすれば治るよ。ただし足を結ぶ紐はいらない。うそ二人三脚。これは『源氏物語』にも書いてある鬱屈の治療法だ」
 そういって無理やりCと肩を組み、日本の杉並区・和田堀の町を走り出す。文房具屋を兼ねているタバコ屋、セブンイレブン、駄菓子屋、大宮八幡宮、そして市民プールを次々と快調に走り抜いていく。どこかに行く約束があったはずなのだが、思い出せない。蝉がうるさい。それぞれの樹や軒の内側で二、三匹が鳴いている。走ってほぐれた体の隅々に沁み入るような振動音である。
「いいね、うそ二人三脚」横で走るCに笑顔が戻っている。
「でしょ?」
「古典に書いてあることは学ぶべきだな」
「身体への出力が高いテキストが多いからね。だからこそ古典になったとも言える」
「『江戸生浮気蒲焼』、俺は好きだよ」
「平賀源内だっけ? いいよね」
 煎りつくような蝉の声と正午の光のなかを、私たちはうそ二人三脚で走り続ける。
by warabannshi | 2010-08-04 11:31 | 夢日記 | Comments(0)
<< 第395夜「黒大蟻」 第393夜「プチ」 >>



夢日記、読書メモ、レジュメなどの保管場所。
by warabannshi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
twitter
カテゴリ
全体
翻訳(英→日)
論文・レジュメ
塩谷賢発言集
夢日記
メモ
その他
検索
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 11月
2004年 08月
2001年 12月
記事ランキング