第431夜「プレゼンテーション」
 二人の名前の知らない男性編集者と、一人の女性化学者に向けて、新宿でランチをとりながら、プレゼンテーションをしている。私は一人、テーブルにたくさんの紙媒体の資料を広げて営業をしている。熱心になにを営業しているかはわからない。三人は私の熱弁をメモもとらずに聞いている。
 ひどく蒸し暑い店である。四方の壁はガラス張りであり、涼やかなのだが、密閉されているので、私の熱が逃げていかないのである。息苦しくて堪らない。上着を脱ぎ、ネクタイをゆるめたいが、そういうことをするとほかの三人の心証を害するようで、我慢する。新宿大ガードをくぐっている四車線道路は、完全に水没している。ひび割れそうなほどに澄んだ水のなかを骨の硬そうな小魚たちが群で泳いでいる。
「雑誌において含水率は非常に重要です。例えば、この折れ線グラフを見てください。少年ジャンプの紙面においては、各漫画のバトルシーンの含水率の総計が一定なんですよ。これは絶対に編集の人と漫画家さんが決めているとしか思えません」
「え、じゃあ、『ワンピース』が休載したときは、ほかの作品が水浸しになるってこと?」
「いいえ、水の量は絶対値ではなく、あくまでも割合です」
「太田君は「バトルシーン」って言ったとき何を考えている?」
「つまり濡れ場を含むか、ってことですか? それはもちろん――」
「換喩としてね。あと、体液の多そうなキャラクターはどうなのかな、とか。おっぱいのアップが多い状況はどうなんだろうとか。
 含水率はしぼったほうがいいものなの?」
 喉がからからであり、議論が本題に達しかけたので、もういいだろうと思い、私はネクタイをほどく。その途端、いままで黙っていたアラジンのような顔つきの小柄な編集者がひどく怒り出す。
「君はいま、ネクタイをほどいてもいいと思ったわけか!?」
「声がでにくかったので……」
「ははー、おまえはここをチベットだとでも思っているのか。可笑しいなあ。人を見下すのも大概にしろ!」
 憤慨しつづける編集者は、壊れたエスプレッソ・マシンのように黒い豆殻のような滓を口から飛び散らせる。それらの滓を顔やワイシャツの胸元にあびながら、薄氷を踏むかのようなプレゼンテーションがこんな終わり方をむかえたことの口惜しさを噛む。
by warabannshi | 2010-11-22 18:23 | 夢日記 | Comments(2)
Commented by べがん at 2010-11-23 23:09 x
すばらしい。
RSSフィードにちゃんと日付が入るようになったね。
Commented by warabannshi at 2010-11-24 09:09
なんの話? ツイッター? ベガンのブログ?
<< 第432夜「遺稿」 【感想】コミティア94拡大sp... >>



夢日記、読書メモ、レジュメなどの保管場所。
by warabannshi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
twitter
カテゴリ
全体
翻訳(英→日)
論文・レジュメ
塩谷賢発言集
夢日記
メモ
その他
検索
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 11月
2004年 08月
2001年 12月
記事ランキング