第475夜「屍姦」
 屍姦の疑いをかけられて山奥まで逃げてきた痩せた男。薄い肩の上にのっている頭がやけに大きく見える。頭骨そのものが大振りにできているのかもしれない。草の汁で汚れた左手の薬指にはシンプルな銀の婚約指輪が光っている。
 木の根がはげしく隆起している山道をしばらく歩くと、谷川で修行中の坊主たちに出会う。初老のものを師範として、十歳に満たないほどの小坊主が二人、凍えるような清水にこむらのあたりまで漬かって何かを唱えながら歩いている。
 御坊、突然ですまないけれど、少しだけ寺においてくれないか。この腕でできる仕事ならなんでも手伝う。
 痩せた男は初老の男に声をかける。修行僧はうなづき、名前は、と問い返す。
 サンダラ、という名の語尾に奴隷の出自を感じたのか、三者一様に眉を曇らせる。
「アメリカ出身なんだ」と痩せた男は弁明する。
 離れの一室をあてがわれた痩せた男は、畳に仰向けになって、彼の指に挟んだメッセージ・カードを眺めている。
「君も、彼女と同じく、人間なのか、亡霊なのか。
 もし後者なら、なぜ現象にたどりついたものが人界に戻り、影響をもたらすのか?」
 痩せた男の妻であった、黒髪の美女の死骸が、彼に添い寝しながら言う。
「私からうばったものをよこさず、よこさなくていいものを返そうとするからよ」
 腐乱しつつある彼女の両目と左腕は落ち、彼女の体のところどころは熟れきったゆずのように、皮が剥けながら中身が出ている。乳房を支える大胸筋が肋骨から外れるのではないかひやひやする。
 男は死骸の皮膚がよれないようにやさしく彼女の背中を愛撫する。舌なめずりをするような音。水滴がしたたる豊艶な触覚の下で、鉛筆のように痩せているその身体に少しずつ少しずつ肉がつくようである。

 漫画を描いている友人Kが、この自主制作映画のコメンタリーを務めてくれている。
「ここのところ、一本の髪の毛がくしゅくしゅって丸まって蠅になるカット、コマ撮りしたのよ」
「まじ? どれだけ時間かかったの?」
「一匹撮るのに、一日。十台のカメラで別々に撮って、つなぎ合わせたの。叩き潰されて、髪の毛にもどるところあるでしょう。あれも一日かかった」
by warabannshi | 2011-04-11 07:35 | 夢日記 | Comments(0)
<< 第476夜「寝起き師」 第474夜「ゴーストバスターズ」 >>



夢日記、読書メモ、レジュメなどの保管場所。
by warabannshi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
twitter
カテゴリ
全体
翻訳(英→日)
論文・レジュメ
塩谷賢発言集
夢日記
メモ
その他
検索
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 11月
2004年 08月
2001年 12月
記事ランキング