第488夜「免職」
 富士見が丘にある塾の教室で生徒を待っているが、定刻を過ぎても一人も来ない。大きすぎるベランダの窓の外の景色はスモッグで紫がかっていて、物悲しい。この建物には、いや、それどころかこの世界のあらゆる校庭から、小学生が消えてしまったかのようだ。
 ずしずしという無遠慮な足音が階下から廊下へ続き、そして、私が教卓で控えている教室へと近づいてくる。現れたのは、身の丈三メートルはあろうかという、髭の白色人種である。
 まるまると突き出た太鼓腹を揺らして、彼は私の前に立つ。
「太田というのは君かね?」流暢な日本語である。「君の英語の授業は、これから私が代行することになった。短い付き合いにだろうが、よろしく。君は親しい人からオタカズと呼ばれているようだが、私は、スズミ、と呼ばせてもらうよ。スーツを来たネズミのようだからね。そうだ、忘れないように書いておこう」
 彼はそう言うと、シャープペンシルを取り出す。私のツイードのスーツの両肩に「スズミ」と書こうとするが、もちろん書けるわけがない。そして、この一方的な侮辱に甘んじている私でもない。私は無礼な男を睨みつける。だいたい、この男から見れば、たいていの日本人は「スーツを来たネズミ」なのではないか?
 彼をぎゃふんと言わせる腹案を練っていると、満足したように彼は言う。
「さあ、講師控え室に行こう。そして、代行を承認した旨を書面に書くんだ」
 私はむしろ、彼の傍若無人を告発するために、講師控え室に行くことにする。
 出勤簿に押すための「太田和彦」という判子をしまおうとすると、彼は愉快そうに笑う。
「そうか、新しい判子が支給されるまでの辛抱だ、スズミ」
 なぜか私は急に不安になる。カバンのなかで、自転車の鍵につけている鈴がちりちりと鳴る。その音がまた彼に私に付けこむ隙を与えるようで、私はいそいで鍵を握りしめる。彼のあとをついて階下へと向かう。
 階段には、キルケゴールが腰掛けている。彼もまた免職されたのだろうか。憔悴しているようだが、青いバラの花束のつぼみを舐めて、ほころばせようとしている。
by warabannshi | 2011-06-02 09:08 | 夢日記 | Comments(0)
<< 第489夜「宇宙旅行」 第487夜「布屋敷の代謝」 >>



夢日記、読書メモ、レジュメなどの保管場所。
by warabannshi
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
twitter
カテゴリ
全体
翻訳(英→日)
論文・レジュメ
塩谷賢発言集
夢日記
メモ
その他
検索
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 11月
2004年 08月
2001年 12月
記事ランキング