第496夜「盗難」
 監視が徹底している男子寮。ガス室のような巨大なシャワー室にも整列して入らなければならない。ただし、管理は行き届いていない。シャワー室のひんやりとした床は髪の毛がばらばらと落ちていて、裸足で歩くのは不快きわまる。
 どういうわけか遅刻して、いつものようにシャワー室で衣服を脱いでいる。すると、監視官のおばさんの電話口の声が聞こえる。
「何かお土産をもっていくわよ。そうね、男物のスエードのジャケットなんてどう?」
 私はぎょっとする。スエードのジャケットはいままさに私が脱いだものだからである。私は気付く。遅刻には非常にうるいくせに、盗難が絶えないのは、ほかならぬ監視官のこの中年女性が犯人だったからだ。私はお気に入りのスエードのジャケットを盗られたくないので、文庫本がぎっとりと詰った鍵つきのロッカーから取り出す。どうせ先方は合鍵を持っているに違いないのだから。私はジャケットを“受付”に預けに行く。
 “受付”では、黒人男性と白い秋田犬がいままさに仮眠室に行こうとしているところである。息を切らしてやってきた私は厄介事を
持ち込むのが必定なので、歓迎されるはずはないのだけれど、“受付”の黒人男性は「スエードのジャケットを、ちょっと預かっていてほしいんです!」という私の頼みを、「なぜ?」とも言わず、聞き届けてくれる。
「それでは、明日の朝、取りに来てください」
 私は安心する。監視官のひとりに盗癖の疑いがある、ということは、告げないでおく。親切な彼を寝かせてあげたかったからである。
 私が廊下を戻ると、さきほどの中年女性が、私を追いかけてきたことに気付く。
 私が電話を盗み聞きしていたことがばれたのである。
 私は素知らぬ風をして、薄暗いエレベーターに一人で乗り込む。そして気付く。考えたくはないが、“受付”の黒人男性も、盗難に手を染めていたら? いや、そもそもあの監視官が電話越しにしゃべっていたのは、“受付”の黒人男性かもしれないではないか。わざわざ「男物のスエードのジャケット」と言っていたし。ああ、そうなったら何もかも思う壺だ。
 そう考え事をしながら、エレベーターの止まったところで降りる。そのままシャワー室に向かって歩き出そうとしたとき、様子が変であることに気付く。
 ここは5階じゃないか。
 そして、つい最近、赴任したばかりの新しい監視官が、5階から謎の飛び降り自殺をしたことを思い出す。新米の彼女が、あの中年女性の盗癖を知ったばかりに、口封じのために殺されたシーンがありありと目に浮かぶ。私はいそいでエレベーターに駆け戻る。しかし、私を口封じのために殺すことをこんなにも焦るのならば、やはりあの監視官は、単独犯ということになりはしないだろうか。
 そうだとすると、“受付”に預けた私のジャケットは無事であるかもしれない。私はちょっと安心する。
by warabannshi | 2011-07-17 05:53 | 夢日記 | Comments(0)
<< 第497夜「黒板消し」 第495夜「授業案」 >>



夢日記、読書メモ、レジュメなどの保管場所。
by warabannshi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
twitter
カテゴリ
全体
翻訳(英→日)
論文・レジュメ
塩谷賢発言集
夢日記
メモ
その他
検索
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 11月
2004年 08月
2001年 12月
記事ランキング