第505夜「介抱」
 夜、琵琶湖の南を二両編成の私鉄に乗って、東に向かっている。明日までに大学に着かないと解雇されるので、急いで欲しいが、この路線には当たり前のように各駅停車しか存在しない。
 真っ暗な無人のプラットフォームに律儀に止まる無為に、絶叫したくなる。
「なんか熱っぽい…」
 ボックス席の対面に座っている、名前を知らない私の娘がぼんやりと呟く。額に手を当てるとたしかに熱い。
 娘を背負い、次の駅で降りる。六歳なのに、熱で気化しつつあるのかと思うほどに軽い。駅の窓口に行き、近くに泊まれるところはないかと聞く。
「お一人様、一万三千円の宿ならご案内できますが」
 高い。が、背に腹は変えられない。地図をもらって、車道しかない国道の路肩を歩く。琵琶湖がのっぺりと右手に見える。娘の息が首筋に熱い。
「セブンイレブンって、閉まるんだね…」
 確かに、コンビニが一件、潰れている。それを彼女の末期の言葉にしないように、足を早める。
by warabannshi | 2011-08-05 19:12 | 夢日記 | Comments(0)
<< 第506夜「中二病者の会」 第504夜「世紀末鯰」+ >>



夢日記、読書メモ、レジュメなどの保管場所。
by warabannshi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
twitter
カテゴリ
全体
翻訳(英→日)
論文・レジュメ
塩谷賢発言集
夢日記
メモ
その他
検索
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 11月
2004年 08月
2001年 12月
記事ランキング