第512夜「親・緊・縮(しん・きん・しゅく)」
 村上隆の筆跡で書かれた何かのアンチョコ本に、「食」の項目があるので盗み読む。内容は、字面ではなく、声で入ってくる。
「食における、「しん・きん・しゅく」の問題。食べることと親しみを取り結ぶこと、まずそれが先決。そして、いずれにせよサイズを小さくすること。つまり、縮。しかし、食べることについて緊張をもたらすこと、これが文化の仕事だし、一番むずかしい」
 漢字の変換がうまくいっているかわからないけれど、食における、「しん・きん・しゅく」とは、「親・緊・縮」なんだな、と思う。
 もしかしたら「しん」は「新」や「真」かもしれない。ヌーヴェル・キュイジーヌ。あるいは、なんというか“もてなしの心、真心”的なニュアンスがあるのかもしれない。というか、たぶん村上隆さんのことだから、念頭にあるのはそっちだろうと思う。「きん」は「緊張」だけでなく、「禁」もあるだろう。食における呪術的タブーの、読解格子を作ること。たとえばご飯に箸を突き立てて放置すると、死んだ人のものになるのはなぜか、とか。「禁」がはりめぐらされていることがわかれば、おのずから「緊張」も生まれる。
 そして「しゅく」も、「祝」、「粛」がこめられているのかもしれない。お祝いの席ではご馳走が食べきれないほど出されるのが常だ。生産物の4割近くが残飯になる残飯国家・日本は、ずっと何かしらの“お祝い”を食産業でやっているのかもしれないなあ。何の“お祝い”だろう。ガダルカナル島とかで餓死した兵士たちを招いているのか。ああ、だから、「粛」。生身のこちらは、食べても食べても、グルメでもバイキングでも、本質的なところでは満たされないのね。グルメもバイキングも、粛然とした“行事”だから。なるほどね。
 そんなことを考えて、他のページを読みたい欲求に抗して、アンチョコをもとに戻す。
 ちらっと見えたほかのページには、
「『江』は、やる夫の語尾の「お」。例えば、「海に行く江」→「海に行くお」、「結婚する江」→「結婚するお」」
 そんなわけのわからないメモが書いてあった。
by warabannshi | 2011-09-03 05:46 | 夢日記 | Comments(0)
<< 第513夜「大魚類飯店」 第511夜「『夏のおわりのト短調』」 >>



夢日記、読書メモ、レジュメなどの保管場所。
by warabannshi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
twitter
カテゴリ
全体
翻訳(英→日)
論文・レジュメ
塩谷賢発言集
夢日記
メモ
その他
検索
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 11月
2004年 08月
2001年 12月
記事ランキング