第527夜「銀河鉄道」
 臨海都市から出ている吊り下げ式のモノレールに乗って、海上、二千メートルほどの高度の空をさらに上っている。蛹のようにレールを抱き込んでいるこの乗り物がちょっとでもその手を滑らせれば、私たちは十数秒にわたる悲鳴をあげつづけたあげく、海の藻屑と化すだろう。出発駅の臨海都市の高層ビル群は、ミニチュアほどになっている。離陸した飛行機から見える眺望は、こんな感じだが、モノレールの車窓から見ると、宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』が思いだされる。
「ハロー、いま君にすばらしい世界が見えますか」
 群青色から黒に変わりつつある夕方の都市に、私は簡単な祝福を送る。
 隣の客席では、二足歩行をする鰐が、ガレオン船を押して進水式を行った。しかし喫水線がどうたら、という話をしている。
 私の降りる駅はひどく小さく、シングルベッド一つぶんほどである。煉瓦でできたプラットフォームには、転落防止のための柵もなく、まったくの吹きさらしである。高度三千メートルほどの宙空に浮いたこの悲しいほど簡素な足場の上で、私は入浴することにする。なんといっても、このプラットフォームのほとんどを占めているのは、アヒルのような足をつけた白いバスタブなのだ。バスタブには湯が張られており、湯気は良い香りがする。
 このままちょっと重心を傾けたら、バスタブにはまったまま全裸で、湯を無数の水滴へと拡散させながら星空を落ちていくのか、とてもシュールだ、と思いつつ湯船のなかで体を洗う。いつのまにか壁が一枚だけできており、そこには古今東西の映画のポスターが貼ってある。リバイバルされた映画については、古いものと新しいものとが、隣り合わせで貼ってある。それを眺めながら、壁が一枚もないときよりも、落下の恐怖にとらわれはじめている自分自身を発見する。
by warabannshi | 2011-11-06 10:26 | 夢日記 | Comments(0)
<< 第528夜「チーズ」 第526夜「布屋敷の水槽」 >>



夢日記、読書メモ、レジュメなどの保管場所。
by warabannshi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
twitter
カテゴリ
全体
翻訳(英→日)
論文・レジュメ
塩谷賢発言集
夢日記
メモ
その他
検索
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 11月
2004年 08月
2001年 12月
記事ランキング