第573夜「湖」
 山梨県にあるおそろしく澄んだ湖をめざして歩いている。真っ白い霧のなかを抜けていくと、足音が砂利を踏むそれに変わり、伸ばしていた手の指がふと何かに届いたような気がすると、まるで泡がはじけるようにふっと辺りの霧が晴れる。そして、目の前には、朽ち果てた小屋のある巨大な湖が、無音で広がっている。
 私は、私の名前が草津両治(くさつりょう おさむ)であることを思い出す。かつての同輩とコンビのペンネームを分け合った結果である。私は、湖で泳ぐつもりはない。湖に入れば、この透明な水に油や糠のような汚れが浮かんでしまうような気がしてならない。一人の人、一匹の水鳥も辺りにはいないのである。しかし、さざ波をひたひたと受けている朽ち果てた小屋を支える支柱には、赤や緑のたくさんの水草が繁茂し、蟹や、脚がたくさんある甲殻類がしきりにその水草のあいだを出たり這入ったりしている。青空を屈折させる水面は、いまにもその機能を忘れて空気に混ざってしまいそうである。
 気づいたときには、私はその湖に顔をつけて浮かんでいる。ほとんど空を飛んでいるようである。水が視力を補ってくれるので、試しに眼鏡をはずし、ふいと落としてみると、ゆっくりと粘りをもって回転しながら底へと落ちていき、ああ、やはり水の中なんだと思う。遠く、黒い点のように小さくなった眼鏡が、水底でかすかな白い煙を立て、数匹の魚が、保護色を解いて逃げ出すのが見える。
 私は小屋の壁に手をついて、腐った木の上に立つ。足の裏を、雑多な硬さの水草がくすぐる。伸ばした手に、数えきれないほどの斑紋が薄茶いろく浮かみあがっている。そして喉がしけった煙草を吸ったときのようにいがらっぽい。二、三度咳をして、たまらず湖の水を飲む。すると、飲んだ分だけ、喉をとおって首筋のあたりの皮膚からあふれ出ていくらしい。しかもそれが堪らなく爽快である。私は透明な水を飽きることなく飲みながら、このまま山椒魚にでもなるのだろうか、あるいは、もっと別のものか、と思い、それでもやはり呼吸するように飲んでいる。どれくらいたったかわからないが、泥濘を体じゅうに詰めこまれたような眠気がおとずれ、膝が崩れる。
by warabannshi | 2012-05-31 11:24 | 夢日記 | Comments(0)
<< 第574夜「警告」 572夜「猫の目」 >>



夢日記、読書メモ、レジュメなどの保管場所。
by warabannshi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
twitter
カテゴリ
全体
翻訳(英→日)
論文・レジュメ
塩谷賢発言集
夢日記
メモ
その他
検索
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 11月
2004年 08月
2001年 12月
記事ランキング