第616夜「陸錬会」
 道路が巨きな亀の甲羅のように隆起した駅前は薄暗く、タールの匂いが漂っている。アスファルトがよほど悪い材質なのか、靴の裏を介してすら、そのざりざりとした砂利と浮かんだ黒い油のぬめりが感じられる。ここは立川駅北口である。人気はない。立川駅前ならば、マクドナルドの1軒くらいあっても良さそうだが、と思うと、いや確かに、マクドナルドとパチンコ屋が駅ビルに併設されている。他の店舗はない。そして、マクドナルドの店の手入口の周りには、まるで石筍のようなものが幾つも立っている。立っているばかりではなく、揺らいでいる。近づいてみると、それらは全裸で頭を丸刈りにした男たちである。誰も彼も、奇妙にくすんだ、灰色がかった肌をしている。彼らの眼は一様にマクドナルドやパチンコ屋に向けられており、自動ドアが何かの拍子に、アスファルトの砂利を捲き込むとかして止まったら、一目散に店内に転げ込みたいと願っているようである。「陸錬会」と呼ばれる政治結社が若い男性を集めていると聞いたが、こういうことだったのか、そう、他人事のように思っていると、いつの間にか、私は彼らと同じような全裸の恰好になり、他の全裸の男たちの行列のなかに混ざって3段ベットの間で1列に並んでいる。「……」。5人ほど前のところで、一回り歳を食った不健康なやせ型の男が、やはり全裸で私たちの行列に指導している。口から唾を飛ばしながら講じているが、一向に何を言っているか判別できない。声すらも聞き取れないのである。周りが騒々しいのではなく、まるで私の頭の周りから空気がなくなってしまったように、彼の声は私の鼓膜から途絶されている。行列が進む。先頭に立っていた背の高い男は、左手首と左足首を荒縄で縛られ、奇妙な片足立ちで、ぴょんぴょんと前に進む。3段ベットには、やはり全裸に丸坊主の男たちが鈴なりになっており、木刀で彼の身体を突いたりしては笑っている。片足立ちの男はまるで抵抗しようとはせず、必死になって、部屋の向こうの壁までたどりつこうとしている。新入生いびりだ。私はそこに居ることがたまらなく嫌になる。栄養不足の身体がひしめき合っている列から横に外れ、この部屋の外に出るために歩きだす。従順ならざる者の行動に、とまどったような視線が周りから、頭上から注がれるのがわかる。構わず歩きつづけると、肩を強引に掴まれる。「貴様はなぜ陸錬会に入った!」。私は叫ぶように言い返す。「私は既成の秩序のために泣いた男に同情して陸錬会に入りました。しかし、ここでは涙そのものがない」。私の口は私が知らない決意を語る。
by warabannshi | 2013-04-12 03:33 | 夢日記 | Comments(0)
<< 第617夜「祖父K」 ゴーゴリ『死せる魂』中村徹訳、... >>



夢日記、読書メモ、レジュメなどの保管場所。
by warabannshi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
twitter
カテゴリ
全体
翻訳(英→日)
論文・レジュメ
塩谷賢発言集
夢日記
メモ
その他
検索
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 11月
2004年 08月
2001年 12月
記事ランキング