第625夜「石切り」
 惑星探査を可能にする技術力をつけても、所得格差を解消しきることができないくらいの近未来。
 かつて貧困層が最後に売ることができるものといえば、自らの臓器であった。再生医療の進展とともにその蛮習は絶えた(しかし、相変わらず人身売買や、奇形のコレクターは存在している)。
 しかし、売ることができるものは、なくなったわけではない。金に困った者が最後に手をつけるもの。それは時間である。
 コールドスリープで数十年間の眠りにつき、覚醒したときには、極地における作業か、あるいは数十年後の“人手が必要とされているにも拘わらず慢性的に人手不足の作業”に就くことになる。あるいは生殖細胞のバンクとして機能するかもしれない。
 いずれにせよ、長期間のコールドスリープは再試ができない、一か八かの博打である。そして、現在のあらゆる人間関係の“外”に出ることになる。ウラシマ効果として古くから知られる現象である。だから正確にいえば、貧乏人が最後に売ることができるものは、自らの時代なのだといえる。
 最近、まことしやかに流れている噂といえば、コールドスリープの最中に、断続的に目覚め、“時間旅行”を楽しむ人々が現れているというものである。血管に多大な負荷をかけ、脳卒中リスクをはねあげる断続覚醒は、もちろん非合法である。「イシキリ」と呼ばれている彼らは、水面を跳ねる小石のように、向こう岸に着くまでにあいだの数日間を楽しむのである。
 イシキリは、コールドスリープの解除権限を持つ者に少なからぬ賄賂を渡して可能になるが、そもそも渡せる賄賂がある時点で金には困っていないわけで、さらに賄賂を渡した相手が冬眠時にそのまま逃げてしまうかもしれず、失恋などで捨て鉢になった者の、気の利いた自殺法とでもいうべきものだろう。
by warabannshi | 2013-08-19 06:35 | 夢日記 | Comments(0)
<< 第626夜「大道具」 第624夜「待ち合わせ」 >>



夢日記、読書メモ、レジュメなどの保管場所。
by warabannshi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
twitter
カテゴリ
全体
翻訳(英→日)
論文・レジュメ
塩谷賢発言集
夢日記
メモ
その他
検索
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 11月
2004年 08月
2001年 12月
記事ランキング