第630夜「虫カフェ」
 東京に戻る高速バスが出るまで1時間半ほどあるので、この海岸の町で評判という虫カフェに行くことになる。どうやって知り合ったのかわからないが、サーファーと思しき髪まで日焼けした巨漢が、白いペンキ塗りの家々のあいだを先んじて歩き、案内してくれる。路面のわきに白茶色の砂がたまっているような坂道を歩いていると、なんとなく怠惰な気分になり、海辺にいることを実感する。人通りはない。「閑静な通りですね」。私は愛想を言って、巨漢の後から虫カフェの階段を昇る。
 虫カフェのドアをあけると、虫が外に逃げ出さないようにするための工夫か、そこは控室のようになっており、ビロードの清潔な壁紙にシックな鏡と洗面台、予約表と20面体の骰子が慎ましく置いてある小机がある。カフェ、というより、サロンの趣きである。「虫カフェというから、海の家のような麦わら帽子の少年が入るようなのを想像していましたよ」。私は言う。しかし、巨漢はいない。
 おや、と思い、奥の扉を開ける。ばらばらばらっと、中から台風の風雨のように、黒いものが吹き付けてくる。思わず顔を覆うが、耳や髪の毛にぶらさがった十数匹のそれらの羽音から察するに、無数のハエである。「さすが虫カフェ!」。私は感動する。鼻からハエを吸い込みたくないので、手で顔を覆い、慎重に息をしながら、すり足で前に進む。羽音が何千と集まって、至る方向から聞こえてくるせいで、方向がわからない。辺り一体が高周波音でざわついている。右足先から、湿気たクッキーのようなものを踏みつぶした感触が背筋を通して伝わってくる。カブトムシ? いや、高価な甲虫をそこらへん放し飼いにしておくわけはない。続いて左足の裏からも、外骨格の抵抗と、それがつぶれることによる抵抗の消失がある。ピーナッツの殻よろしく、雑多な虫は床に撒かれているのだろうか。
 不意に首筋に鋭い痛みを感じ、私は反射的に刺してきたそれを叩き潰す。固く瞑っていた目を開けると、部屋いっぱいに詰まっている羽虫や甲虫、鱗翅目の類が一瞬、大きな生き物の体内で働く血球のように見える。壁にはウエイターだかウエイトレスだか解らない洋服を着た人間が数人、標本のように磔になっている。
by warabannshi | 2013-10-16 09:55 | 夢日記 | Comments(0)
<< 第631夜「(三景)」 第629夜「電飾がいっぱいに施... >>



夢日記、読書メモ、レジュメなどの保管場所。
by warabannshi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
twitter
カテゴリ
全体
翻訳(英→日)
論文・レジュメ
塩谷賢発言集
夢日記
メモ
その他
検索
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 11月
2004年 08月
2001年 12月
記事ランキング