第648夜「いみじい世界の断片」
 砂浜に面した臨海学習施設に、小学生の一群とともにいる。曇天のこちら側にスカイツリーが見えているため、葛西臨海公園のあたりだろうと思う。もしかしたら、水族館の、一般客は入ることができない、学校関係の人たちのためのエリアなのかもしれない。そういう私も、彼ら、彼女らの引率である。コンクリート敷きの一角に集められた小学生たちは、皆、体育座りで指導員の女性の説明を熱心に聴いている。しかし、本当に熱い視線が注がれているのは、女性が手にしている特大のヒトデである。この腔腸動物が、左手の岩場にわさわさいると聴いて、その採集の時間が始まるのを待っているのである。
 かくして、採集の時間は始まる。軍手を配るものとばかり思っていたが、素手である。岩で切ったり、ウニに刺されて痛い思いをしたりすることも、学習のうちと考えているのかもしれない。私もそれには賛成だ。引率の責務を忘れて、ざぶんと海のなかに身を投げ出す。無数の泡と音の向こうの砂の上に、タコノマクラを見つける。手を伸ばして、持ち上げると扁平だが分厚いその個体はずっしりと重い。生きているようである。その重みが、奇妙なことに、私の腕から肩、首、頭に至るまでの神経を興奮させるその瞬間に、いみじい細胞の一つ一つに力として満ちていく。並行して伸縮する筋線維の一筋一筋の強ばりをたやすく感じ取れるほどに、感覚が惑星のサイズにまで膨らむ。タコノマクラに毒をもつ棘の類はないから、何かの化学物質の作用ではない。私は、その三畳紀から姿をほとんど変えていない生物種のフォルムをまじまじと見る。しかし、愛と余分な言葉はこちら側にしかなく、すでにそれは沈黙している。

 採集を終えた小学生たちは、先ほどのコンクリート敷きの一角で戦利品を広げたり、別の興味ある話題を話し合ったりしている。私は潮風に吹かれながら、先ほどの感覚を反芻している。背中の方に両手をついて、見上げると、海の向こう側にあったはずのスカイツリーが、すぐ背後に移動している。
「何しているんですか?」
 生徒の一人が声をかけてきたのかと思ったが、よく出来た二足歩行の案内ロボットである。額の、アンモナイトを模したシンボルで、それとわかる。
「いや、距離に比べると、奥行の感覚を処理するのは、人間の眼は苦手なんだなあと思って。600メートル以上あるはずのこのタワーを、横に倒したときと、こうしてそびえたっているのを地上から見上げるのとでは、全然大きさの感覚が違うんだよ。わかるかな」
「そうなんですか」
「こうやって、真下から眺めていると、重力の感覚もおかしくなってきてね。タワーの先端に向けて、歩いていけそうな気もしてくるんだ。そして、いったんそう思うと、ますますその感覚は強くなっていく。そして、逆に重力の感覚は塗りつぶされていくんだ。淑女と老女のだまし絵を、同時に淑女と老女に見られないように」
 そう言い終わったかいなかの瞬間に、私は自由落下を始める。重力加速度から空気抵抗による減速を引いた速さで、タワーの先端が遠ざかっていく。私はいったいいつ飛び降りたのか。夕焼けが視界の隅に入り、あっという間に空のすべてを橙色に染め上げ、強烈な懐かしさに包まれて、私はその感覚から切り離される。
by warabannshi | 2014-02-04 13:29 | 夢日記 | Comments(0)
<< 第649夜「夢の記録」 第647夜「一輪車」 >>



夢日記、読書メモ、レジュメなどの保管場所。
by warabannshi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
twitter
カテゴリ
全体
翻訳(英→日)
論文・レジュメ
塩谷賢発言集
夢日記
メモ
その他
検索
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 11月
2004年 08月
2001年 12月
記事ランキング