第692夜「インスタレーション」
 名前を知らない土壌博物館の一角で、インスタレーションが行われている。インスタレーションの担当が小学生のときの懐かしい旧友の名前であったので、私は薄暗い水飲み場の横の、長方形に切り取られた壁の中の暗闇に入っていく。しばらく歩くと、フィルムが上映されている。ホームビデオのようで、画質が荒い。何人かの小学生、頭の大きさと骨格のバランスからして低学年の児童が、水着の後ろ姿で映っている。市営プールと思しきプールサイドに腰かけて、こちらに背中を向けて、何か喋っている。しかし、その声は大人のそれである。
「加藤っていま何やってるの?」
「大阪にいるみたいだよ。結婚もしたって。仕事は忘れた」
「捕まったやついなかったっけ」
「一人じゃないだろ」
 同窓会で話すようなことを、その離される内容をまだ経験していない小学生たちがしゃべっていることに面白さを見出す作品、と一瞬思いそうになるが、それはまだ足りない。私は腰かける。そもそもこの小学生たちの、たぶんJリーグ・チップスのおまけやラメの入ったカードの話をしている姿を、ビデオに映して、それをとっておいた親が素晴らしい。映像はぶれず、きちんと三脚を使っていることがわかる。この作品のテーマが時間であることは間違いないが、どのように時間を愛おしむか、ということがここでのポイントだ。そして、おそらくこのアフレコされている音声もまた、このビデオのために撮られたものではないのだろう。居酒屋のような環境音が混ざっている。アフレコされている声もまた、5年または10年ほど前に録音されたものとみえる。
 この水着姿の小学生と、同窓会をやっている声の持ち主とが、同じ人物であるかどうかは、この作品は明らかにしていない。しかし、私には、水着の主と声の主が同じ人物であることがわかる。いずれも知った顔だ。そして、このビデオに私が入っていないということが、私個人にとってこの作品の意味をさらに付加させる。なぜ私はこの作品が始まったプールサイドにいることができなかったのだろう。後悔は、そのような問いとともに、嫉妬の形をとって生じるものであることをひさしぶりに思い出す。
by warabannshi | 2015-04-01 18:07 | 夢日記 | Comments(0)
<< 第693夜「自転車」 「塩谷賢、哲学を語る」@哲学塾... >>



夢日記、読書メモ、レジュメなどの保管場所。
by warabannshi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
twitter
カテゴリ
全体
翻訳(英→日)
論文・レジュメ
塩谷賢発言集
夢日記
メモ
その他
検索
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 11月
2004年 08月
2001年 12月
記事ランキング