【読.002】Dan Barber The Third Plate: Field Notes on the Future of Food (Penguin Press, 2014) 抜粋
・ドナルド・オースターによれば、第一次大戦後、アメリカ中西部の穀物経済は鉄道などその他の産業経済と切り離せなくなった。
Historian Donald Worster argues that by the time the war effort ended, the Midwest's grain economy had become inseparable from the industrial economy. “The War integrated the Plains farmers more thoroughly than ever before into the national economy – into its networks of banks, railroads mills, implement manufactures, energy companies – and, moreover, integrated them into an international market syste.”(*) The grasslands were remade. There was no turning back.

(*) Donald Worster Under Western Skies: Nature and History in the American West (Oxford, UK Oxford University Press, 1992), 99


・ティモシー・イーガンによる、ダストボウルを受けた1935年のSoil Conservation Act成立までの経緯。
One of the largest of the storms hit in the spring of 1935 – Brack Sunday. It didn’t die in the prairie but moved east, gathering strength as it went.
The following Friday, a scientist named Hugh Bennett stood on the floor of the U.S. Senate, arguing for the creation of a permanent Soil Conservation Service. Even through photos of Black Sunday had appeared in newspapers around the country the same morning, most senators believed they had already done enough for the people of the prairie. Just as Bennett was wrapping up his plea, an aide appeared at the podium and whispered in his ear. “Keep it up”, he said. “It’s coming.” Bennett kept talking. A few minutes later, he stopped talking. The chamber turned dark. A giant copper dust cloud blew through Washington for an hour.
“This, gentleman, is what I’m talking about.” Bennett said, pointing to the windows. “There goes Oklahoma.” Eight days later, Congress signed the Soil Conservation Act into law. Some call the incident the beginning of the environmental movement in America(*).

(*)Timothy Egan The Worst Hard Time: The Untold Story of Those Who Survived the Great American Dust Bowl (New York: Houghton Mifflin Harcout, 2006) 227-8


・アレクシス・ド・トクヴィルは『アメリカの民主主義』のなかで、農民が自然保護論者というよりも資本家のような態度で農業に臨んでいると指摘している。
As Alexis de Tocqueville noted in his famous study of the country, farmers approached farming with the attitude of capitalist rather than conservationists. “Almost all the farmers of the United States combine some trade with agriculture; most of them make agriculture itself a trade,” he wrote in Democracy in America. “It seldom happens that an American farmer settles for good upon the land which he occupies.”

・フランク・エグラー「自然は私たちが考えるほど複雑ではないが、私たちの考えがおよばないほど複雑なところもある」
A little ignorance keeps ud fom wrongly thinking it's humbling to not know the "how", and in the end it's probably a lot healthier. In the words of ecologist Frank Egler "Nature is not more complex than we think, but more complex than we think."(*)

(*)Frank Egler, 1977, The Nature of Vegetation, Its Management and Mismanagement, Norfolk, CT: Aton Forest Publishers, 2

・デヴィッド・ウォルフ「私たちは皆、地下視覚障害なのだ」
As ecologist David Wolfe says, human beings are "subterranean-impaired."(*) We're unable to see what's underneath us. It look a visit to the control room (and, as I stood in the ditch, a nematode's view of the underworld) to change how I looked at a landscape: what we see aboveground -- the plants, trees, wildflowers, shrubs, and grasses -- is mirrored by root systems belowground.

(*)David Wolfe Tales From The Underground: A Natural History Of Subterranean Life (New York: Basic Books, 2002) 6
by warabannshi | 2015-11-12 19:34 | メモ | Comments(0)
<< 【読.003】和田朋子(201... 第701夜「体験入隊」 >>



夢日記、読書メモ、レジュメなどの保管場所。
by warabannshi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
twitter
カテゴリ
全体
翻訳(英→日)
論文・レジュメ
塩谷賢発言集
夢日記
メモ
その他
検索
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 11月
2004年 08月
2001年 12月
記事ランキング