【読.003】和田朋子(2013)『増補改訂版 はじめての英語論文』すばる舎 カスタマイズ③
【本論:仮説の提示】

「解けそうなのに(そして解かれることが別分野からも待たれているのに)まだ白黒ついていない課題」が見つかり、それを示し終えたら、次は「この課題について、自分はこのように推論している」という仮説の提示。

基本表現.31 仮説の提示:これまでの議論のハイライト
It should be noted that…
 …について、強調されるべきである
What is to be noted …
 注目されるべきは…である
It is important that …
 重要なのは…である
Most of all, …
 第一に、…
これまでの議論のハイライトを通して現状の問題点を確認することは、先行研究の引用・紹介においてもやっておいた方が良い。基本表現.03 現状の問題点を指摘するを掘り下げたもの。
例)It should be noted that the rapid population increase in Sub-Saharan Africa has outpaced its food productivity, through a majority of its working population is engaged in agriculture, especially crop production.

基本表現.32 仮説の提示:生じうる状況の可能性とその度合
It is possible that …
 …であるという可能性がある
It can be said …
 …と言うことができる
(*) could < might < may < can < should < will < must の順に可能性が高くなる。

基本表現.04 研究の手薄さを指摘すると関連するトピック。「こういうことが生じる可能性があるが、まだ対処がされていない」。
例)
It is possible that the rise in the value of Euro would lead European economy to an inflation that could stagnate its sustainable growth.

基本表現.33 仮説の提示:自分の推測や解釈を示す
It can be presume that …
 …と推測できる
It seems right to presume that …
 …と推測するのは正しいだろう
~lead us to presume that …
 ~によって…と推測できる
One interpretation of ~ is …
 ~の1つの解釈として…と言える
これをどのタイミングで持ってくるかで悩む。早すぎれば結果ありきの立論という印象になるし、遅すぎれば論点がぼやける。とはいえ、Abduction(仮説形成)をしない論文であろうか!
例)Reviewing some of studies on people's perception of the term nationalism, it can be presume that there is a close relationship between …
by warabannshi | 2015-11-13 04:31 | メモ | Comments(0)
<< 【読.003】和田朋子(201... 【読.003】和田朋子(201... >>



夢日記、読書メモ、レジュメなどの保管場所。
by warabannshi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
twitter
カテゴリ
全体
翻訳(英→日)
論文・レジュメ
塩谷賢発言集
夢日記
メモ
その他
検索
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 11月
2004年 08月
2001年 12月
記事ランキング