【読.003】和田朋子(2013)『増補改訂版 はじめての英語論文』すばる舎 カスタマイズ④
【本論:仮説の論証】

 提示された仮説が「適当なでっちあげでないことの証拠」と「その証拠の確からしさの提示」を段落を重ねて示していく。よく論旨の「結論」に当る部分が「主張(claim)」と言われるけれど、無駄にポレミックな感じがして馴染めない。持ち運び可能で、特定の条件の範囲内でならいつでもどこでも誰でもこの見解は使えるよ、もしかしたら思いもしない別の厄介事に対処できるかもね、ということを示したいだけなのだが、個人的には。

基本表現.13 仮説の論証:用語を定義し、文脈を明らかにする
~ can be defined as …
 ~は…と定義される:グループによって定義が異なることを示すときは、受動態ではなく能動態、A define ~ as …にする。
~ be regarded as …
 辞書的な定義ではなく、一般的にそう考えられている、しばしばそう呼ばれる、といったニュアンス。
~ be referred to as …
 すでに定義したい状況や仕組みなどの内容が論文のなかで議論されていて、その総称を示すときに用いる。
文脈を明らかにして、この論文がどの分類項目に属しているかをあらためて明示する。基本表現.07 先行研究の紹介:分類をすると関連。

基本表現.14 仮説の論証:順序立てて説明する
The first to be notice is that …
 まず最初に注目されるべきは…
The second point to be considered is …
 2点目に考慮されるべきは…

基本表現.15 仮説の論証:比較・対照する
In comparison with ~, … is [比較級]
 ~と比べると、…は[比較級]だ
何と何を比較しているかは段落の冒頭で示す。段落は、比較するポイントごとに分ける。あるいは、段落ごとに、片方、もう片方と説明を分ける。

基本表現.16 仮説の論証:一致している/似ている
same, identical, matching, parallel, equivalent, agree with
 一致している
similar, comparable, almost identical
 似ている

基本表現.17 仮説の論証:例を挙げる
~ is a typical example …
 ~は…の典型例である

結論を述べて、例を挙げるのは一般的なやり方。excellent example(適例)、extreme example(極端な例)、rare example(ちょっと変わった例)などの表現も。

基本表現.18 仮説の論証:データや根拠を引用する
According to ~, …
As ~ points out, …
 ~によれば、…である

王道表現。To continue along the line of approach suggested by ~, …は、基本表現.10,11 先行研究の紹介:見解が一致している/していないと相関。

基本表現.19 仮説の論証:実験方法や検証の手順を説明する
In …, samples of ~ were gathered.
 …の実験では、~の参加者が集められた。
実験をしたりアンケートをとったりするタイプの研究で論文を書いたことがないので一度も使ったことがない。

基本表現.20 仮説の論証:表やグラフを説明する
This is a table shows …
 この表は…を示している
As ~ indicates, …
 [表の]~が示すように、…である

基本表現.22 仮説の論証:因果関係、ある事柄がもたらした結果を強調する
~ have resulted in…
 ~は…という結果になった
~ turned out to …
 ~は…という[予期されない]結果となった
Consequently, でも可。半ば物語仕立てで発表なり授業なりを構成するので、因果関係の太さ・細さのニュアンスを論文でどう表現するかは、個人的に非常に重要。

基本表現.23 仮説の論証:因果関係、ある事柄がもたらした原因を強調する
The (central) cause of ~ is …
 ~の(主な)原因は…にある
~ is held responsible for …
 ~は…の一因になっていると考えられる
Due to,でも可。

基本表現.24 仮説の論証:理由・根拠を述べるbecause以外の方法
~ in that …
The reason ~ is because …
 ~である理由は…である
becauseは理由・根拠に注意を向けたいとき、in thatは事実と理由の関連性に注意を向けたいときに用いる。
by warabannshi | 2015-11-13 04:46 | メモ | Comments(0)
<< 【読.003】和田朋子(201... 【読.003】和田朋子(201... >>



夢日記、読書メモ、レジュメなどの保管場所。
by warabannshi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
twitter
カテゴリ
全体
翻訳(英→日)
論文・レジュメ
塩谷賢発言集
夢日記
メモ
その他
検索
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 11月
2004年 08月
2001年 12月
記事ランキング