論文作成のために、その2:メモをとる
 メモのカテゴリーは機略、以下の通り。
① What?: 論文中で用いる語句の定義+現状
② Who?: 参照する人、著作、団体
③ Why?: 「なぜそれが問題なのか?」、避けなくてはならない事態
④ When?: 問題の歴史的経緯
⑤ Where?: 問題の地理的状況
⑥ How?: 問題への対策の提起


▼Soil:
Soil is one of the world's most important natural resources, play a central role in food security. Maintaining healthy soils are required for feeding the growing population and meeting their needs for biomass, fiber, fodder, and other products.
Soil provides ecosystem services including climate change adaptation and mitigation. Recycling of air, water, nutrients, and a number of natural cycle. "Despite these numerous emergent activities, soil resources are still seen as a second-tier priority". Global Soil Partnership says, "No international governance body exists that advocates for and coordinates initiatives to ensure that knowledge and recognition of soils are appropriately represented in global change dialogues and decision making processes."(*)

(*)Why a Global Soil Partnership?
http://www.fao.org/globalsoilpartnership/why-the-partnership/en/

▼Soil Conservation / Soil Protection:
The concept of Soil Conservation spread out in the United States of the 1930s: Dust Bowl age. A parched region of the Prairie, OK, AR, and TX, where a combination of drought and soil erosion created enormous dust storms in the 1930s. Some regions lost more than 75 percent of their top soil. The decade came to be known as the Dirty Thirties, and one of the worst disasters. Timothy Egan describes one of the dust storms:
A cloud ten thousand feet high from ground to top appeared…The sky lost its customary white, and it turned brownish then gray … Nobady knew what to call it. It was not a rain cloud … It was not a twister. It was thick like coarse animal hair; it was alive. People close to it described a feeling of being in a blizzard - a black blizzard.

On April 27, 1935 , Congress passed Public Law 74-461 -- the Soil Conservation Act. It recognized that "the wastage of soil and moisture resources on farm, grazing, and forest lands, is a menace to the national welfare." At the same time Soil Conservation Service (SCS) were established as a permanent agency in the USDA. In 1994, SCS's name was changed to the NRCS.
In a word, the United States takes the position of Conservation for the Soil. We can remember Gifford Pinchot - the father of conservation. "Conservation" of natural resources in the broad sense of wise use became a widely known concept and an accepted national goal since Pinchot. On the other hand , EU countries has made the policies in the concept of Soil Protection or Soil Preservation, instead of Soil Conservation. For example, in Grobal Soil Week (Germany led), the ESP is positioned to be a platform for promote crossborder soil protection in Europe.(*) As we know, The two views (conservation and preservation) have been at the center of many historical environmental debates, since the Hetch Hetchy water project(**).
Of course, soil preservationist don't against agriculture. However, it is conceivable that each region has different understanding of soil and human relations. Soil protection may focuses on the prevention of pollution damage: through legislation, financial controls, and permit procedures. Voluntary measures and increasing environmental (systematical) awareness are important for each concept.

(*)http://globalsoilweek.org/wp-content/uploads/2014/12/soilatlas2015_web_141221.pdf
(**)http://study.com/academy/lesson/conservationists-vs-preservationists-definition-differences.html

…とかなんとかいろいろメモしていく。
by warabannshi | 2015-11-14 02:28 | メモ | Comments(0)
<< 論文作成のために、その3:メモ... 論文作成のために、その1:参考... >>



夢日記、読書メモ、レジュメなどの保管場所。
by warabannshi
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
twitter
カテゴリ
全体
翻訳(英→日)
論文・レジュメ
塩谷賢発言集
夢日記
メモ
その他
検索
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 11月
2004年 08月
2001年 12月
記事ランキング