2013年度「生物学史分科会・生命基礎論研究会 夏の学校」@総合研究大学院大学での塩谷さんとの会話メモ
・生物学のひとつの枠として「手法的には化学(or物理学or数学)でも、これは〈生命〉を扱っているから生物学」というのがある。しかし、〈生命〉という対象はそれほど確固としたものなのか。もともと西欧文脈では動物・植物・鉱物は別のものだった。動物と植物の共通性を析出したのは細胞説だが、シュライデンとシュワンは、ドルトンの原子論の生物学versionを作ることを企図して細胞説―細胞の働きとして生命現象は記述することができる―を提唱した。生物学が共通に対象としているという、〈生命〉という枠組み(「そして生命は1つ!」)は、じつは“出来レース”ではないか?
・「野に咲く薔薇もウニもショウジョウバエも〈生命〉である」という枠組みの正当性が担保できてしまうのは、「かくいう私自身が生きている、〈生命〉の当事者だからだ」「そして君も生きているんだろう?」という前提が、強力に効いているから。「いえ、ゾンビです」とは言えないことになっている。
・しかし、目の前の相手が自分と同じ仕方で生きていることを担保しているものは、じつは何もなく、そもそも自分がどういう仕方で生きているのかすら“わかっていること”にしているだけであったりする。
・「目の前の相手が私と同じ仕方で生きていることは自明ではない。そもそも私がどういう仕方で生きているのかわからない」という状況はハードなので普通は考えないようにされている。それはそれでいい。しかし、〈生命〉(あるいは進化、あるいは遺伝子)という大きな枠のなかで、生きている仕方の位相(phase)、様態(mode)の差分が塗りつぶされてしまうのはまずい。

太「塩谷さんは、例えば他の人との生きている仕方の様態の差というのを、明瞭に感じます?」
塩「それしかない」
太「生きている仕方の位相、様態の差、というのはわかるようでわからないのですが」
塩「regulationの差だよ」
太「規則の差ですか?」
塩「制御の差。制御工学的(Regulation of Engineering)な意味での。世界から対象を括りだすやり方の差」

・闘争の本質は、制御であり、調整。一報が圧倒的な力でもう一方をつぶしてしまうのは、闘争ではなく、捕食や蹂躙。そうではなく、互いに牽制し調整することこそが闘争というコミュニケーション。牽制し合っている一つ一つの要素は、明示化されない。明示の仕方をめぐって、また別の牽制が始まるから。牽制と、制御工学とは近い。つまり、処理の遅れやスパンのずれを込みでシミュレーションを行うという点において(cf.木村英紀(2002)『制御工学の考え方―産業革命は「制御」からはじまった』)。理論とはシミュレーションであるが、遅れやずれを勘定に入れるものは少ない。
・遅れやずれを無視せず、相手もしくは対象へのフィードフォワード(「あいつはこう動くに違いない」という予想や期待)として集約する。そして、相手、対象からのフィードフォワードをフィードバックする(「『あいつはこう動くに違いない』と考えているに違いない」)のが、牽制であり制御。この牽制、制御を、1人でやるとダブルバインドになる。牽制、制御が進むためには、もう1人がいなければならない。――闘争という、コミュニケーションのモデルとはそういうこと。





・生物学にはデータサイエンスとしての側面が常にある。ビッグデータが具体的に扱えるようになるよりずっと以前、19世紀から、生物学は数多くのアマチュアが趣味で採取してくれたデータに立脚してきた。例えば、150年以上、その年に初めてカエルの鳴き声を聞いた日を記録し続けている家系がある。
・ちなみにカエルの鳴き声を記録しているのはイギリスの一家(大英帝国の博物学伝統!)。一方、日本では1930年代からアマチュアの自然観察が、都市の文化として普及を始める。「日本野鳥の会」の設立は1934年。会員の約60%が東京府民だった。博物学の担い手は常に“ええとこの人”。
・悪い言い方をすれば、博物趣味でいろいろデータを集めてくれるアマチュアは、プロの生物学者にとって“インフラ”。でも、例えば牧野富太郎、中西悟堂、野尻抱影といく野外観察ツアーみたいなものも組まれていたらしいから、プロアマ双方にとって良い関係だった模様。
・ところで、「データから導き出される結論ではなく、データ採取そのものに魅せられる」ということは、少なからずある。その傾向は生物学者に顕著とはいわないまでも、生物学が博物学をルーツに持つことを感じ入らせる熱情をもって、とにかくデータを集める人がいる。宮沢賢治も、その1人。
・宮沢賢治の心象スケッチ集『春と修羅』(1924)に収録されている作品には、すべて制作年月日が付記されている。賢治はそれらを、データと見なしていたから。何のデータかといえば、「私がこれから、何とか完成したいと思って居ります、或る心理学的な仕事」(書簡200 森佐一宛)のため。
・『春と修羅』が、「歴史や宗教の位置を全く変換」(前掲書簡)する仕事の土台となることを確信していた賢治は、彼が肥料の配合を担当した稲が大嵐ですべてなぎ倒されるという出来事が起こるまで、データとしての日付入り心象スケッチを書き留め続ける(日付のない「野の師父」はその過渡期的作品)。
・自分も含めて、人がなぜデータを採り続けることに熱中するかといえば、そのデータを結び合わせることで、いまは想像もつかない世界の姿が垣間見えるのではないか、という根拠のない期待があるからで、その期待の裏には〈データの統合・処理を行うことができる中枢としての私〉が強く措定されている。
・でも、賢治が大嵐の夜を境に心象スケッチに日付を付さなくなったことが示すように、〈私〉は〈データの統合・処理を行える〉ほど強い存在ではない。むしろ〈データの統合・処理を行う〉のは処理対象であったはずの私の外部。世界を心がスケッチするのではなく、心を世界の側がスケッチすること。
・賢治は、37歳で亡くなる前に「これからは植物のようなエロのことを書きたい」と語っていた、という証言がある。彼はエリスの『性の心理』を熟読していたから(cf.http://www.konan-wu.ac.jp/~nobutoki/papes/kenjiellis.html…)、エロはわかるとして、植物のようにとは何か。仮説:処理に中枢をおかないこと。
・動物は個体ごとに情報(データ)処理のための神経中枢を持つが、植物体に神経系はない。植物体とは処理機能の塊のようなもので、処理という側面から見れば、個体間の区別は動物よりずっと緩い。周囲の環境が不適と処理されれば、フィトンチッドや蒸散作用など、森単位で周囲の環境を変えてしまう。
・しかし植物ではない賢治は、どのようなデータ処理の形を模索していたのか。…ここからは事例が自分の夢の記録へと移るけれど、自分も夢をデータとして採っている、という感覚がある。しかし、夢をどのように数えるか、というデータとしての根本的なところが曖昧。いまは覚醒を単位としているけれど。
・データは、それが何のためのデータなのか、という使用目的と不可分で、だから使用目的をがちっと固めればデータをきれいに整理することも可能なのだろうけれど、そこには先述の〈データの統合・処理を行える中枢としての私〉が前提となっている。だから、目的を決めてそこに揃えていくのではなく、
・「〈データの統合・処理を行う方法〉へのアクセシビリティを保つために、データを採る」という、見方によっては倒錯的なことをしている。当然、正しい1つの〈データの統合・処理を行う方法〉があるわけではなく、〈方法〉は不変不動のものでもない。探査針でとったデータを探査針として打つ。
・それは、それが何のためのデータなのかよくわからないままとにかくデータを採ることに魅惑されるアマチュア博物学者(あるいは天文学者)の手つきに近い。分散した処理系のパスを開くためにデータを採り続ける。データ採取に終わりはない。一度使えたパスが次に使える保証はどこにもないから。
by warabannshi | 2016-01-19 08:53 | メモ | Comments(0)
<< 第707夜「RPGツクール」 「塩谷賢の哲学道場」@哲学塾カ... >>



夢日記、読書メモ、レジュメなどの保管場所。
by warabannshi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
twitter
カテゴリ
全体
翻訳(英→日)
論文・レジュメ
塩谷賢発言集
夢日記
メモ
その他
検索
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 11月
2004年 08月
2001年 12月
記事ランキング