第6夜 「母の眼球/父との将棋」
 とにかく、何かのレース中なのはわかっている。
 そうでなければ、こんな山の中の黴臭い小屋、というか休憩所にいるわけがない。
 十二日十三泊という長丁場で、数十人の若者たちがゴールを目指して競争している。
 どこにゴールがあるのかは、知らない。
 たぶん、誰も、知らない。
 けれど、親切なことにアスファルトで舗装された道が小屋の前からは続いている。
 山道とは思えないほどキレイに舗装されている。ヒビも入っていないし、黒光りしている。
 この舗装された道を進めば、ゴールまでたどり着ける。
 ……そう思わせるのが、主催者のネライだ。
 今日の昼すぎだって、二股に分かれた山道で、地図をロクに調べないで、左の舗装されている道を進んでいった第一集団が、まとめて道に迷った。というか、まったく逆の方向に進んでいった。
 途中で地図と照らし合わせた誰かが道の間違いに気がつき、全員で慌てていま来たコースを引き返したけれど、二位だった女の子は最下位グループにまで転落してしまった。挽回は、もうムリだろう。
 うちはその一部始終を、静止画像も入ったVTRで見ていた。
 VTR?
 この黴臭い小屋に、テレビなんて上等なものがあっただろうか?
 いや、ある。ちゃんと、赤い小型テレビがある。
 ムダにかわいいデザイン。
 というのも、ここは廃業したプチホテルだったらしいのだ。
 部屋の隅に付いている小さな洗面台からは湯も出るし、歯ブラシまでコップに入っている。
 ついでなので、歯を磨く。
 歯肉が腫れていることに気がつく。

 一晩眠ると、だいぶ体も軽くなった。
「ちょっといい?」
 母親が部屋に入ってくる。
 まさか、母親までレースに参加していたとは知らなかった。
 いや、べつにレースに参加していなくても、ホテルに泊まる客はいるだろう。
「眼にゴミが入ったみたいで…」
 母親の左眼球を明かりを点けて覗き込んでみると、たしかに、
 眼球の下、白目のところにまつ毛が刺さっている。
 まつ毛が眼球から生えているのではない。
 毛の先端が、眼球に刺さっているのだ。毛根は関係ない。
 棘抜きを持っていればベストなのだけれど、そんな繊細なものはキットの中にない。
 仕方ないので、指先で引き抜こうとする。
 一回目は失敗。
 二回目で、硬い針のようなまつ毛をつまみ出す。
 途端に、ボロボロと透明な液が眼球の傷口から溢れだす。
 でも、うちは慌てない。
 べつに眼球が萎んでしまっても、液が出ただけならやがて回復するはずだ。


 その日も陽のあるうちは、山を駆け回って、岩肌をよじ登ったり、崖を滑り降りたりした。
 腕も足の筋肉も強ばっている。体が重い。
 また、打ち捨てられたプチホテルを見つけて、休むためにそこに這いずりこむ。
 壁にもたれかけて呼吸を整えていると、正面の三つ並んだドアの、左と真ん中のドアから、何かが床をするするすと這ってこっちに迫ってくる。
 左のドアからは延長コード、真ん中のドアからは掃除機のプラグが伸びてくる。
 どちらも、それぞれの部屋の中に隠れている超能力者が操っているのだ。
 二人とも、中学生の双子の女の子だということはわかっている。
 このコードに巻き付かれて縛られたらオシマイだ。
 平気で感電死とかさせられそうな予感がする。
 平成生まれは何をするかわからない。
 とっさに、掃除機のプラグを、延長コードのコンセントに差し込む。
 バチッ! と、ショートした音が聞こえたと思ったら、
「あーあ……」
 と、失望したような溜息が、それぞれの部屋から洩れてきた。

 どういう経緯があったのかさっぱりわからないけれど、双子の女の子を含めた六人編成のパーティと意気投合して、プチホテルの同じ部屋に泊まることになった。
 同じ部屋、と言っても、左の部屋は物置だし、右のドアは釘で打ち付けられていて開かないので、真ん中の部屋しか使えず、みんなそこに集まっているだけだ。
 三段ベッドが二つあって、ソファと合わせれば、ちょうど七人まで寝ることができる。
「そういえば、お前、将棋かチェス、打てる?」
 話をふっきてたのは、端正な顎ヒゲを生やしたアニキ風の男だった。
 このアニキは、じつは推理小説家で、パーティのメンバーは全員そのことを知っていた。
「YOU KNOW?」
 と、わざわざ英語で訊いてきたのでカチンときて、
「I’m novelist too」
 と答えた。まあ、いまはnovelistと認知されてはいないけれど。
 将棋なら打てるよ、と答えると、どこからともなく将棋盤とコマを持ってきた。
 どうやらプチホテルに備え付けてあったらしい。ムダにサービスが良いホテルだ。
 将棋のコマを盤面に並べていると、どうもおかしい。
 見たこともない名前のコマが混じっている。
 例えば、【亜怜(あれい)】、【前(まえ)】なんてのがある。
 どうやって動かせばいいのかすらわからないし、裏には奇妙な漢字が書かれている。
 読み方すらわからない。
 アニキも困惑したようで、
「とりあえず、使えるコマだけ使おうぜ」
ということになった。
 結果的に、アニキの【歩】が半分くらいしかなくて、
「じゃあ、俺の【歩】は横移動もできるようにしてくればいいよ」
と言ったので、それで了解してさっそく対局を始めた。
 数手指したところで、うちの四間飛車がキマる。
 これはうちが勝ったな、と内心で思っていると、
「あれ、それ二歩だろ」
 アニキの指摘をよく見てみると、たしかに盤面には二つ縦に並んでイチゴが乗っている。
 このイチゴは、【歩】の役目を果たしていたイチゴだ。
「ちょっと待てよ、まじに興ざめだよ」
 ブーイングするアニキの顔は、いつのまにか父親の顔だ。
by warabannshi | 2006-02-24 05:04 | 夢日記 | Comments(0)
<< 第7夜 「月」 探索記録16 「熱狂の七日間/... >>



夢日記、読書メモ、レジュメなどの保管場所。
by warabannshi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
twitter
カテゴリ
全体
翻訳(英→日)
論文・レジュメ
塩谷賢発言集
夢日記
メモ
その他
検索
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 11月
2004年 08月
2001年 12月
記事ランキング