探索記録22 「健やかなる発情のために siege-アルファ版」
siege [名][U][C]
1 (城塞(じょうさい)などの)包囲攻撃;包囲[攻囲]期間
2 (つきまとう)病気, 災厄, 悩み;((米))(災厄・悩みの)長く苦しい期間
3 [U](執ような)努力.
 lay siege to ...
 (1)…を包囲する.
 (2)…を執拗に説得する, くどく, せがむ.

(三日間つづいた雨と風が過ぎ去ったあとの巨大な半球状の鏡面のように広がる青い空の硬質の下で白くあふれている太陽の光を反射させ、乾いた焦茶色の地表の上に整然と並んでしんと静まりかえっている冷たい灰汁色の液体がそのまま氷点に至って凝固したかのような墓石の一つの前でしばし立ち尽くして後、ふと両の掌を胸の前で合わせたとき、右手と左手、馬手と弓手の狭間で瞬時に波立つ触れると触れられているの二重の同心円状のさざ波の交錯に性的とも言える奇妙な昂奮を憶えるのは果たして倒錯なのか自慰なのか、あるいは完全な幸福なのか、いずれの名が無窮に奉仕するその行為の上に附されるにせよ、なにも刻まれていない御影石のモノリスを濡らしているのは唾液でも誘い水でもなく足下の地面の暗闇からイドを経て汲み上げられた井戸水の冷ややかさであり、それゆえに合掌する人間は錆と微熱を帯びた銅貨によく似たホルモンの匂いを限りなく粘性がゼロに近い空気の渦から嗅ぎとることも出来ず、手桶にもたれている底の抜けかけた杓子から水滴が一吹きの風をきっかけに裸足に滴り落ちるまで、無音のまま斜めに射しこんでくる陽光の眩しさを進化の末に獲得した不定形な緑の葉の連続と密集で形づくられるミヤマザクラの樹の影で祈りの諸段階の導入に頑是なくも留まりつづけることとなる。それは樹々ほどに繁茂することのできぬ自らの形象の貧しさゆえか、肉体の翳りの深奥へと近付くことへの躊躇ゆえか。)

アルファ版 (alpha version)
ソフトウェアやハードウエアの開発初期版のこと。特に、製品版(無償ソフトウェアの場合は正式配布版)のごく開発初期のものをテスト目的で配布し、性能や機能、使い勝手に対する要望を受け入れるための版と言える。アルファ版でソフトウエアの使用感などをヒアリングし、その結果を元に仕様を固めたベータ版を配布、更なるバグフィックスを行なうといった手順が一般的である。アルファ版は一般的に動作確認を行なう環境が不十分であるなどの理由から未知のバグが存在していることが多く、しかもシステムに影響を与える致命的なエラーが発生する場合もあるため取り扱いには注意が必要である。

(祈りつづけるあなたが此処に立つときにあなたの無防備な背中を見ることが許されていることを、眼球という直径約24mmの球状構造物に感謝する。愛情と感情移入ではなく、観察と組成検証の方があなたの肉体を構成する、恐らく一千を決して下らない器官のときには誤信を起こす緻密な複合に対してそれに相応しい畏敬を払うことになるのだろう。目をつむったまま微笑みをつくるあなたの頬に触れるのがひたすらに好きだ。それは指先を伸ばし、天敵や同胞を威嚇するために発達したという表情筋の温かい輪郭を指の腹や側面で柔らかく、くりかえしなぞるたびに、ホモ・サピエンス・リンネの存在を人間ではなく肉体のままで肯定する調子が内臓の底から上昇しながら湧きだすからで、それは意識から遠い右手に面状に広がった指と掌の皮膚感覚が神話よりも古い時代にはヒトにも許されていたという本能行動ほど鈍磨していないことの証明としても機能する。人間は肌に覆われているのではなく、肌によってヒトの形あるいは心の形を保っていることを忘れがちだ。)

【性的不能(Impotenz)】

(明かり取り用の小さな窓から満月の光の射しこむ仄暗い闇の底であなたの躰の観察を一時停止してモノと化し、鬱血した性器と沸き立った周辺へのファナティックな刺激をはじめることは容易い、ふと我に返って一本調子な姿の滑稽さに吹きだしてしまわないならば、白昼の太陽の下でも行為をせがむことができるだろうほどその享楽は享楽の意味そのものを忘却させ、傷と傷を結び合わせるための志向性を発揮する。)

人間の、

(眠れないときに眠ったふりをしながらあなたは隣に寝ている人間の右手で遊ぶ。機械を操作するように右手を頭をこすりつけたり口に含んだりするときにすでに洗い流された知覚の無惨な残骸が自由神経終末から微かに押し寄せつづける活動電位のさざ波に触覚と圧覚と温覚を通じて相手が反応することを感謝し、讃美する。しかし、いずれにせよ人間は、肉体の水深の高みにおいて惚けつづけるには脆弱すぎる。欠如を押しつけ合う物語は駆動を始めそして動物が終わり、人間が始まる。)

健やかなる発情のために。
by warabannshi | 2006-10-07 21:46 | メモ | Comments(0)
<< 領域(ZONE) D 荒川修作... ●【人間】よりもリアルな姿にお... >>



夢日記、読書メモ、レジュメなどの保管場所。
by warabannshi
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
twitter
カテゴリ
全体
翻訳(英→日)
論文・レジュメ
塩谷賢発言集
夢日記
メモ
その他
検索
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 11月
2004年 08月
2001年 12月
記事ランキング