第42夜 「鬼頭莫宏の最新作」
 コンドーム販売機のなかにはいって空中浮遊する女の子を描いた、鬼頭莫宏の最新作。
 機械は、底面の半径が一メートルくらいの円錐状の透明なカプセルの、とがった部分を切り落としたもので、自動販売機にすら見えない。底面の円周と、天井部分だけが灰色のプラスチックのような物質でコーティングされている。ベルギーとかフィンランドとか北欧の、奇抜なデザインの洗濯機になら見えるかもしれない。でも、それはコンドーム販売機という設定。(買いたい人は透明な壁ごしに商品を見るのだろう)
 女の子は人形で、でも完全に自動で内発的、かつ感情的に動く。(じつに鬼頭莫宏らしい設定。『ヴァンデミールの翼』みたい。というか、そのままだ)
 髪の毛、というか、髪型を模した蛍光成分の入ったべたべたしたものが塩素色(青白に、すこし緑をまぜた色)で、あとの素材はみんな乳白色、あるいは象牙色。十二、三歳のやせ形。操縦するときは裸体になる。(サービスカットを作るために)
 コンドーム販売機のなかに入った女の子の意志、というか接続されたプログラムで機械は浮き上がるが、場所を移動したりするためのコントロールには楽譜(のプログラム)が必要。サティっぽい題名(「干からびた胎児のたの前奏曲」みたいな)のピアノ曲の楽譜で、サンルームの窓から屋敷の外に出て行けるらしいけれど、CDにはその直前の楽譜しか登録されていない。
 直前の曲をプログラミングすることで出ていこうとするが、どうしても陽光の上昇気流でコンドーム販売機は縦回転してしまう。(四〇〇リットルくらいの容量の機械はものすごく軽くて、数グラムしかない。女の子は浮遊する機械のなかでさらに浮遊しているので(立っていたか、座禅(体育坐り?)を組んでいたか忘れてしまった)縦回転しても、大丈夫)

 ガラクタがほっぽり出してある中庭に、数体のロボットと、コンドーム販売機と女の子人形がいて、ロマンシング・サガ3(?)のロボット編のような呈をなしている。地面の芝生は痛みきり、すでに泥地と化している部分もある。
 屋敷は無人なのだろうか?
 女の子人形が浮遊する(そして屋敷から抜け出そうと試みている)のは評判で、ロボットなのに汗くさい、格闘ゲームのキャラクターを模した一体にからかわれている。それが、屋敷から抜け出そうとする試みのせいなのか、乗っているもののせいなのか、両方なのか、どっちでもないのかは忘れた。
by warabannshi | 2008-01-06 08:40 | 夢日記 | Comments(0)
<< 第43夜 「(おそらくは)文化祭」 第41夜 「木工用ボンド/ドラ... >>



夢日記、読書メモ、レジュメなどの保管場所。
by warabannshi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
twitter
カテゴリ
全体
翻訳(英→日)
論文・レジュメ
塩谷賢発言集
夢日記
メモ
その他
検索
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 11月
2004年 08月
2001年 12月
記事ランキング