第68夜 「貯蔵迷路」.「共通試験」
(*1)
 三人のプエルトリコ人の悪友に連れられて、一本道の半地下の貯蔵庫へ行く。
 三人はどうあってもうちを罠にはめようとしているのだが、はめられる理由がわからない。
 というか、悪友たちは三人とも顔見知りでないのだが、それでも悪友なのだ。
 貯蔵庫は妙に洋風で、通路はウィザードリィっぽい。中に入る。
「入れよ」
「ちゃんと奥までいけよ」
 悪友たちは貯蔵庫の出入り口で、口々にそう言う。
 貯蔵庫の通路は手探りで歩かなければならないほど暗くはなく、何か起こっても逃げ帰ればいい、と思い、すたすた歩く。(貯蔵庫の明かりは蝋燭によるものだったか、電灯によるものだったか、菌類の発光によるものか、そのどれでもないかはわからない。)
 途中で幾つか、椅子が一つ以上ある小部屋がある。
 そこには、一部屋に一つずつ、前に見た夢が蓄えられている。

<*1 石造りの小部屋。なんとなく東方見聞録の二人用個室っぽい>
 銃も売っている革中心の雑貨屋の、ゲイの店長を殴殺したので、高校時代のサッカー友達から追われている。
 店長にレイプされそうになったという事情を話せば、彼らも殴殺を納得してくれるだろう。
 でも、トイレの個室に入って、網戸を外して逃げようとしているのは、念のため。

<*2 船室のような小部屋。ワンピース?>
 高さが三メートルくらいある重厚な木製の扉を開けると彼女が泣いている。
 ものすごく気取った仕草で彼女をなぐさめていると、不意に、自分がねじ巻き式の人形だったことに気がつく。
 相変わらず、すごく気取った仕草で夕食の席(西欧風の、やたらと縦長のテーブル)へと招くと、四十過ぎの博士と、博士よりやや年下の伊達男がいる。
 彼女を席につかせたあとで、自分も席につく。人形であるにもかかわらず、食べる気満々。

 もっと幾つも小部屋があり、そこには一つずつ夢が蓄えられていた。
 部屋の傍を通過するだけで、部屋からあふれ出た巨大なしゃぼん玉のなかを貫通するように、どういう夢がその部屋に蓄えられているのかがわかる。

 そして、老人がいる部屋があったので、ちょうどいいと思って休憩することにする。
「レコードがあるんだが、歌を歌ってくれないかね?」
 テーブルクロスがひかれたテーブルについている老人が言う。
「もちろん、キミが歌を歌えるまで、キミはこの部屋からは出て行くことができないんだが」
 老人の背後にあるレコードを見ると、フランス語版の『白鳥の湖』のオペラだ。
 『白鳥の湖』のオペラ?
 けれど、聴いてみると、たしかに聞き覚えがある。
「歌うのは最初の二曲だけでいいよ。ただし、練習は一回のみだ。」
 フランス語の発音はめちゃくちゃだろうが、まあハミングとかでなんとかなるだろう。
 二曲目は幸いにも日本語で「……中略……」とか歌詞のあいだに書いてある。
 曲調はわかった。さあ歌おう。
「俺は腕相撲にしようかなあ」
 ふり返ると、中年のサラリーマンが四人、別のテーブルについている。
「それがいいよ」
「じゃあ、私たちは先に行っているから」
 上司らしい三人が、一人を残してすたすたと部屋から出て行く。
 そういうシステムだったのか。 

(*2)
 中国の大学の、共通試験を受けている。
 二限目は自慰。十分間で射精できれば通過らしい。
 スパルタ式も行き着くところまで行ったな、という感じ。
 場所はある程度選んで良いらしいので、試験会場から近い、西荻窪へ行くバス停にする。
「それでは始めてください。」
 どこからともなく、試験監督の声。
 自慰を始める。
「最初の一分で、だいたい十人が通過するんだよ。そして、だいたい三人が死ぬ。」
 不正を防ぐための個人付きの試験官が、話しかけてくる。
 緊張のせいでそんなに少ないのだろうか? 何万人という受験者がいるだろうに。
 死ぬのは、十人の通過者のうちの三人なのだろうか? だとしたら悲劇だ。
「一分、経過です。」
 いま、数人が通過して、そして少なからず死者が出たのだろう。
 快感はあるが、とても射精という気分ではない。
 軍事飛行船を経由して伯父から電話が入ったらしいので、ちょっと電話に出る。
 そのあとで、また試験を続けようとするが、もうとっくに十分は経過してしまったようだ。
 こういう試験の対策のためにも、バタイユは読んでおかなければ、と思う。

(19:20~22:22) 
by warabannshi | 2008-02-08 11:13 | 夢日記 | Comments(0)
<< 第69夜 「トルネコの大冒険」 第67夜 「血管発芽症」* >>



夢日記、読書メモ、レジュメなどの保管場所。
by warabannshi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
twitter
カテゴリ
全体
翻訳(英→日)
論文・レジュメ
塩谷賢発言集
夢日記
メモ
その他
検索
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 11月
2004年 08月
2001年 12月
記事ランキング