第72夜 「プリズンブレイク」
 たぶん、刑務所から脱走している四人組。そのなかの一人。二十歳代中頃。(追記:007の新ボンドみたいな金髪のスポーツ刈りだった。)
 トンネルのなかにある、クラブなのかディスコなのかわからない騒々しいバーに行く。
 床は金網(菱形の、くさびのようなデザインの金網)。その下から白っぽい光が射していて、テクノの調子に合わせて強弱・明滅したりしている。床からの光が、バー全体の照明になっているので、光だけで酔いそうな雰囲気。たぶん、DJが光量の調節もしているんだろう。けれど、客が酒とかピーナッツとかをこぼしたら、金網の隙間にはまって掃除するのが大変なんじゃないか? といらない心配。
 他の仲間たちが慣れた動きで緩やかな曲線を描いているカウンターにつく。
 このバーはたまたま脱走中に見つけたものだと思っていたが、三人は行きつけらしい。
「オレンジを、1:3で」
「俺は×××(聞き取り不能)の、1:4で」
 彼らはオーダーをしたあとで、勝手にLサイズのグラスに濃縮オレンジジュースと思しき橙色の液体を注ぎ入れる。たぶん、これをウォッカか何かで割るんだろう。
 なんとなく、スターウォーズ・エピソード4で、ルークたちとハン・ソロが契約を結ぶあのバーにここは似ているかもしれない。
 飲むよりも、空腹なので、なにか食べたい。
「カプリチョーザ・ピザください」
 カウンターの裏のキッチンで慌ててピザの準備に取りかかる眼鏡の丸い女の子。
 なんで作り置きしておかないんだよ! と主任らしき人に怒られている。
 カプリチョーザは気まぐれって意味なんだから具材とか適当でいいよ。早くしてね。と心のなかで念じる。

 ピザを待ちながら、少しずつ思い出してきた犯罪の記憶。――
 かなり山の中のラブホテルで、買売春をしている女子高生と中年男性。
「なんでキャンペーン中だからってクーポンが使えないんだよ! 逆だろ!」
 支払いを済ませた中年男性が激昂している。
 男性の車(左ハンドル)の助手席に乗ると、男性は忘れ物てもしたのか、どこかに行ってしまう。その隙に、数人のチンピラたちが車にわらわらと群がってくる。車上強盗? だったら人のいないときにやれよ、と思う。
 戻ってきた男性。自分の車がいままさに荒らされているのを見てさらに沸騰。
 怒鳴りながら運転席に乗り込む。
「轢いちゃいましょうよ」
「そうだな!」
 そして、二人ばかりを車体の下に巻き込んで、山奥の駐車場を後にする。
 ――。でも、この事件のどこに自分が関わっているのか、さっぱりわからない。
by warabannshi | 2008-02-12 09:24 | 夢日記 | Comments(0)
<< 第73夜 「日本語」 第71夜 「温泉前夜/教室」 >>



夢日記、読書メモ、レジュメなどの保管場所。
by warabannshi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
twitter
カテゴリ
全体
翻訳(英→日)
論文・レジュメ
塩谷賢発言集
夢日記
メモ
その他
検索
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 11月
2004年 08月
2001年 12月
記事ランキング