第86夜 「戦後、無人の校舎でヘンな薬茶を飲む」
 ドイツの内戦が終わり、日本を東西にわけていた紛争も終結する。
 列島中にばらばらに散らばった人々は、それぞれの故郷を目指して帰途につく。
 小学校も、ちらほらと開校をはじめるが、ほとんど廃墟のような状態で、椅子はなく、生徒は立つか机に座るかして古紙配合率80%(わら半紙?)のプリントを眺めている。もちろん、ほとんどの学校は崩れかかっていて、誰もいない。
 その誰もいない校舎の昇降口で、生物部の友人Yが、食べ終わった弁当箱の四角い蓋に中国茶を淹れて、それをうちに勧める。
「ちょっと×××(薬品名、思い出せず)も入れておいたから。」
「×××なんて、三十年前に製造中止になったんじゃなかったっけ?」
「三十年前からとってきたんだよ」
 中国茶には紅茶キノコのようなべろべろした半透明の有機物が混ざっている。
 飲んでみると、胃腸の働きがヴィジョンとして浮かび上がってくる。バリウムのようだ。バリウムとレントゲンがセットになったような薬品だ。だが、こんな薬品がいったいこの状況下で何の役に立つというのだろうか? 前に夢に出てきたフーディニ=メルロ・ポンティの薬は嗅ぐと髭が伸びる薬だったが、ここにはろくな薬がない。おまけにどの薬も麻黄色で、わら半紙を煎じたような味と匂いがするのはどうしたことだろう。

 戦後処理がうまくいっていないので、治安は最悪。けれど、身の危険が迫っているときは指紋が顔の形になって告げ知らせてくれるので安心。
(指紋の渦の部分はよく見ると、ふだんから何となく人間の顔に見えないだろうか。顔は五本の指でそれぞれ違うようにも、同じ顔のようにも見える。ちょうど同じ顔を違った方向から見ると面影が変わるように。指紋の渦をぐるぐるさせて顔を浮かび上がらせる“力”は、いろいろなものが混ざっている“力”なのだが、そのなかには地球の遠心力も入っている。)
(指紋が危険を告げ知らせてくれる、と言っても、指紋に浮かび上がった顔が人の言葉をしゃべるわけではない。ただ、顔を歪めてだらだらと泣くだけだ。)

(追記 08.3.2)
 半透明の有機物は子宮壁?
by warabannshi | 2008-02-29 07:08 | 夢日記 | Comments(0)
<< 第87夜 「ポアンカレ予想から... 第85夜 「鉄棒」* >>



夢日記、読書メモ、レジュメなどの保管場所。
by warabannshi
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
twitter
カテゴリ
全体
翻訳(英→日)
論文・レジュメ
塩谷賢発言集
夢日記
メモ
その他
検索
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 11月
2004年 08月
2001年 12月
記事ランキング