第95夜 「死者がパンチングマシーンで物質化する/冷感症の女性がパンチングマシーンで正義を行使する」
(*1)
 白洲次郎を数倍に希釈したような中年男性の葬式がおこなわれている。交通事故で二人を巻き添えにして、自身もシートベルトをしてなくて死んだドライバーというのが、その男だ。そして、その男とは、どうやら自分らしい。
 黒い額縁に入れられている写真を見る。顔つきが自分ではないようだが、死んだ後に見る自分の顔とはそういうものなのだろう。ところで、死んだ顔を見ている表情というのは、どういうものなのか? 鏡で確認しようとするが、室内灯が反射している窓には姿が映らない。たしかに死んでいる。臨死体験とかではなく、死にきっている。

 男=自分には婚約者がいたらしく、真っ白いウエディングドレス姿で芳名帳に名前を書いている女性がいる。葬式と結婚式が並行しておこなわていれるらしい。
 死者と結婚する場合、①最初から彼女は未亡人となるのだろうか? それとも、②永久に結婚しつづけることになるのだろうか? ③切腹したりして殉死するのだろうか? ところで、巻き添えで死んだ二人の遺族の人たちが、この葬式×結婚式のことを聞き知ったらやっぱり、激怒するだろうか?
「彼岸の時間において、二人が永遠に結ばれることを祝いまして――」
 研究室のK先生が弔辞と仲人をいっぺんにやっている。どうやら、②として認知されるらしい。なんとなく、めでたい。
「いや、しかし彼岸の時間において永遠というのは成立しうるのだろうか?」
 参列者の一人から質問が飛ぶ。
 K先生が日本仏教の輪廻思想をもとに説明をはじめるが、説明を聞いているほとんどの人が、何を説明されているのかわっていない。説明は懸命になされるが、それだけ複雑化する。
「一般人にもわかるように説明して下さい!」
 説明の途中でおばさんが叫ぶ。うちも死者として議論に参加したいが、死者では無理だ。

 白熱する議論に参加できないのでだんだん欲求不満になってくる。
 式場を抜け出し、ゲームセンターに行くと、昔懐かしいアーケード型パンチングマシーンがある。一ゲーム、百円。16オンスぐらいの赤いグローブで、屹立した赤いバーを思い切り殴りつけて点数を出すやつだ。さっそくやってみて、怪人の顔をぼこぼこにする。
「あれ、うち、死んでないじゃん?」
 いつからうちは物質化したのだろうか? 欲求不満になったときか? desireが物質化を促進したのか? 対消滅と対生成の神秘。ファインマンとセグレを読み直そう。こんなことなら鏡を持ち歩いて、自分の姿が映るか映らないかをいつも確かめていればいればよかった。

(*2)
 オーガズムに達せない二十代中頃の女性になっている。食事療法で感じやすくする合宿に参加している。合宿地は、以前は友人Uの部屋として使われていた木造アパートの一室。以前は火事でいたるところに焦げ痕があったが、それは目立たない。ただし、十畳くらいの和室の隅には大量の布団が積まれている。
「ハゲの半分は食事療法で治るんですよ」
 職員はそういって資料ビデオを見せる。どう考えてもハゲの心配をしないでよさそうな五歳児とかもハゲ矯正合宿に参加している。とくに海藻ばかり食べているわけでもない。
 そのあとで、数週間、合宿に参加する。
 そして、合宿の平板な生活に耐えられなくなって、ゲームセンターに行く。
 やはり一回百円のパンチングマシーンがあるので、「3回殴って拷問を止めろ」の指示に従い、画面にあらわれた加拷問中の尼僧の顔をぼこぼこにする。


(追記)
 思い出せた二つの夢は自慰と自慰を越えることに関する覚書。「アンドロイドのための人間入門」、旧暦・師走六。自慰とフラケンシュタイン・コンプレックス。造物にまつわる文化的忌事。けれど、生理学的には――? 虚脱の不自然な外観が死体と共通することをもってして、それをヒューマノイド(ポリゴンの人)と短絡するのは早急だ。自慰を事後的にふり返っても退屈。むしろ、アンドロイドを駆動させつづけるのは永久にオーガズムに至らない鬱血。
by warabannshi | 2008-03-08 09:46 | 夢日記 | Comments(0)
<< 第96夜 「カレンダーとして暗... 第94夜 「大洪水に備えて買い... >>



夢日記、読書メモ、レジュメなどの保管場所。
by warabannshi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
twitter
カテゴリ
全体
翻訳(英→日)
論文・レジュメ
塩谷賢発言集
夢日記
メモ
その他
検索
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 11月
2004年 08月
2001年 12月
記事ランキング