第99夜 「若者百人力法(ステングール法)について疑問を呈する」
 ロシアか、ポーランド。ロシアだとしたらモスクワ市庁、ポーランドならワルシャワ市庁。
 ある法律を決めるのに、国民全員を納得させなければならないという、共産主義の手本みたいな立法制度の国。
 ただし、市民はものすごい行列を作って市庁に並ばなければならない。その新しい法律を説明できる人は数人しかいなくて、法律に納得しなければならない人は数万人もいるからだ。
 テレビ中継で、全国民に法制度の内容を放送すればいいのではないか? テレビやラジオで説明したあとで、疑問をもった人だけが、市庁に行列を作ればいいのではないだろうか? それとも、すでにそうやってフルイにかけたあとで、疑問をもっている人たちが、数万人もいるということだろうか。
 いま審議されているのは「若者百人力法(ステングール法)」。
 もう名前からして胡散臭い。

 若者百人力法(ステングール法)とは、年金制度のようなものだ。
 27歳未満の若者から、一律で税金を徴収する。そうやって作られた基金で、貧窮している若者を支援する。とても簡単。
 けれど、①どれくらいが“貧窮している若者”のレベルなのか? ②なぜ若者を助ける基金を若者から徴収するのか?
 ①はネットカフェ難民とかはそうだろう。②は、まあ支援される若者に罪悪感をプラスする目的だろう。だたいわかる。けれど、とても胡散臭い。この基金がまともに使われるとはどうしても思えない。
「なぜ若者を助ける基金を若者から徴収するんですか?」
 うちの前に並んでいる大柄な黒人男性が、説明員のおばさんに質問している。
「そうそう、まったくですよ。わざわざ若者百人力法なんて作らないで、ふつうの税金と一本化すればいいんじゃないですか?」
 うちも黒人男性と一緒に、攻撃的に質問する。
 おばさんはすでにこの質問に何百回と答えているのだろう。面倒くさそうに、
「詳しいシステムはこのブログに書いてありますから、どうぞ」
 パソコンで指定されたブログを開く。
 どう見ても18禁のエロサイトとしか思えないブログが開かれる。
 でも、記事の内容は「若者百人力法」について。
by warabannshi | 2008-03-12 11:03 | 夢日記 | Comments(0)
<< 第100夜 「カタルーニャ地方... 第98夜 「単細胞生物であるこ... >>



夢日記、読書メモ、レジュメなどの保管場所。
by warabannshi
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
twitter
カテゴリ
全体
翻訳(英→日)
論文・レジュメ
塩谷賢発言集
夢日記
メモ
その他
検索
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 11月
2004年 08月
2001年 12月
記事ランキング