第108夜 「『ゾンビ』と『ウエストサイド物語』の合作のような映画」(08.04.05掲載)
 1976年のアメリカで撮られた映画。もちろんアメリカが舞台。
 豊島園プールのような幾つものプールが集合しているプール。まっ黒な水が張られているプールから、どんどんゾンビが湧きだしてくる。
 主人公たちは『ウエストサイド物語』のような、ライバル関係にある二つの不良グループ。
 ひょんなことからそのゾンビの大量発生を目撃して、追われることになる。
 主人公たちはバイクに乗っているなのでなんとかゾンビから逃げることができたが、ゾンビはどんどん増えていく。
 不良グループを追いかけている中年警部は、その不良達がゾンビの大量発生の原因であると考える。彼らの一人から事情聴取をしているときに、彼らバイクから落としていった蛍光塗料が見つかるので、それを伝って彼らを追いかける。
 一方で、ゾンビはだんだん知恵をつけてきて、最初の目撃者である不良グループを皆殺しにしようとする。
 不良達はある洋館に立てこもる。
 じつにバイオハザード的な発想のように思われる。

(追記)
 ゾンビたちが動くには黒い時間と白い時間が必要。
 黒い時間とは、墨汁プールに耽溺していたゾンビそのものだが、白い時間とは何か?

(追記)
 『ゾンビ』は1978年9月公開(イタリアで)。
 『ウエストサイド物語』は1961年12月13日公開。
 1976年にアメリカで公開された映画として有名なのは『ロッキー』ぐらいか? それでも、製作されたのが1976年だとは限らない。

(追記)
 それにしても、豊島園、まっ黒な墨汁のようなプール、蘇る死骸、『ウエストサイド物語』など、いままでの夢に頻出するイメージがよくB級映画として組み合わさったものだ。B級のほうが神話的発想がプリミティブに使えるぶんだけ雑多な象徴がよく"載る"のだろうか。

(追記)
 1976年に製作されたもの。
 大島弓子の漫画のなかでとりわけ気に入っている「まだ宵のくち」が1976年JOTOMO7月号に掲載だった。サイモンとガーファンクルの「スカボローフェア」が印象的に引用されるこの作品はアメリカとほとんどなんの関係もない。あるとすれば、ベトナム戦争が終結したこの年、「スカボローフェア」において詠唱されていた言葉は三十年数後もいまだにチベット自治区や四川省に途絶える気配を見せないということだ。
by warabannshi | 2008-03-28 09:24 | 夢日記 | Comments(0)
<< 第109夜 「永福町商店街でお... 第107夜 「三角関係+1のあ... >>



夢日記、読書メモ、レジュメなどの保管場所。
by warabannshi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
twitter
カテゴリ
全体
翻訳(英→日)
論文・レジュメ
塩谷賢発言集
夢日記
メモ
その他
検索
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 11月
2004年 08月
2001年 12月
記事ランキング