第122夜 「(高速)バスと殺人事件」
 荻窪から、方南町行きのバスに乗っている。
 ついさっきまで原宿のパスタ屋で、有機栽培系のアロマオイルを卸売りしていたはずなのだが、まったくそんな形跡はない。
 場面転換したことが信じられなくて、指の匂いが嗅いでみるが、無臭。
(もしかしたら、原宿-荻窪-方南町は、荻窪を頂点とした二等辺三角形なのかもしれない。)
 そんな仮説を思いつくが、それが証明されることなんてないだろう。
「ここ、自転車で走ったことがあるでしょ」
 バスの隣座席に座った友人Bが言う。
 Bの紹介で、原宿でアロマ売りをしてたはずなのだが、Bはそんな素振りを見せない。
 窓の外を見ると、たしかに、自転車で走ったことがある風景だ。さらに言えば、そのときうちはこの道を彼女と自転車で逃げていたのだ。猟銃をもった老人と犬から。
 路上は大型車が走ると音楽が鳴る仕組みになっている。
 19の「友達の歌、卒業の歌」が流れている。懐かしい。

「えーと、遅刻した二人は、殺人事件に巻きこまれたようです」
 いつの間にか、バスのなかは登山服を着た老人たちでいっぱいになっている。
 さらに、バスは高速バスになっていて、無闇に早いスピードで道を走っている。
「逝ってしまわれた」
「逝ってしまわれたよ」
 登山服姿の老人たちがギャグみたいにそんな台詞を言う。
 顔面を鉈で割られて血みどろの夫婦のイメージが、浮かび上がる。
 そうか、この二人が遅刻したのか。
 バスが止まり、ガラの悪い運転手が怒鳴る。
「富士山はここだよ!」
 老人たちはぞろぞろとバスから降りる。
 仲間が死んでも登山はするのか。
「このバス、富士山が終点なんですか?」
「いや、これから大阪に行くんだ」

(追記 08.4.25)
 竹取物語によれば、富士山は、月の住人であるかぐや姫が帝に渡した不老長寿の薬をその頂上で燃やしたことで名づけられたのだと言う。千年前に燃やされた不老長寿の薬は、煙になり、空気中に散布されて、微量に岩石などに付着し、いまでもわずかにその効力を保っている、と富士山を信仰する一部の人たちは漠然と思い浮かべたりするのだろうか。
 だが、富士山の麓には、大量の蜘蛛が巣を張っている旅館や、温泉地、草地があるために、夢のなかでうろうろするに当たっては注意が必要である。
by warabannshi | 2008-04-24 09:43 | 夢日記 | Comments(0)
<< 第122夜 「止まらない、タクシー」 第121夜 「ブロック崩しは大... >>



夢日記、読書メモ、レジュメなどの保管場所。
by warabannshi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
twitter
カテゴリ
全体
翻訳(英→日)
論文・レジュメ
塩谷賢発言集
夢日記
メモ
その他
検索
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 11月
2004年 08月
2001年 12月
記事ランキング