第160夜「少女轢断」
 小学生になって、集団登校をしている。
 おそらくは永福町の踏み切りの前。
 同級生の十数人でわらわらとしていると、風紀委員の上級生(女子)が電車が来る旨を伝える。
 わらわらするのをやめる小学生たち。
 というのも、この踏み切りでは轢断自殺者が絶えず、ついこの前も、名前のわからない同級生のひとりがこの踏み切りに飛び込んだのだ。だから、自殺した彼のために、全員で黙祷をする。
 かるく俯いたまま、目を閉じて黙祷している。
 電車が接近してくるのが、低い音圧と気流の流れでわかる。
 ふと薄目をあけると、あの風紀委員の上級生(女子)が、踏み切りのバーを乗り越えようとしている。電車はすでに踏み切りのなかに入ってきており、上級生(女子)は電車の側面に巻き込まれるようにして磨り潰される。
 磨り潰される瞬間を見たくなかったので、慌てて黙祷の続きをする。
 目を閉じたまま、(この不条理さはまるで少女切腹のようだ)と思う。

 あとで、上級生(女子)は、下級生の自殺を止められなかった慙愧の念に耐えかねて自殺したのだと知る。
by warabannshi | 2008-06-18 10:49 | 夢日記 | Comments(0)
<< 第161夜 「浦安市」 (無題) >>



夢日記、読書メモ、レジュメなどの保管場所。
by warabannshi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
twitter
カテゴリ
全体
翻訳(英→日)
論文・レジュメ
塩谷賢発言集
夢日記
メモ
その他
検索
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 11月
2004年 08月
2001年 12月
記事ランキング