第175夜 「『ゴダールの革命』動画、そして図書館」
 youtubeの動画。
 ある革命派の大学教授のアジテーションが十分くらいでおさまっている。
 四角い大講義室(二〇〇人くらいは収容できそうだ)の真ん中に、教授が演説をぶっている。
 その教授は映画監督をやっていたこともあるので、自分の演説をこうやって記録しているのだ。
 そういえば、この教授は「彼女について私が知っている二、三の事柄」(1966)を撮ったころのゴダールに似ている気がする。
 ゴダール教授は、こっそり自分の設置している定点カメラで、自分の演説を撮っているのだ。しかし、学生たちは、それに気がついていない。あるいは、気がついていないふりをしているだけなのかもしれない。
「明朝六時をもって、一斉に蜂起をおこなう!」
 五月革命のようだ。六十八年の。
 教授のアジテーションに呆れて、ぞくぞくと教室をあとにする学生たち。
「帰るんじゃない! 残れ! 踏みとどまれ!」
 絶叫するゴダール教授。
 どこからどこまでが本気で、どこからどこまでがネタなのかわからない。
 けれど、どんどん空席は増えていき、ついに二割くらいの学生しか残らない。あとは全員、帰宅してしまった。
 二割の残った学生は、四角い大教室の、ちりぢりの席に座って教授を眺めている。
 ふいに一人の学生(日本人)が手をあげる。
「先生、水筒の氷が全部溶けてしまったので、もうひとつの水筒から氷を移してもよいでしょうか?」
 ぽっぽっぽ、とあちこちでおこる笑い声。
 べつに彼らは蜂起やデモ活動をしようと思って残っているわけではない。
 ゴダール教授が次になにをやらかすかが見たくて、面白そうだからここに残っているのだ。
 博覧強記で知られている教授は、日本人学生のおちょくりに鷹揚にうなづく。
「○○くんの養護学校のなかで話をしよう」
 これはイディオムだ。つまり、相手のレベルに合わせて話をしようという意味だ。
「この地球に動物を起源とした水は一滴たりとも存在しない。
 少なくとも、この地球上には、存在しない。
 水はすべて宇宙からやってきたのだ。オールトの雲からやってきたのだ。」
 ここで動画は終わっている。
 ゴダール教授がそのあとで何をやったかはわからない。

 次の日、『言語の構造』というソシュール批判の論文集をゼミのTさんに貸しにいく。
 図書館で借りた本なのだが、うっかりと書き込みをしていたことがバレる。
「あー、かっこ悪い。あー、格好悪い」とうちを責めるTさん。
「もちろん新刊を買って図書館に返しますよ。公共物に落書きして恬然としていられるほど鉄面皮じゃないですよ」
 弁解するうち。
 ところで、ゴダール教授は、どうして蜂起をしようとしていたのだろう。

(08年7月30日08:11収録)
by warabannshi | 2008-07-30 23:59 | 夢日記 | Comments(0)
<< (無題) 第174夜 「『蟲師』と『春と... >>



夢日記、読書メモ、レジュメなどの保管場所。
by warabannshi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
twitter
カテゴリ
全体
翻訳(英→日)
論文・レジュメ
塩谷賢発言集
夢日記
メモ
その他
検索
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 11月
2004年 08月
2001年 12月
記事ランキング