「THE BELOVED(VOICES FOR THREE HEADS :平坦な戦場で僕らが生き延びること」
THIS CITY
IN PLAGUE TIME
KNEW OUR BRIEF ETERNITY

OUR BRIEF ETERNITY

OUR LOVE

OUR LOVE KNEW
THE BLANK WALLS AT STREET
LEVEL

OUR LOVE KNEW
THE FREQUENCY OF SILENCE

OUR LOVE KNEW
THE FLAT FIELD

WE BECAME FIELD OPERATORS
WE SOUGHT TO DECODE THE
LATTICES

TO PHASE-SHIFT TO NEW
ALIGNMENTS

TO PATROL THE DEEP FAULTS

TO MAP THE FLOW

LOOK AT THE LEAVES
HOW THEY CIRCLE
IN THE DRY FOUNTAIN

HOW WE SURVIVE
IN THE FLAT FIELD


THE BELOVED(VOICES FOR THREE HEADS
BY WILLIAM GIBSON

リバーズ・エッジ (Wonderland comics)
岡崎 京子 / (2000) / 宝島社
ISBN : 4796616691
廃墟としての九〇年代日本の「都会」を描いた、モノリス的作品。その終盤に挿入されるサイバーパンクの詩が、この「愛する人(みっつの頭のための声)」。



この街は悪疫のときにあって
僕らの短い永遠を知っていた

僕らの短い永遠

僕らの愛

僕らの愛は知っていた
街場レヴェルののっぺりした壁を

僕らの愛は知っていた
沈黙の周波数を

僕らの愛は知っていた
平坦な戦場を

僕らは現場担当者になった
格子を解読しようとした

相転移して新たな
配置になるために

深い亀裂をパトロールするために

流れをマップするために

落ち葉を見るがいい
涸れた噴水を
めぐること

平坦な戦場で
僕らが生き延びることを


愛する人(みっつの頭のための声)
ウィリアム・ギブスン 黒丸尚 訳

***
災厄のただなかにあるその街は
ぼくらのはかない永遠を知っていた

ぼくらのはかない永遠

ぼくらの愛

均一な道の窓のない壁を
ぼくらの愛は知っていた

沈黙の頻度を
ぼくらの愛は知っていた

まったいらな場所を
ぼくらの愛は知っていた

ぼくらは演算子の場になった
ぼくらは格子を解読しようとした

新しい配列のために
相転移するために

深い欠陥-罪を巡視するために

流れを調査するために

葉々を見るんだ
それらはどうやって枯れた水源のなかで
旋回しているだろうか

ぼくらはどうやってまったいらな場所で
生き延びるのだろうか


最愛の人(三つの頭のための声)  太田和彦 訳
by warabannshi | 2008-08-05 11:58 | Comments(2)
Commented by たぬみ at 2010-04-17 02:45 x
はじめまして
ギブスンのこの詩が好きなのと太田さんと同い年なので勝手に親近感が沸いてコメントしました
訳はリバーズエッジのほうが私は好きです
漫画自体が好きなのもあるんですが

まとまりのないコメント失礼しました
Commented by warabannshi at 2010-04-30 01:24
> たぬみさん
コメント、ありがとうございます。気がつくのが遅れてごめんなさい。
ギブスンは良いですよね。彼の処女作『ニューロマンサー』(84)も、私たちと同年代の生まれです。岡崎京子さんの作品は、私たちの生まれた地点になにが起こっていたのかを教えてくれるので、私も好きです。
<< (無題) 第180夜 「ラカン理論」 >>



夢日記、読書メモ、レジュメなどの保管場所。
by warabannshi
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
twitter
カテゴリ
全体
翻訳(英→日)
論文・レジュメ
塩谷賢発言集
夢日記
メモ
その他
検索
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 11月
2004年 08月
2001年 12月
記事ランキング