第187夜 「草汚のDies irae」
 田舎の駅。
 単線の電車で、駅を二十くらい乗り継いでいかなければいけない山奥。
 その山奥の駅舎で、グレゴリオ聖歌「怒りの日」の歌詞を輪読している。
 重要なのは、「Dies irae dies illa(怒りの日それはこの日)」のニュアンス、「solvet saeclumn in favilla(世界を灰にさせたもう)」の「せ」が強調であるということ。
 輪読をしているのは三人、教師役が一人。
 生徒の一人はおばさん、もう一人は「草汚」と書いて「いぎたなし」という名前の高校生。

 草汚が言うことには、
「呪いは実在します。
 例えば、花火大会では、裏方として百人単位の拝み屋がいて、事故が起こらないように常に祈りつづけているんです。というのも、敵対勢力の地域が、その花火大会を台無しにするために、やはり百人単位で呪術的な攻撃をしかけているからなんです」
 「草汚(いぎたなし)」という名前は、彼自身がつけたらしい。
 というのも、幼い頃、彼がまったく泣かない子供だったからだ。
「泣くほど、相手に期待もしていませんでしたし……」
 言葉を覚えるために、まず言葉に興味をもつために、彼は自分で自分に名前をつけた。
 彼は自己愛の快楽を知らない。
 精神科医に、「君はナルシシズムを持たないんだね」と気味悪がられたと言う。
 だからといって、自分に自分で眠りの呪いをかけるような名前をなぜつけたのだろう?

(08年8月14日8:26収録)
by warabannshi | 2008-08-15 11:59 | 夢日記 | Comments(0)
<< (無題) (無題) >>



夢日記、読書メモ、レジュメなどの保管場所。
by warabannshi
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
twitter
カテゴリ
全体
翻訳(英→日)
論文・レジュメ
塩谷賢発言集
夢日記
メモ
その他
検索
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 11月
2004年 08月
2001年 12月
記事ランキング