カテゴリ:メモ( 67 )
谷川俊太郎「アルカディアのための覚書」(所収 『日本語のカタログ』,思潮社,1984年)
1.窓
さまざまな色合の空き瓶を溶かし直して作られた灰色の硝子の向こうに、雑草の生い茂る庭とおぼしい空間が広がり、一人の老婦人が綱渡りの稽古をしている。

2.機械
機械は多年にわたる試行錯誤の結果、植物化している。すなわちそれらはすべて地中(又は海底)深く根を下ろし、地熱、潮汐、風力、星光、月光、陽光等を動力源とする。産業廃棄物が各種の昆虫の食料として消費されることは言うまでもない。機械類の発する音は、木の葉のさやぎ以上の音量を出ない。

3.子等
子等は歓声をあげて崖にうがたれた横穴へと闖入する。彼等の手には半月刀に似た凶器が握られている。女児のなかには全裸の者もいて、彼女等の筋肉は男児のそれに劣らない。

4.トマト・ジュース
そのような飲料は存在しない。

5.かなしみ
かなしみについて語ろうとすれば、かなしみは消え去る。そのことを熟知しているこの土地の住人は、かなしみに襲われると、少量の塩を掌にとって嘗めるが、大声で泣き喚く者もまた隣人によって祝福される。

6.犬
犬どもは街路を跳ね廻る。主として路上に落ちているどんぐり等の気のみを食べる、稀に蟻や羽虫の類も食べる。彼等は人間に尻尾を振らぬ。互いに鼻をかぎあって自足している。故に皆、名前がない。

7.振動
大地は常に一時間数ヘルツの周期で振動している。人体には感知できぬこの振動は、天体へ輻射され、一種の潜在的な道徳律を形成すると考えられている。

8.風船
風船を紐につなぐことは、法の名によって禁じられている。

9.オープン・マリッジ
男性も女性も、十分な苦衷と迷妄とを代償として、単婚制の外へ出ることを暗黙裡に認められている。つつましさとユーモアとは、その場合、礼儀作法を保つ上で欠くことができない。

10.詩
各人は一日の任意の時間に、任意の出来事を詩として観想することを期待されている。それを言語化する義務はない。

11.クレジット・カード
すべての商取引はクレジット・カードの思い出によって行われる。

12.洗練
洗練へと向かうのはひとつの恐怖であるが、野暮であることにも嫌悪が伴う。質朴はその両義性によって、この土地の住民の趣味の基準となっているようだが、それはたとえば一茎の野花を手折る行為を正当化しないかわり、禁じもしない。

13.死体
死体は死後三時間以内に広大な鳥獣保護区域内に遺棄される。墓地、墓碑の設置は許されず、死者を悼むことも多数者の避難を呼ぶが、肉声によらぬ音楽の演奏はむしろ推奨されている。

14.櫛
三百種以上に及ぶさまざまな形と機能をもった櫛が、手仕事によって生産されている。

15.疑問符
疑問符の使用は極めて活潑であり、感嘆符が併用されることも多い。

16.ロマンチシズム
この語はほとんど死語に等しくなっているが、その名指す情念そのものはそれ故にこそ、かえって多義的に住民の大部分を支配している。

17.官僚主義
もっとも官僚化しているのは乞食たちであり、彼等は日常生活を保つのに必要最小限の物品しか受け取ろうとせず、その採受の明細を中央電算機に入力することを固執する。

18.気分a
教育の各分野にわたって、気分の制御ということが重要視され、そのための心身相関的な訓練法は多岐にわたり、一部に混乱を生じている。

19.気分b
現実とは気分の波動の連続体であるという大胆な仮説が、各村の学生たちの間では信奉されている。

20.泡(ビールの)
それは依然として白くジョッキの縁から盛り上る。

21.植物人間
という呼称は植物をさげすむものであるとして斥けられた。その種の状態に陥ることを阻止する技術は医師の手を離れ、新たな聖職者の一群を生んだが、彼等を差別する意識は抑圧されつつ各人の内面に存在することをやめない。

22.静物
ひっそりと卓上にある静物は、絵画の主題であることをやめ、かつ私有を脱した。すなわちそう望むものはいつでも、他人の室内にある静物を六時間以内に限って凝視する権利を保証される。

23.星雲
ある種の星雲までの距離は不可侵であることが、天文学者たちの一致した結論である。

24.洗濯挟
その精巧なレプリカが、多くの人々の間で実用に供されている。






詩集 谷川俊太郎

谷川 俊太郎 / 思潮社

 「定義」(1975)、「夜中に台所でぼくきみに話しかけたかった」(1975)、「コカコーラ・レッスン」(1980)、「日本語のカタログ」(1984)、「メランコリーの川下り」(1988)、「世間知ラズ」(1993)、以上六冊の詩集が一冊に編まれている。


by warabannshi | 2015-01-10 08:18 | メモ | Comments(0)
[SUMMARY] “Sustainable farming in Japanese Agriculture” 
※某所で添削してもらった英文を、せっかくなので公開。日本語訳は時間のあるときに追記。

“Sustainable farming in Japanese Agriculture”

OUTLINE
Background
Presentation
 1. The importance of Soil composition
  1-1 For high quality vegetables and fruits.
  1-2 For sustainable farming.
 2. The character of Japanese agriculture
  2-1 Japanese agriculture is mostly “horticultural”
  2-2 It is also “well-researched”
 3 What should we do for sustainable farming method?
  3-1 Investigate and inventory local ecosystems
  3-2 Investigate and inventory local cultures
Note

Background
 As TPP becomes an important issue agricultural focus is placed on producing high quality products. So, for example Japanese agriculture produces high quality products using soil conservation methods. So, today I explain “Soil Conservation Methods in Japanese Agriculture”.

1. The importance of Soil composition
1-1 For high quality vegetables and fruits.
 A wine brand depends on the uniqueness in its soil composition of the vineyard. In Bourgogne, for example, wine brands are differentiated by only one ridge's difference. This occurs due to the stratum's difference, an outflow of the nutrition by rain, and so on.
1-2 For sustainable farming.
 In 1g of the forest soil, 5 to 6 billion of microbes exist. Soil in which many kinds of plants are growing is a rich repository for soil based organisms. There is a distinct absence of this ecosystem in the soil of monoculture agriculture.

2. The character of Japanese agriculture
2-1 Japanese agriculture is mostly “horticultural”
 Many people say the pivot of the agriculture reproduction is high quality products. The Japanese agriculture is mostly “horticultural”. The direction of the selective breeding of horticulture is different from agriculture's. The prerogative of agriculture is preventing a bad harvest. While the priority of horticulture is making high quality products.

2-2 It is also “well-researched”
 After the Meiji Restoration, the Department of Agriculture, using German techniques, made a soil chart of the whole of Japan. In those days this was rare in the world. Why did they make this national soil chart? It was for the effective utilization of the limited arable land in Japan.

3 What should we do for a sustainable farming method?
3-1 Investigate and inventory local ecosystems
 The first step is to investigate and inventory local ecosystems, so as to achieve to collect data about the existing densities of various animals and plants, and the degree of affect that each creature has to the ecosystem.
 When a plot of land has big niches but little surplus energy (e.g. desserts, plains…), intensive agriculture using pesticides and chemical fertilizers is generally effective, even if this method promotes settled-agriculture and single-crop farming.
 However, in many areas of East and Southeast Asia, where multiple-and –varied-niche ecosystems exist, intensive agriculture is unfitting. When governments and corporations transform multiple-niche areas into a single-niche, single-crop farming area, ecological balance is thrown out of whack coming perilously close to disaster. Government needs to learn to make efficient use of small niches. (ex. gathering dye from coccid)
3-2 Investigate and inventory local cultures
 The second step is to investigate and inventory local cultures. We need to study traditions and activities of people associated with the land (such as, for example, taboos, festivals, and belief systems…).
 When you want to keep local ecosystem in good condition, a single method may not be effective at all times. Much the same as biological adaptation, local culture’s traditions are adapted to the unique set of environmental conditions they subsist in. It is necessary, I feel, to implement traditional methods suitable for each environmental condition. We need an “agricultural comparative manner”.

Note
- To what factors of a local culture’s traditions should we pay attention to?
1. To optimization Local culture’s traditions have forms that are most suitable for traditional economy and circulation somewhere. It is through the disappearance of indigenous languages that approaches of the optimization in the area are lost. 2. To follow the minimum line. A local culture’s traditions have approaches that follow the minimum line. For example, in a tropical zone, a local culture may have many taboos and supernatural myths connected with a certain species of plant or animal. This is the local ecosystems keystone species. In the laurel forest zone, the minimum line is not as clear. In Japanese Shinto thought there are 8 million deities intimately linked with the elements of the natural world.
- I note that many soil conservation's foundational concepts are a glaring omission of discourse on the relationship of soil to the society and culture that it supports. I would venture to say that these “Foundational concepts” have been composed from the viewpoint of soil as a production factory. I feel that resources and scale should be based on “Foundational concepts”, as well as ideas that address how humans can harmoniously co-exist with the limited fertile arable land. That remains after decades of irreverent farming practices that have treated the soil as a mechanical tool to human profits.
- Should we focus on educating or re-educating local peoples in their forgotten legacy?
- Governments and corporations (who transform multiple-niche area into a single-niche, single-crop farming area) need to learn to make efficient use small niches. So, local areas should promote creating organizations that gather and assemble information through investigating and inventoring local ecosystems and cultures etc. Monitoring systems at the national level are necessary, but they are insufficient for these purposes.
- All of these approaches are top-down. How do we in corporate structure of the bottom-up approach? (How should the government support local areas?)
- Soils may be totally treated like a factory. We cannot consider management of soils in the same way as the management of factories. This is because a soil’s properties are linked to local cultures.
by warabannshi | 2014-03-17 15:13 | メモ | Comments(0)
与太話@新宿・星乃カフェ
「部屋を横切っていく鈴の音だとか、誰もいないのに不意に開く引き戸について、それらをなしている、霊や小人のような、“見えない何か”の存在を仮定したことはないんですか」
「“見えない何か”がいるとしても、それが一つだとはまったく思えないし、一つ一つを識別しようとすれば、気が狂うと思う。雨粒の一つ一つに名前をつけようとしたら、人間は間違いなく発狂するように」

「例えば、波を立てる穏やかな外洋で、水面から高さ数センチの位置に、水面と平行な平面をすぱっと切るとします。そのときの断面には、空気の部分と、水の部分が混在していて、さらにその断面だけを見れば、空気の領域に不意に水の領域が現れ、そして何事もなかったかのように消える、その明滅がいたる所で生じている。その一つ一つの明滅を、いちいち数えられない…こんなイメージですか」
「すごくよくわかる。ただし、その比喩だと、〈空気〉と〈水〉の2種類しか領域がないけれど、じっさいは数えきれない種類の領域が、明滅していると思う。そのとき〈空気〉の領域に特権はないけれど(〈空気〉の領域に異なる何かが侵入しているように思えるけれど)、〈空気〉の領域をゼロ基準のように見なしてしまうのは、そこに私たちが棲まっていると思っているからでは。じつのところ、私たちは〈空気〉のなかに棲むのではなく、その断面の特定の場所を占めている」
「その場所は、placeですか、addressですか」
「両方。どちらが欠けても、可算名詞にならない。とくに重なり合う必然性のない、placeと、addressとを断面上にピン止めしているのが、個体あるいは肉体としての、名前を持つ“私”」
by warabannshi | 2014-03-09 06:10 | メモ | Comments(1)
堀口大學「月光とピエロ」より Ⅱ「秋のピエロ」 Ⅳ「ピエロの嘆き」



Ⅱ「秋のピエロ」

泣き笑いして 我がピエロ
秋じゃ 秋じゃ と歌ふなり
Oの形の口をして
秋じゃ 秋じゃ と歌ふなり

月のようなる おしろいの
顔が涙を ながすなり
身すぎ世すぎの 是非もなく
おどけたれども 我がピエロ

秋はしみじみ 身にしみて
真実 涙を 流すなり


Ⅳ「ピエロの嘆き」

かなしからずや 身はピエロ
月のやもめの 父無児

月は み空に 身はここに
身すぎ世すぎの泣き笑い


『月光とピエロ』籾山書店(1919年)
合唱組曲「月光とピエロ」 清水脩:作曲(1948~1949年)


by warabannshi | 2013-12-29 09:29 | メモ | Comments(0)
与太話@中野・百人衆
「君は自分が夢日記をつける側の人間だということを自覚したほうがいい。だいたい夢日記は近代の産物だし―」
「そんなことはない。『夢記』の明恵は鎌倉時代の僧侶だよ。サン=ドニ侯爵とフロイトのイメージが強いのでは?」
「―いずれにせよ、夢は、呼吸や、食事と同じように、われわれが毎日するものなわけだよ。その起源を考えようと考えまいと。夢を見終わった後、その光がどこから来るのかについて、ふつうは問わない。それは、なぜ食べるのか、という問いと同じようなもので、少しく、病的だよ」
「でも、健康的と病的とを分かつものはなんだろう。なぜ“健康な人”は“病的なもの”に魅かれうるのか」
「僕、草間弥生を評価する見方が嫌いなんだよ。草間さんが嫌いってことじゃないよ。アール・ブリュット全般について、それを評価する見方が相容れない」
「なぜ」
「作品に見出される価値が、個体の兆戦であって、人類の挑戦ではないから。正直なところ、精神障害を抱えている人が作ったもので、作品として取り扱われているものの99.9%は、10年後に残ってないと思うよ。なぜかといえば、美術史的な抵抗がないから。逆に精神障害を抱えている人の書いたものは個人的には面白くて、それは言語が絵具よりも強い抵抗となっているからだと思う」
「じゃあ例えば、ゴッホはたぶん遠近感がわからなくて、絵画・美術史から“ふつうの視覚”を学ぼうとした人なわけだけれど、ああいうのはいいんだ」
「好きだよ、ゴッホ。最初期の作品とか、ほとんど美大に行きたい予備校生が描いたような、生真面目なものだよね。彼は自分の視野が“ふつう”とは違うことを自覚していたし、それをどのような質の抵抗として位置づければよいかを常に考え続けていた、秀才になりたかった天才だと思う」
「そういえば、村上隆『芸術起業論』か『芸術闘争論』のなかで、生前にまったくの無名であったゴッホが、一気に天才として評価されるようになったきっかけは、〈貧=芸術=正義〉という図式によるところが少なくないと書かれていたけれど、あれはどう思う」
「問題なのは、どういう〈貧〉かということだと思う。封建主義における〈貧〉か、資本主義における〈貧〉かで、その質は変わる。つまり、前者においてはカリスマ的な支配者層が象徴を供給するが、経済的な〈貧〉が固定化される。後者においては、階級は流動的になり、経済的な〈貧〉は固定化はれないが、神がいないために象徴的な〈貧〉が生じる。
 ゴッホと同世代の画家に彼とシェアハウスもしていたゴーギャンがいるけれど、彼は、象徴的な〈貧〉を主題にしていたポストモダンな画家だと思う。『私たちはどこから来たのか、何者なのか、どこへ行くのか』という題名が示唆するように。対してゴッホは―」
「伝道師になりたかった人だものね。貧民街で階級格差のなかに身をおいて、結局、伝道活動が苛烈すぎてだめになって、27歳くらいから絵を描きはじめる」
「〈貧〉を2つにはっきりと分けることはできないだろうけれどね」
「気になるのは、現在、経済的貧困と象徴的貧困の2種類の〈貧〉が同時に生じて、“神(神々)もいなければ金もない”という状況が固定化されることで、だから、唯一、自分の記憶より他に、何の参照項も持たない特異なものとしての夢を記録するというメソッドが、象徴的なものの生産へのダイビング・ボードになってくれればと思っている」
「だから、多くの人が〈貧〉に耐えられないと思うのが、君の前提なんだって。」
(以下、略)

「知性的なことをしたいよ」
「いまやっていることは知性的なことじゃないの?」
「“白い知性”と“黒い知性”とのバランスが欠けている」
「それはわかる」
「“黒い知性”が発揮される場がないと、マグマのようにふつふつと沸きあがってくるわけですよ」
「博論は、“黒い知性”にいかに“白い知性”の相貌をさせるか、ということに尽きる」
by warabannshi | 2013-12-27 12:34 | メモ | Comments(0)
ゴーゴリ『死せる魂』中村徹訳、「世界文学全集」49巻、新潮社、1963年
 〔自分が書類に書き写した〕百姓たちの名前を眺めやった。いずれもかつてはまさしく百姓として手仕事をしたり、田畑を耕したり、酔っぱらったり、馬車引きをしたり、旦那の目をごまかしたり、そうかと思えば、ただの地道な百姓だったりした連中なのだが、彼はふと奇妙な、自分でもわけのわからぬ感情に支配されてしまった。どの名簿もその一つ一つが何か特殊性をもっているようで、そのために個々の百姓までが独自の性格を得ているように思われたのである。カロボーチカ〔という地主〕に属していた百姓は、そのほとんどが注釈や綽名をいただいていた。プリューシキン〔という地主〕の名簿には字句の簡潔が目立ち、なかには名前と父称の頭文字だけを並べて、あとは点を二つ打っているものもあった。サバケーヴィチ〔という地主〕の目録は、類のない充実ぶりと細かさで驚嘆させ、百姓の性質などにも一つとして書き漏らしはなく、「指物をよくす」とか「物わかりよく、酒を嗜まず」などと書き添えてあった。父はだれ、母はだれ、両親の行状はどう、ということまで詳しく記されてあった、が、ただフェドーエフとかいう男の場合だけは「父親不詳にして下婢カピトリーナより生まれたるも、性善良にして盗癖なし」と書かれてあった。これらの詳細な記入事項は一種特別な新鮮味を与え、さながら百姓どもはつい昨日までも生きていたように思えるのだった。長いこと彼らの名前を目にさらしながら、彼はしんみりした気持ちになっていたが、やがて溜息をつくと、こんなふうに呟いた。――《おい、おっさんたち、ずいぶんぎっしり詰め込まれているね! 一体、お前さんたちは、生涯何をやって通ったんだね! どうやって身すぎ世すぎをしてきたんだい?》そのうちに彼の目はある一つの名前の上にとまった。それは往年、女地主カローボチカに属していた例のピョートル・サヴェーリエフ・ニェウヴジャイ・カルイトという長ったらしい名前だった。彼はまたも呟かずにはいられなくなった、――《こりゃまた、なんて長ったらしい名前なんだ、行いっぱいに広がってやがる。お前は職人だったのかい、それともただの百姓かい。死にざまはどんなだったい? 飲み屋でくたばったのか。それとも道端で寝ているところをうかつな荷馬車にでも轢かれたのかい? ――プロープカ・スチェバン、大工、典型的なる酒嫌い、か。――ああ、こいつだな。スチェバン・プロープカっていうのは。サバケーヴィチが近衛にお誂え向きだなどといったあの勇士だな! きっとお前は斧を腰にぶっこみ、長靴を肩にしょって、県下を隈なくうろつき、一銭二銭のパンや干魚で腹をふさぎ、家へ帰るときは銀貨で百ルーブリずつも財布の中に貯めこんでいったのだろう、あるいは紙幣の一枚くらいはズボンへ縫い込むか、長靴の中へ押し込んでいたかもしれない。だがお前は一体どこで死んだんだ? 大きな儲けをしようとして教会の丸屋根の近くまで上ったんじゃないのかい。そして十字架へでもよじ登ったところを、そこの横木から足を滑らせて地面へ墜落したんだろう。で、そばに居合わせたミヘイ小父とか何とかいうのが首筋をなでて「ちょっ、ワーニャ、へまなことをしやがるな」とでも言って、そのまま今度は自分が縄を体にくくりつけてお前の身代わりに登って行ったんだろう〔以下略〕》

世界文学全集〈第49〉死せる魂・はつ恋・スペードの女王 (1963年)

ゴーゴリ / 新潮社


by warabannshi | 2013-04-06 03:08 | メモ | Comments(0)
ジャック・ラカン『精神分析の倫理』「もの(das Ding)」における、ミレ版とアソ版の差異箇所。
邦訳だと、上巻80頁。「もの(das Ding)」が構成する対象が、ミレール版だと「主体」に、アソシアシオン版だと「抑圧」になっています。

↓↓↓ミレール版↓↓↓↓↓↓↓

「das Ding」とはもともとは、「シニフィエの外(le hors signifie)」とこれから呼ぼうと思うものです。この「シニフィエの外」を関数にして、つまりこれとの情念的な(pathetique)な関係を関数にして初めて主体は距離を保ち、関係様式という形で、つまり最初の情動(affect)の様式という形で、構成されます。これは、あらゆる抑圧に先立つことです。『草稿』の基本的な部分はこのことが中心になっています。フロイトにとって抑圧はまだその当時十分に解明されていなかったことを忘れないで下さい。その後彼が抑圧について語ったことはすべて、いかに洗練されたとはいえ、抑圧が他の防衛形式と比較してどこに特徴があるかを解明する必要に迫られた答えであった、と考えざるをえません。

↓↓↓アソシアシオン版↓↓↓↓↓↓↓
したがって、もし、「das Ding」が、もともと、私たちが「シニフィエの外」とこれから呼ぶことになるものであるとすれば、この「シニフィエでないもの(non-signifie)」に応じて、つまり主体がそのおかげで自分の距離を保つところの情念的なな関係に応じて、どんな抑圧にも先んじたあの関係様式のなかで、最初の情動の様式の中で―この関係様式をめぐって『草稿』の基本的な部分はできているのですが―ある抑圧が構成されます。忘れないようにしましょう、この抑圧はフロイトにとっては、この段階では問題となっているのです。それ以降、フロイトが抑圧について言うことになるのは、すべて――彼のなみはずれた洗練のなかでは理解されず、気づきもしないのですが――いわば他のあらゆねる防衛形式に対して、特別に抑圧が何でありうるかを理解する一種の必要性、必然性以外の何ものでもないのです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
by warabannshi | 2012-10-14 23:46 | メモ | Comments(0)
超訳「精神分析におけるパロールとランガージュの機能と領野」(通称「ローマ講演」)【序】
 ジャック・ラカン『エクリ』所収の、「精神分析におけるパロールとランガージュの機能と領野」(通称「ローマ講演」)【序】の“超訳”です。公刊されている邦訳は、そのままだと意味がわからない箇所が多いので、何かしらの参考になればと思い(なるのだろうか?)、掲載しました。

 邦訳はこちら。

エクリ 1

ジャック・ラカン / 弘文堂



 英語がわかる方は、ブルース・フィンクの英訳がお勧めです。

Ecrits: The First Complete Edition in English

Jacques Lacan / W W Norton & Co Inc



 冒頭の半角数字は、原著のページ数ではなく、段落に相当しています。注釈は※印で示します。

 


--超訳「精神分析におけるパロールとランガージュの機能と領野」 【序】--

001.ある精神分析研究所(ラカンの反対側の陣営)が1952年に引用した銘句には、引っかかる点がある。「我々にかかわる事柄については“人間の”という形容辞を付け加える」という部分。「神経生物学」なのに? なぜ人間を別のカテゴリーに入れるのか?

002.これから行う講演(1953年9月26および27日にローマ大学心理学研究所で行われたラカンによる学会報告)は、まずこの講演をとりまく諸々の情勢から始まる。なぜか。この講演は、それらの情勢の痕跡をとどめているからだ。
※1953年1月、ラカンはパリ精神分析協会の会長に選出されるも、内紛により不信任案を出され、6月に辞任。その後、分派のフランス精神分析協会に加入している。ちなみに、サンタンヌ病院でセミネールが開始されたのも、同年。さらに言うと、バタイユの奥さんだったシルヴィアと結婚したのもこの年

003.この講演の主題は、例年の集会での慣例の理論的報告を行うために、私に提案されたものだ。この集会は、「フランス語圏精神分析家会議」という名のもとに由緒あるものとなっていた伝統を継続していた。この会議は、1953年9月にローマで開かれるはずであった。ところが。

004.この集会の準備期間中に、いくつかの重大な意見の相違がフランスの精神分析医のグループに分裂を引き起こした。その分裂は“ある精神分析研究所”設立の際に明らかになった。そして、001の引用をした一派が、彼らとは別な考え方を導入しようとする者(つまり私だ)の発言を妨害してきたのだ

005.しかし、私は妨害に対して、身を引くべきだとは思わなかった。新しいフランス精神分析協会を創設していた私たちにとっては、私たちの教育方針(つまり短時間セッションあり、教育分析の工学的なモデル化なし)に賛同している学生たちに、これからやることの青写真を見せようと思ったからだ。

006.イタリアの精神分析医のグループからは、共感と援助をしてもらった。私たちは、〈世界都市〉のはた迷惑なお客、という扱いも受けなかった。

007.パロール(=話し言葉)について語るという任務は、私にとっては大役である。

008.私が思い出したのは、バチカンの丘(Mons Vaticanus)の語源が「(赤ん坊が)泣く」(vagire)ということだった。この語は、話し言葉の最初のたどたどしさを表している。

009.私の講演は赤ん坊の泣き声以上のものではないかもしれない。が、少なくともこの講演は、精神分析がランガージュのうちに得ている諸々の基礎を刷新する前兆(産声)を聴かせることになるだろう。

010.この講演は、伝統的なスタイル、つまり、過去の研究を寄せ集めてつぎはぎすることで「報告」する、というやり方と縁を切らないわけにはいかない(なんといっても“刷新”するのだから)。そのため、講演は、皆が受け入れている精神分析の基礎を問いに付す、というスタイルをとる。

011.この講演の聴衆が学生であるため、私は学生に向けて話す。つまり、些事によって厳格さをまね、規則と確定性を混同してしまう占い師たちの間で守られているようなさまざまな規則を、放棄する。
※ラカンが辞任したパリ精神分析協会は、序列や形式を重んじる体制派を中心に組織されていた。

012.権威主義的なパリ精神分析協会では、分析家の養成において主体の自律に関してあまりに不当な無視が行われている。

013.そのせいで、分析家の人員が減少した。自分で自分の首をしめているようなものだ。
※ここでラカンが疑問を呈しているのは、分析家の技(art)が、工学系の技術者を育てるようなやり方で養成することができるのか、ということ。それは無理だろう、というのがラカンの立場。例えば、禅僧が修業をするとき、「5年コース」、「150単位取得で悟り」みたいなやり方はおかしい。

014.確かに、フロイトも自らの精神分析の学説を伝えるときは、きわめて組織化された諸形式をとっていた。

015.しかし、いま、リスクに罰を与えることでイニシアティヴを失わせ、衒学的な見解で学生の真剣さを目的にたどり着く前に鈍らせしまう、がっかりするような形式主義に陥っていないか。

016.精神分析の観念は非常に複雑であり、ある判断を公開することで、その能力をさらけだしてしまう危険は、他のどんな分野よりも高い。
※例えば、知ったかぶりして「夢は抑圧された無意識の表れだよ」と言っても、「じゃあ無意識って何?」、「それを無意識と名指せるのはなぜ?」と質問されれば、それが知ったかぶりであることはすぐにばれる。

017.しかし、この精神分析に関する観念の複雑さは、ある主張が根ざすところの原理をほりさげていくことになるだろう。

018.実際、私たちに課される(原理に関する)選択は、新会員の選抜云々などではなく、具体的な研究と、口頭試問のやりとりの吟味を経ることになるだろう。

019.そもそも、精神分析の明確な原理(「経験の共有の原理」)を維持するためにある国際精神分析学会の場で、「意見の違いからパリ精神分析学会から分離するのは、許されないことだ」と言われるのは驚きだ。私たちは、分離するなんて思っていない(私たちが正統なのだから)。

020.「ラカンの場合を除き、学問的な論争による以外いかなる決裂も認めない」という意見は何を言っているのかわからない。「皆がそれぞれの経験に根拠を与えるそれぞれの原理に向かい合えば、私たちのあいだの壁は崩れる」という洞察は鋭い。壁は崩れるだろう、バベルの塔ように!
※つまり、混乱しか生まない、というラカンの皮肉。

021.私たちは、私たちが精神分析に対して行う革新を誇ろうとはしない。
※ローマ講演が行われた1953年から、ラカンは毎週水曜日、サンタンヌ病院でその後20年以上の長きにわたって行われることとなるゼミナールを開始している。本講演で言われる「革新」は、ラカン派の旗揚げの意味もある。

022.その革新は、フロイトが鍛え上げてきた精神分析の理論的概念の用い方の伝統(国際学会が是とするような)を断ち切ることになる。フロイトのその理論的概念はいまだに十分に検討されていないので、誤解されている。伝統から離れることは時期尚早と思われるかもしれない。

023.しかし私は、フロイトの諸概念と、人類学や、最近の哲学の諸問題とを突き合わせて、その諸概念をより明瞭なものとするしかないように思う。そして、もともと精神分析の問題であった事柄を人類学や哲学から取り戻す。
※「人類学」といえばレヴィ・ストロースだが、1953年当時にはまだ『野生の思考』(1962)は未公刊。「最近の哲学」としてラカンが意識していると思われるのは、ハイデッガー。当時、ハイデッガーがどのような仕事をしていたかは年表(http://t.co/7aNkKx5q年表)を参照。

024.現状、フロイトの諸概念は(国際精神分析学会の行っているような)因習的な状況のなかで活力を失っている。フロイトの諸概念をわかりきったものとして使ってはならない。それらがどのような歴史と主観的基礎をもつかを検討することで、諸概念の意味を際立たせること。これが喫緊の課題である。
※概念が「主観的基礎(fondements subjectifs)」を持つ、という視角はラカンにおいて重要。ただし「主観」といっても、個人の恣意性のことではない。例えば「抑圧」という概念は中立的なものではなく、被制性を帯びており、ある方向性をもつが、それを再び見出すのは概念自身である。
※ここでラカンが言うところの「主観」は、アブダクションの意味に近い(はず)。「論理的時間」(1945)でも語られたように、急き立てのなかで生まれた概念(そして、すべての概念は急き立てがなければ生まれえない)は、アブダクションの構造をとる。アブダクション(abduction)とは「ある個別の事象を最も適切に説明しうる仮説を導出する推論」。例えば、三段論法の方法で説明すると、「ポチは走り回る。犬は走り回る。ポチは犬だ」に相当。わかるとおり、アブダクションは形式的には誤謬(じつはポチは人間かもしれない)。

025.教育者(enseigneur)の役割は、「諸概念がどのような歴史と主観的基礎をもつかを検討し、諸概念の意味を際立たせること」にあり、他のすべてのことはそこにかかっている。分析の経験の値打ちは、まさにこの役割の内にもっともよく書き込まれている。

026.「フロイトの諸概念がどのような歴史と主観的基礎をもつかの検討」という役割をおろそかにすれば、(概念の)意味は、固定された意味からしか自らの諸効果を引き出せなくなることで薄れてしまい、技法の規則はレシピ(工学的なマニュアル)へとなりさがり、現実性をもたなくなるだろう。

027.それなのに、いまや分析家は自分の領域についの考え方とやっている行為を、実践において一致させようとは考えもしない。(自分のやっていること、用いる概念の歴史と主観的基礎をまともに検討しようとしない)

028.エピグラフはその気の利いた一例である。“人間的な神経生物学”なんて「科学のお墨付きをもらえば誰が教えても同じ」と言わんばかり。フィールドで何をやっているのか。(そもそも神経生物学はウナギと猿と人間の区別をなくすためのものなのに、「人間のという形容辞を付け加える」とは謎)

029.国際精神分析学会は分析家の養成について、「科学のお墨付きさえもらえば、そのプログラムを誰が教えようと関係ない」という考え方を持っている。これは、運転免許証を発行するだけの自動車教習所が、あるべき自動車の組み立て方(あるべき人間)を指導できると考えているのと同じようなもの。

030.その一方で、フランスの精神分析学会の場合だって、入門者かつぎ(寮などで新入生相手に行われる悪ふざけ)こそしないものの、中身がないのにもったいぶっている。

031.こんな状況でろくに教育も受けられないまま実際の治療をさせるのは消毒もせずに外科手術をさせてるようなものだし、学生・研修生は本当に気の毒だ。(8年間は教育分析をやるべき、というのがラカンの立場。しかしそれだと分析家の数を増やすのに時間がかかりすぎるために国際学会は難渋)

032.ただし、教育におけるある種の圧力を被ってきた学生たちへの先生の気遣いは、それだけだと(気遣いという感情のままに突っ走ると)、学生たちを愚かさのままに留めてしまうだろう。

033.そうかといって、現行の紋切型の制度は、学生たちをいっそう深刻な試験の下におくだけだろう。

034.主観のカモフラージュから目覚めさせる(démystification)方法である精神分析は、その原理を、それ自身に(精神分析家たちのギルドに)当てはめるべきだ。分析家たちは、患者の傍らでの役割、同僚との関係、教育的使命とを通じて、みずからを作り上げる。

035.自分の原理(「主観のカモフラージュから目覚めさせる(démystification)」という精神分析の原理)を自分自身にあてはめるにあたり、フロイトに向けて窓を開くことは、この行為の不透明さのなかで迷子になるのでは、という不安を軽減させるだろう。

036.ともあれ、いままで私が今回の講演がいかに周囲の慌ただしさを受け入れなければならなかったかについて述べてきたのは、そのせいで講演が不十分になることを弁明するためではない。むしろ、この慌ただしさこそが、講演に意味をもたせてくれたのだ。

037.模範的なソフィスムの、論理的即断(précipitation)における慌ただしさの機能を、私は論文「論理的時間」(1945年)に書いておいた。つまり、急き立てが意味を生じさせる(※)。これこそ、「真理(verite)」が見出す、己の超えがたい条件なのだ。
※ラカンは論文「論理的時間と予期される確実性の断言」で、「3人の囚人」(http://t.co/aBY7KVh7)問題が解けるのは、「急き立て」があったからだとしている。無時間的には、「あいつはアホだから動かないのかもしれない」という可能性の前で結論が出せなくなる。時間のなかの「急き立て」によって「真理(vérité)」は現れる。そして、精神分析はそこに関わる。工学的=サイバネティックな「正確性」 ではなく。

038.すべての創造されたもので、緊急性のなかで表れなかったものはない。また、緊急時にパロールにあるものは、表そうとした以上の意味を表してしまう。(ゆえに、すべてのパロール=話し言葉は、自分自身が表そうとしたものを超え出る。余剰が生まれる)

039.人間に対して時機(moment)が来る緊急性においては、偶然(contingent)にならないものはない。このとき、人間はただ一つの理由において、自らの選ぶ部分と自らが捨てる部分と同一視する。この理由は、自らの確信(真理(verite)?)によって先取りされている。

--超訳「精神分析におけるパロールとランガージュの機能と領野」 【序】 終わり--
by warabannshi | 2012-09-24 00:27 | メモ | Comments(0)
わらしべ 其の一
 そろそろ笑半紙の宣伝をやらねばならぬ。ということで、唐突に始まりました。
 新コーナー、笑半紙的思弁。略して、「わらしべ」。
 twitterでつぶやいた内容を、少し加工してお届けしています。

 初回は、大学でロボット工学を専攻していた友人Sと、新宿歌舞伎町のギリシア料理デカメロンで、ウゾを飲みながら話した、お化けの話について。

 お化けは一般的に見えるはずの何かが見える、聞こえないはずの音が聞こえるから「怖い」と考えられている。だいたいテレビの心霊ビデオ特集(小学生のときに毎月一回くらいのペースでやっていた気がするけれど、いまもやっているのだろうか)で紹介されるのは、病院の監視カメラが撮ったぼやっとした人影や、人の数と手の数が釣り合わない集合写真とか、助けを求める女性の声が逆回ししたテープから聞こえたりとか、そういうので、“霊感の強い人”がそこに幽霊とか怨霊とかの説明を加えていく、という流れになっている。

 でも実際に、風呂場のドアが独りでに開いたり、鈴の音のようなのが頭の横を通過するといった“怪異現象”に遭遇すると、それは奇妙ではあれど恐怖からは遠い。「呆気にとられる」といえばいいのか……。よしんばそれが幽霊だったとしても、まあ幽霊なんだからそういうこと(ドアをすり抜けようとしたときにうっかり物理的に干渉してしまうなど??)もあるのかもしれないとやんわりとした疑問にとどまる、というか……。

 その一方で、何かを見ても、聞いてもいないにも関わらず、不意に「非常に嫌な感じ」が通り抜けることもあり、“お化け”を思い浮かべるのはそういうときで、それは確かに恐怖や忌避や畏怖のような総毛立つ感覚と結びついている。「霊感」や「生まれ変わり」や「幽霊」というような言葉がおそらくこれからも消えてなくならないのは、視覚や聴覚ではなく、触覚の場所で起こる、この、感覚がそれなりに共有されているからなのだろう。

 ところで、“お化け”の「怖さ」はどこに宿るのだろうか。もう少しいうと、“お化け”は、“発信源が識別不能な影や物音”として現れるものだけれど(たぶん)、それは人のなかのどこで、どのように、「怖さ」と結びつくのか。
 それを考えるとき、ロボットと人間を比べることが、ちょっとしたヒントになる。
 人間の場合(そしてロボットの場合も同様に)、処理される知覚情報のほとんどが、視覚と聴覚から入力される。そのために、「恐怖」が宿る場所も、おそらくは無自覚に、その二つの入力と結び付けられる。なぜ結び付けられるのか。ここで重要なのは、視覚も聴覚も(とりわけ聴覚は)、外界からのフィードバックによって補正されることで、処理結果としての識別が意味を持つという点だ。つまり、視覚・聴覚からの入力情報の識別は、他の処理網(味覚や触覚など)から入った情報を介して「外界の何を見たか/何を聞いたか」が定まる。とくに聴覚に関しては、その入力の一瞬後に、他の処理網によって発信源が確認されないと、落ち着かない感じになる(「声はすれども姿は見えず…」)。
 例えば、視覚の場合、先天的に全盲だった人が、手術によって、大人になって初めて視覚という情報を取り入れ始めたとき、視覚で得られた“それ”と、いままで自分が感知してきた世界との対応関係がわからずに苦労した、という記事を読んだことがある。手を伸ばして触れたり、もう少しで指先が届かなかったり、意外なほど近くて袖でコーヒーカップをひっくり返したり…というフィードバックを重ねることで、「いま外界の何を見ているのか」を識別することに慣れつつあるという。聴覚の場合はさらにこのフィードバックが識別において重要になる。例は割愛。

 いずれにせよ、「外界の何を見たか/何を聞いたか」がわからないとき、それはあくまでも識別不能であるだけで、とりわけ危険なわけではない。見えないはずのもの、聞こえないはずの音、それらは入力源を想定の範囲で特定できない宙吊りの何かだが、危険なわけではない。「落ち着かなさ」は感じても、それが「怖さ」になめにはジャンプがある。一方、触覚は生体にダイレクトに危険を知らせる。pHや温度、濃度勾配で走性を持つゾウリムシにおいても。触覚(と味覚)の特徴は、入力源が感覚器にかなり近距離に接して初めて感じられるところで、そうであるがゆえに触覚や味覚で感知された“危険”はもうフィードバックを待って識別する暇を与えない(飛び退ったり、吐き出したりしなければならない)。純然たる恐怖は、表皮と筋肉に宿る。それでは、なぜ、私たちは目と耳に、それでも恐怖を感じることがあるのか。そちらの方が、怖くもある。
by warabannshi | 2012-04-08 00:41 | メモ | Comments(0)
ジャック・ラカン「論理的時間と予期される確実性の断言」(1945)読書会のまとめ
 ジャック・ラカン「論理的時間と予期される確実性の断言」(1945)の読書会についてのまとめ。すごく面白かったので、以下、興味がない人はすみません。

----

 『エクリ』では、論文「論理的時間と予期される確実性の断言」のあとに、論文「転移に関する私見」(1951)が続いている。両者間にはどんな関連があるのかわからなかったけれど、その結びが「時間の緊迫tension temporelle」に関する前後で少しだけわかったように思う。
 論文「論理的時間…」では「三人の囚人の話」が素材になる。どういう話か。少しだけ紹介すると以下の通り。
 刑務所の所長が3人の囚人に次のように伝えた。「君たちのうちの一人を釈放することにした。ここに5枚の円盤がある。そのうち3枚が白、2枚が黒だ。これを君たちの背中に1枚ずつ貼る。何色が貼られたかは見ることができない。君たちは仲間のつけている円盤を見ることはできる。だが、何色が貼ってあるか教えてはならない。その上で、最初に自分の色がわかった者を釈放しよう。ただし、当てずっぽうじゃダメだ」。そして、3人にはそれぞれ白い円盤が貼られた。さて、囚人たちはこの問題をどのように解決しただろうか?

(…… thinking time ……)

 3人の囚人は、“すこしだけ”考えたあとで、一緒に“数歩”前に進み、並んで答えた。「私は白です」なぜわかったのか?「もし私が黒であれば、彼らはこう推論できるはずです。『もし自分も黒であれば、もう一人の仲間は自分が白だとすぐわかるはずで、そうすれば“ただちに”「私は白だ」と言うはずだ』。けれど、言わなかった。『だから私は黒ではない、白だ』と確信した二人は、一緒に「私は白だ」と答えるはずだ。けれど。そうも言わなかった。彼らがそうしなかったのは、私が黒ではなかったからです」このようにして、3人は同時に釈放された。

 以上が、「三人の囚人の話」である。本当にこんなふうになるのか、ということは置いておいて、この「完全な解答」の論理的価値について注目するにとどめておきたい、とラカンは言う。どういうことか。「こうだからこのように行動するはずだ」という予測の話としてこの「三人の囚人の話」を読まない、ということだ。予測の話にすると、「もし囚人の一人がバカだったら」という可能性を許すことになってしまう。ストーリーは決まっている。そのとき、この話から、何を析出することができるか? 〈「私は○○だ」という断定(結論)を下す時間については、事後的にしか説明することができない〉という形式だ。その結論を下す時間は、長さのある時間ではないし、もっといえば、説明のときに無理矢理、時間に対応するものを作っているにすぎない。
 断定を下す時間は、〈前もって作ることができる〉ものではない。自然科学は微分方程式を立てたりして、時間軸のなかでの変化を計画可能なもののように書くけれど、主体においてはそうではない。断定する主体にとって、断定を下す時間は、常に〈突きつけられる〉ものだ。なぜか? 論理空間において主体は不純物だからだ。主体なんてなくしてしまえばいい? そうすると、論理空間において「この場所を話題にします」と言ったり、「これとこれを比較します」と言うことはできない。論理的時間のステップ数を一望することができても、主体がないと、局所的な〈どこか〉を指せない。
 これが「断定の論理logique assertive」に固有の形式である。…だと思う。たぶん。そのはず。そして、その固有の形式とは、「不安の存在論的形式form ontologique de l'angoisse」として位置づけられる。うん、断定しているいまは、たしかに、不安だ。「不安の存在論的形式」をラカンは次のように言い換える。それは、「(間違いが生み出す遅れ)がないようにpour qu'il n'y ait pas」する動機に結びつけられると。またそれは、「(遅れが間違いを生み出す)ことの恐れde peur que」という情動的なものとしても表される。
 まとめると、〈論理的空間において断定を下す主体は、「間違ったせいで遅れないように、そして遅れたせいで間違わないように判断を下す」という不安の形式としてしか表せない〉。そして、この判断を下す主体とは、「私je」以外では表現できない。

 ちょっと意味がわからないかもしれない。あるいは、するっと入る人もいるかもしれない。ただし、後者はキルケゴールやハイデッガーと結びつけて理解してはいまいか、少し吟味する必要がある。ラカンが語っているのは、断定する主体に適応されている論理と時間だ。実存ではない。もっとも、断定する主体において実存と論理はパラレルなものとして言表される。ラカンはこう言う。イマジネールな「私」は、嫉妬として目覚め、他者との競りあうconcurrence主体として定義され、論理的時間と対応する、と。(cf.クラコウに行くユダヤ人のジョーク)
(この場合の、主体と競りあう他者とは何だろう? 鏡像的他者に限られたものではないはずだが…)
 この断定する主体に適応されている論理的時間の知見が、いったいどういう事柄につながるのか? これは予想だけど、「転移transfert,transform」なのではないか。
 時間がなくて、もうこれ以上この思いつきを育てることができないので、以下は本当にメモ。欲望は意味付けの階層を“潰して”しまうから、扱うのが難しい。転移も同様。フロイトは転移を、そこに乗り上げると分析が失敗してしまう妨害として最初に位置づけている。そのとき、〈断定する主体が断定する論理的時間〉が一つのフックになるのではないか。心の動揺として表れる転移の、その動揺が転移が生じさせる対話のなかのある時点を位置づけるにあたって。

 精神分析を離れて、一気に自分の研究に引き寄せて拡張解釈すると、「変容可能性transformativity」の構造を説明するヒントになりそうでもある。「私は○○だ」という表明を支える〈断定〉を、感情の神秘的な固有性のもとにおかないようにする工夫。ただ、〈断定〉が神秘とは別に語られても、以下の問いとは不可分である。つまり、「論理はなぜ現実の時間と重なるのか?」という問い。もちろんここでの論理とは古典的論理ではなく、直観主義論理に近い。話はそれるけれど、直観主義論理の祖、ブラウワー(1881-1966)がウィーンでやっていた講義はヴィトゲンシュタイン(1889-1951)やフッサール(1859-1938)も聴講していたらしいけれど、フロイト(1856-1939)もこの講義を聞いていたのかもしれない、と塩谷さんが話していた。

 論文「論理的時間と予期された確実性の断言」は長らくちんぷんかんぷんだったけれど、少しだけとっかかりが見えた気がする。
by warabannshi | 2011-10-09 19:20 | メモ | Comments(0)



夢日記、読書メモ、レジュメなどの保管場所。
by warabannshi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
twitter
カテゴリ
全体
翻訳(英→日)
論文・レジュメ
塩谷賢発言集
夢日記
メモ
その他
検索
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 11月
2004年 08月
2001年 12月
記事ランキング