<   2007年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
第37夜 「窒息しそうに懐かしい」
 豊島園に自転車で向かっている。
 環七から練馬駅を通過するルートが最短のはずなのたけれど、住宅街を走っている。
 モデルハウス群なのか、住宅はどれもこれも造りたてで、壁面がつやつやしていたり、風は建材の化学物質の匂いがする。ロックマンDASHのフィールドがこんな街並みだった。蛍光カラーのアーチや屋根があり、児童公園の遊具か、三鷹天命反転住宅みたいな雰囲気。
 コンビニが一軒あるけれど、無人で、ツナマヨネーズのおにぎりしか売っていない。(レジカウンターのおでんが浸かっているコーナーに並んでいる)
 コンビニの裏は砂浜。そして海。誰もいない。
 うちは、うっすらとこれが夢であることがわかっている。
 着ているのはパジャマだし、誰もいないし。
 なぜ豊島園に行くのだろう?
 なにかを頼まれているのだろうか? それとも、待ち合わせ?
 とにかく、自転車で豊島園に向かう。道はわかっている。

 あと百メートルくらいで豊島園だ、と思ったとき、窒息しそうなほどに懐かしい光景を見る。
 L字型の路地で、うちはLの短い方の道からその路地に入ったのだけれど、Lの角には平屋の売店があって、駄菓子や浮き輪、ポカリスエットなどを売っている。何人か子ども連れがいて、豊島園のプールのあとなのか、髪が濡れてばさばさになっている小学生が走り回っている。なのに、水中であるかのように、子どもの声はほとんど聞こえない。
 自転車を止めて、売店に入ろうとする。L字の、長い方の道をずっといくと豊島園遊園地だ。三本か、四本、落葉広葉樹(クヌギ?)がたっていて、荒れたアスファルトの路面を根でさらにめこめこにさせている。そういう状態も懐かしい。息が苦しい。
 売店は、壁面が大きな冷蔵庫になっていて、飲み物が冷えている。ポカリスエットの値段を見たら120円で、消費税が五パーセントだから時代は少なくとも現代のようだと思う。過去の情景を思い出しているから、懐かしいわけではない。だとすれば、夢から覚めるまえにこの情景をノートに取らなければ、と思い、売り場のお兄ちゃんに「A5版ノートありますか?」ときくと、すぐ背後に文房具がある。ノートは“お試し用”のが無料でバラで置いてあるのでそれをもらい、いつものゲルインキペンを買って、さっそく売店の見取り図を書く。
 書く。書く。ひたすら書く。そろそろ覚める。
 パジャマ姿で売店のなかでメモをとりつづける成人男性は異様だけれど、夢だからいい。

 でも、もしかしたら、売店の売り場にいたお兄ちゃんは、今年の十月に亡くなった早川君だったかもしれない、という予感が、ほとんど覚めかけてからはじまって、あの売店に戻ってそれを確認しようとしたけれどすでに手遅れだった。

 さらに覚めかけた状態で、いったいあのL字路地の、なにに懐かしさを感じたのかわからないことに気がつく。

どうでもいい註釈
by warabannshi | 2007-12-28 10:26 | 夢日記 | Comments(0)
第36夜 「夢演劇、他」
(*1)
 弟と並んで自宅の洗面台でうがいをしている。うちが吐きだした水のなかにモズクのような焦茶色の物体がでろでろと混ざっている。
「昨日、オレオを食べたあとで、歯を磨かなかったでしょ」
「口内炎なんだよ」
 何回もうがいをするが、モズクみたいなオレオの滓はいくらでも出てくる。
 どうやらオレオの滓ではなく、はがれた胃壁らしいことに気がつく。

(*2)
 複雑な路地のある民家群(昭和二〇年代)の隙間を、自転車部の先輩(名前は忘れた。犬の鳴き真似が得意)と歩いている。うちはどうでもいい蘊蓄を披露していて、先輩はそれにまったく興味がない。
「『あるときはフリードリヒがいた』って本、あったじゃないですか。書いた人、誰でしたっけ?」
「ジャン・ジャック・ルソー」
「いやいやいや」
 夏だから、ものすごい雑草で路地はほとんど埋まっていて、敷石がちょこちょこ見えるだけ。陽光もすさまじくて、ずっとフラッシュをたかれているみたいに白い。でも、セミは鳴いていない。二人で、雑草を掻き分けなければならない先頭を交代しながら、おばあちゃん(非血縁者)の家に向かう。
「スティーブン・キングはユダヤ人虐殺には反対だったんですよ。だから『スタンド・バイ・ミー』を書いたんですよ」
「ウェ ザ ナーイ♪ ハズ カム♪」
 おばあちゃん家だけコンクリート造りで、廃墟になっている。
 忽然とあるコンクリート造りの家は、児童公園の遊具のように見える。
 中に入ると、内部は和風の、ふつうの民家。
 おばあちゃんが出てきて、座布団をすすめ、うちら二人を緑茶と羊羹でもてなしてくれる。
 でも、もてなされる理由がわからない。
(もしかしたら、自転車好きの老人に自転車の話をしてあげるアルバイトかもしれない)
 そう思っていたら、侵入者。
 防犯カメラに映されたのは、ハリー・ポッターに出てくる巨人みたいな男。2メートルはある。
 先輩が装備を始めている。ゴーストバスターズ風の銀色の衣装が似合う。
 どうやら、巨人を倒すために呼ばれたらしい。
 あっという間に、巨人は居間に突入してくる。
 おばあちゃんは避難済みなので、先輩が光線銃でなぎ払う。 
 面白いように、効かない。
「やべっ、パック付けるの忘れてた!」
 巨人が、なぜか居間に立てかけてある金棒を手にとる。
 あまりにも鬼のようなので、こらえきれず爆笑してしまうと、巨人が卓袱台の上にあった箸を一膳、手にとり、吹き矢のように吹いた。箸はうちに刺さった。

(*3)
 電通大(?)ビルの六〇階くらいにある研究室で、四、五人で白衣で電子部品をハンダで補修する作業をしている。
「第二科は男女率が49:1だから、男子寮の歌しかないんだよ」
「へえ」
「あれ? 女子の歌もなかったっけ? ブラフ?」
 すると、スライド式のドアが開いて、ツインテールの女の子が、現在進行形の演劇に役者が一人足りないことを告げる。役者名は、“ふられる恋人(先生)”
 幸い、うちは演劇部経験があるので、台詞の少ない役なら、ということで出演する。
 ツインテールの女の子は、うちを袖にする恋人役らしい。
「ちゃんと、状況を読んでくださいね」
「アドリブは得意です」嘘だ。
 ビルには作りつけの舞台(宝塚、というよりボリショイ・サーカスみたいな)があるが、そこはスルーして、演習の教室に向かう。
 演習の教室ではゲネプロがやられている。
 そうだよな、いくらなんでも本番に練習していない人間は立たせられないよな。と納得する。
 黒い机の間を、社交ダンスの要領ですり抜けて、ツインテールの子と踊りながら、その勢いで舞台に参加する。
 踊りながら女の子を、生徒役の男子にパスすればいいのだ。簡単だ。
 台詞「彼女のことは、キミにまかせた」
 よく生徒役の男子の顔を見ると、中学時代のA。
 Aの顔立ちが、中一からまったく成長していないので笑える。

 じつは、演劇をやっているのは夢で、ほんとうは掃除用具入れを開けたら倒れてきたモップに頭を強打して昏倒していた、という設定。
by warabannshi | 2007-12-27 06:40 | 夢日記 | Comments(0)
第35夜 「第一話 拷問試験」
 高級ホテルの一室で拷問を受けている。
 左の小鼻を鉄製の洗濯ばさみで挟まれたまま、ベッドに仰向けになっている。
 縛られていないが、すでに数時間、このままで経過しているので全身にしびれがある。
 逃げればいいのに?
 風呂場から、待機していた面接官のお姉さんがクリップボードを片手に出てくる。
 とがったセルフレームの眼鏡で、そこはかとなくエロっぽい。
 じつは、拷問は、就職のためのテストなのだ。秘密警察とかそこらへんの。
「時間なので、血液検査しますね」
 でも、手にもっているのはバケツだ。
 それいっぱいに血を抜かれたら死んでしまう。
 拷問を受けているときは、立ちあがって面接官に挨拶をするべきなのか、寝たままでいいのか、数瞬、迷う。(立ち上がってぴんぴんしていることがバレたら、もっとレベルの高い拷問試験になることがうすうすわかっている)

[……以下は今敏っぽいアニメーションで展開……]
 同時刻。いかついコートの男性がロンドンかストックホルムか、緯度の高いヨーロッパの駅で、待ち合わせをしている。
 やはり、秘密警察の面接試験だ。
 でも、面接官が直々に出向いているので、面接される側のレベルも高い。
 中途採用かもしれない。
 駅は、巨大な階段状になっていて、ホームの電車を待っている人々は、吹きさらしの階段にばらばらと座っている。ベルギーワッフルの売り子さんがふらふらしている。
 引きのカメラワークで、巨大でレトロな駅の全貌が映し出される。アコーディオンでBGM。
【3758-B ○○ ○○】
みたいな、紙に待ち合わせの指定場所が書いてある。
 でも、その区画に座っているのはカップのバニラアイスを食べている女の子だけ。
 遅刻だろうか? と首をひねっているいかつい男性。
 じつはそのアイスを食べている女の子が凄腕の諜報員だという、ありがちな設定。

 無人島でのサバイバル試験、高速道路を走る試験、……
 いろいろな試験が続く、そういう十二週間で一パックのアニメ放送の、第一話。
by warabannshi | 2007-12-23 21:41 | 夢日記 | Comments(0)
第34夜 「アンコール・ワット養殖場」
 アンコール・ワット遺跡の調査をしている。
 熱帯雨林の、草なのか沼なのかよくわからないうごうごしている広場に、アンコール・ワット遺跡は忽然とある。『地雷を踏んだらさようなら』で見たのと同じだ、と思い、感心する。
 調査は、アンコール・ワット遺跡の成分解析だ。
 作業は現地の丸っこい人が隣でやっている。
 テトリスの機械みたいなので、アンコールワット遺跡を作っている石を色分けしている。
 画面だけ見ると、まさにテトリス。ただし3D。
 じつは、解析作業というのは名目で、形態素解析とマルコフ連鎖でアンコールワット遺跡を再構築することが真の目的なのだ。
 遺跡を再構築したらどうなるのか?
 それは知らない。
 現地の人が自分のやっていることを知らないように、うちも真の目的の目的を知らない。
 現地の人の作業が終わる。
 エンターキーを押して、と頼むと、なぜか迷彩服を着たうちが液状化する。
 アンコールワット遺跡にしようとしたことがうちに跳ね返ってきたのか?
 それとも、現地の人がわざとうちに照準を合わせていたのか?

 液状化したうちの成分はどじょうの養殖に使われることが現地の言葉で説明される。
 うちは完全に溶けきっていなくて、数センチくらいに縮まっただけで、その小ささがなんとかクワガタと比較される。
by warabannshi | 2007-12-15 17:12 | 夢日記 | Comments(0)
第33夜 「まつげ縫い」
 まつげがまるくなって、両目の瞼が縫い合わされてしまっている。
 一本一本のまつげがまるくなって、ちょうど釣り針と糸のセットのようになっているのだ。
 ハサミで切ろうにも、ハサミの先端も入らないくらいに縫い目は細かい。
 ――ということが、瞼がまつげで縫われて見えてないのにわかっている。
「ビタミンDの摂りすぎですよ」
 赤、黄、青の球体たちが教えてくれる。
 彼らは信号機の電球で、ここはニューヨークだから、信号機もファンキーな色合いなのだ。
「ビタミンDの摂りすぎで、メラニンが硬化したのです。太陽に当たるとビタミンDは合成されますが、当たりすぎると分解されるので、日光浴をするといいです」
 なるほど。
 よろよろと台所に行って図工室にあるみたいな椅子に座り、日向ぼっこをする。
 見えてないのに窓からはマンハッタンの摩天楼が見えていて、しかも一九二〇年代の雰囲気。(白黒の映像)

 いつの間にか病院(日本)の集中治療室で寝ている。
 やっぱりよくならなかったんだろうか。
 というか、いつのまにか女性になっている。
 顔かたちも当然変わっていて、それなりに美人。
 窓から射す陽光のせいか、ちょっとアンニュイな映画の一場面っぽい。
 まつげが体中に回っているせいで、シーツがどんどん皮膚に縫いつけられていく奇病にかかっている。(メカニズム:毛細血管中を回っている鉄のようなまつげが毛穴から出てくる)いまも彼女の手のひらはシーツとまつげによって癒着している。
 でも、まつげで縫いつけられているのはなぜ人体では瞼だけなのだろう?
 耳の穴とか、唇とか、縫い合わされる部分はたくさんあるのに?
 と疑問に思うと、そこが実際に縫いつけられそうなので、つとめて何も考えないようにする。
 シーツがあまりにも何重にも縫いつけられたので、ついに球体になる女性(=うち)。

 巨大な白い球体の内部は空洞になっている。
 空間の中心に、極微の黒い立方体がひとつ浮いている。
 それがモノリスだ。
 ――という小説(球体の空洞内にモノリスがある)を高校生のときに書いたような気がするけれど、『2001年宇宙の旅』かもしれない。と、夢のなかで思っているうち。

どうでもいい註釈
by warabannshi | 2007-12-08 17:42 | 夢日記 | Comments(0)



夢日記、読書メモ、レジュメなどの保管場所。
by warabannshi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
twitter
カテゴリ
全体
翻訳(英→日)
論文・レジュメ
塩谷賢発言集
夢日記
メモ
その他
検索
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 11月
2004年 08月
2001年 12月
記事ランキング