<   2008年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧
第221夜 「野生の呼び声」
 街角の練兵場で、訓練している。
 どういう経緯があったのか、さっぱりわからないけれど、平穏な住宅街の一部が取り壊されて、というか何かの爆発でえぐられたように土が剥きだしになった状態で、四十人くらいの規模の練兵場になっている。そして前に降ったらしい雨のせいで剥きだしになった土は泥土となっている。
 練兵場の周りは、それこそどこにでもあるような住宅街なのだ。吉祥寺とか、三鷹とか。古き良き神泉とか。空気には、昭和三十年代の雰囲気すらただよっている。いまは午後三時くらいで、PASCOのCMに俯瞰ショットとして出てきそうな街並み。アフタヌーン。
 そういう街並みの一部が、練兵場になっているというのは、いったいどういう経緯があったというのか?
 そして、やっている訓練といえば、建物(あさま山荘とか)を破壊するときに使う鉄球のミニ・バージョンを、体を張って受けとめる、というもの。鉄球が先端についたは振り子は、三台ある。四十人の訓練中の兵士は、上半身を裸にして、それぞれ順番を待って、鉄球を受け止めなければならない。もちろん、何人かは鉄球の勢いを受けとめきれなくて、後ろに吹っ飛んでいく。後ろは煉瓦壁になっていて、鉄球を受けとめきれない兵士はそこに背中から激突する。激突する兵士は、そんなに少ない数ではない。そして、みんな激突したあとで、泥土に倒れこんで顔とかをどろどろにする。
 訓練、というより、稽古に近い。それも、高校の剣道部とかが新入生にやらせるいじめ・シゴキに近い稽古だ。あるいは、九〇年代の低俗なバラエティー番組の一幕。
 こういう訓練はいやだなあ、と思っている自分は、じつはまだ、鉄球を受けていない。
 鉄球を受ける順番待ちをしているのか、それともズルをして順番の列に入っていないのか、歩哨の役をやっているのか、それはわからない。
 とにかく、自分は鉄球を受けていない。このまま鉄球を受けずに訓練が終わればいいのに、と思っている。ということは、やはり訓練をサボっているのだろう。
「ジャア、オレハ帰リマスヨ」
 振り子の鉄球を見事、受けとめた、ガタイの良い黒人兵士が帰る準備を始める。
 自由に帰宅して良いのか。ますます、どういう練兵場なのかわからない。
 ボビー・オロゴンみたいな黒人兵士はうちと友達らしく、笑顔でしきりに「ジャ、サヨナラ」、「サヨナラ」と挨拶してくれる。こちらも笑顔を返す。

 いつのまにか鉄球を受けとめる訓練は終わり、泥土の練兵場には四十人ほどの兵士たちが整列している。うちは整列していない。
 歩調を取れ、の一言で、行進がはじまり、兵士たちは夕方の赤から夜の群青色になりつつある住宅街へと進んでいく。
 整列していないうちは、兵士たちを見送る。敬礼はしていただろうか。わからない。
「よっしゃ。宿直室でテレビ見ようぜ、テレビ」
 うちの肩ぐらいの身長の日本人兵士(小学生のときの友人N?)が、もうすっかりリラックスしている。どうやら、うちと彼は宿直らしい。
「BSで、トリュフォーの映画とかやってないかなあ?」
「この前、『私のように美しい娘』をやってたよ」
「あー。それ、慰安宿で観たかもしれない」
 けれど、テレビでは平日朝八時からやっているはずの「はなまるマーケット」をやっていて、和田堀公園の屋外野球場が中継されている。

【……「はなまるマーケット」の中継……】
 小学校のころの友人Yが「はなまるカフェ」のゲスト出演者らしい。
 薬丸裕英が、「はなまるアルバム」をめくる。
 口をあんぐりと開けて、空を見上げていままさにフライを捕球しようとしているYの子供のころの写真が出てくる。
「口をあんぐりと開けて空を見上げられるのは、子供の特権ですね」
 Yは本当にいいことを言う。その通りだと思う。
「それでは、ここは野球場ですので、久しぶりの面子で野球をしていただきましょう!」
 薬丸裕英がそう言うと、Yの小学校のころの友人――グラビアアイドルをすることになる友人N’や、一年間ほど伊豆学園に通っていた友人Gが私服でバットやミットを持ってあらわれる。Gがいつものぐだぐだした調子で出てくると、とたんに周囲の緊張も解ける。
 そして、いつの間にか、うちも和田堀公園の野球場のベンチにいる。
 軍服ではなく、アロハシャツと短パン姿で、ベンチに座ってやんややんやと賑やかしをやっている。
 その賑やかしをやっているときに頭の中に聞こえてくるメッセージ。
《俺の屍を越えてゆけ。》
 そのメッセージは無視して、バッターボックスに入った友人Yに声援を送る。
《俺の屍を越えてゆけ。》
 そのメッセージが高校時代に熱中していたプレステのゲームのタイトルだということは知っている。遅延反響だ。よくある。
《俺の屍を越えてゆけ。》
 そのとき、テレビの画面が凍結して、Y、N’、G、薬丸裕英やテレビ局のスタッフらが全員、停止する。
 こうやってテレビの画面が凍結してしまうということは、テレビに映されているある情景が、過情報になってしまったためだ。そして、うちの頭の中にメッセージは、何重にも重なり合って連続し続ける。こういうことが起こるということは、つまり和田堀公園の屋外野球場となったこの場所でかつて死んだ、あるいは他の場所で死んだ死者たちが、テレビに映り込んでしまっているのだ。だから過情報になる。テレビやビデオなどの映像媒体は、死者たちのもたらす情報に耐えることができない。それは『リング』ですでに実証されていることだ。
 うちは屋外野球場から脱出するために、ベンチから走り出す。
 過情報でオーバーフローした屋外野球場の空気は、粘性がある。平面のはずのすべての地面が、傾斜のきつい坂であるように思える。
 傾斜のきつい坂を上るとき、人間はどうするか?
 両手を使う。
 二足歩行から、四足走行になって、赤く着色された地面を駆け抜ける。競輪場の赤バンクに似ている。そういえば、四足走行は、競輪用自転車(ピスト)でバンクを走るときと、感覚がそっくりだ。
 《俺の屍を越えてゆけ。》は、死者からのメッセージでもあり、野生の呼び声でもあった。ジャック・ロンドンは野生の呼び声を犬に限定していたが、これは人間にも当てはまることだ。

 いつの間にか、練兵場がある街に戻ってきている。
 この街は夢日記149夜の公園から見下ろした街だとわかる。
 非常になつかしい路地裏を駆けていると、Nが言っていた慰安宿の玄関から、Nが一夜を共にしたであろう女性が出てきて、すっかり犬化しているであろううちを驚いて見ている。
by warabannshi | 2008-12-30 23:59 | 夢日記 | Comments(0)
第220夜 「H・D・ソローの遺稿」
 古本屋でワゴンセールをやっている。ワゴンのなかの単行本はどれも百円。
 そのなかにH・D・ソローの『クリストフの四季』という上下巻の本がある。
 ソローがこんな本を書いていただろうか? と思って帯を見てみる。
《H・D・ソローの遺稿 『ウォールデン』とポルノの不可能な融合!》
 そうか、遺稿。最近になって発見されたのだろう。
 死の直前まで書きつづけていたのがポルノグラフィであるということは、本当に興味深い。

 また古本屋では、世界各国の暴走族へのインタヴュー集(DVD付き)、なども売られていて、試聴するかぎりとても面白そうだった。(ドイツの暴走族はみんなネオナチ風だった。)
by warabannshi | 2008-12-26 08:21 | 夢日記 | Comments(0)
第219夜 「井の頭公園の、蜘蛛の巣。→ 自室、新作の要請。」*
 吉祥寺の近くの、井の頭公園にいる。
 井の頭公園に併設されている、動物園にいるはずなのだ。
 けれど、動物園は、やたらと起伏がはげしくて、ヤマネコやタヌキの入った一つ一つの檻が、幾つもの階段と坂のジョイント部分にぽつんぽつんと点在している。
 階段と坂は、どれもこれも人が一人歩くのがやっとの細さだ。これは井の頭公園というより、哲学堂公園の構造に近い。
 それに幾つもの階段と坂のあいだに点在しているのは檻だけではなくて、良い具合に経年変化してペンキもはげたメリーゴーランドや、名前のよくわからないけれど一度乗った記憶がある回転遊具なども、まったくランダムに、動物園のなかに配置されている。(それとも地図をみれば、ランダムでないことがわかるのだろうか?)
 まったくもって良い天気の日曜日。
 なので、井の頭公園には、家族連れが多い。
 井の頭公園・動物園を散策するうちの前にも、スラブ系の外人(ロシア人?)の父と息子の二人連れが歩いている。息子は六歳くらい。息子はやたらとはしゃいでいるのに、父は無口。息子のはしゃぎ方も、無理っぽい。アンドレイ・ズビャギンツェフの『父、帰る』 を思い出す。
 檻と遊具にまじって、入場料をとる料金所が、やはりいきなりある。
 おまけに無人である。
 そして、何枚もの千円札が、無造作にカゴのなかにつっこまれている。
「パパ、見て! 綺麗な紙!」
 そういうと、スラブ系外人の息子はカゴをあたまの上にかかげ、それをひっくり返す。
 何枚もの緑がかった千円札が、風が強かったので、桜吹雪のように、ケヤキの雑木林のなかへと吹き飛んでいく。
 この子は日本語がしゃべれるのに、日本の通貨を知らないのか?
 それとも岩井俊二的なパフォーマンス?

 さらに幾つもの坂道と階段を越えていくと、蜘蛛の巣がだんだんと増えてくる。
 前を歩く人たちが(もうスラブ系の父と息子ではない)、蜘蛛の巣を丁寧に外したり、ケヤキの雑木林のなかを迂回するので、なかなか先に進めない。
 こういう蜘蛛の巣だらけの光景は、前にも、高幡不動の裏の原っぱみたいなところで、あったことがある。
 そういうときにどうするか?
 待つしかない。
 蜘蛛の巣をやぶって、突っ切っていってはならない。
 蜘蛛の巣の、その糸は、精液とおなじように自分の体内の蛋白質によって作られる。そして蛋白質であるために糸はいくらでも作れるわけでなく、ほとんどの蜘蛛はその巣が不要になれば、糸を食べる。そして、食べた糸を栄養にして、又新しい糸を吐く。
 だから、 蜘蛛の巣をやぶって、突っ切っていってはならない。


 蜘蛛の巣のせいでずいぶん時間をかけて、それでも井の頭公園の近くにある木造アパートの二階にある自分の部屋に帰宅する。
 なぜか、自分の部屋にはゼミの先輩M、ゼミの同輩S、同輩G、最初の彼女K、そして「桜坂康輔」という名前の警察官が上がり込んでいる。勝手に上がり込んでいるばかりか、A4版の封筒にしまわれているはずの、自分の昔の小説群をがさがさに引っぱり出して、読んでいる。
「四人の会話が一ページにも満たないで終わるっていうのはちょっとありえないよね。力量不足だよ。喜んでいた、って終わり方もどうかと思うし。」
「尿道についての描き方が甘い。とりわけ、『下水道のパピー』。」
「********(聞き取り不能、あるいは忘却)」
「あ、いや、でも自分、吉祥寺の繁華街をパトロールしていたころに、太田さんに拳銃奪われたことありますよ。それで左足の甲を撃たれました。」
「ライターで止血した、ってやつでしょう? 縫えよ。」
 勝手に読んでいるだけでなく、言いたい放題だ。
 ちょっと咳払いをすると、五人とも、うちの存在に気がつく。
「ちょうどいま、太田君は新作を書いたほうが良いって話になっていたところだったんだよ」
「そうそう、そうなんですよ」
 あっという間に卓袱台が、木造アパートのせまっくるしい部屋の真ん中に置かれる。
「新作に!」
「新作に!」
「新作に!」
 五人が、ビールのジョッキで乾杯する。
 しかし、ビールもジョッキも空想上のものなのか、まったく透明であり、うちには五人が、虚空でそれぞれの右手の握りこぶしを打ち合わせているようにしか見えない。
by warabannshi | 2008-12-22 08:46 | 夢日記 | Comments(0)
第218夜 「コズミック・ホラー」
 西欧占星術の魚座のシンボルマーク、「H」みたいな超空間。
 「H」の左と、右。それぞれの縦棒はゆるく湾曲していて、それぞれのゆるく湾曲した縦棒に接する一つの円がある。円の直径は、それぞれの縦棒の長さよりも短い。
 「H」の左と、右の、それぞれの縦棒に接しているそれぞれの円は、違った周期で、縦棒と接したまま上下に移動している。
 そして、左右それぞれの円の接点が、「H」の横棒のラインにぴたりと同時に合うとき!
 つながるはずの決してない左右のそれぞれの円の内部の世界がつながり、左右のそれぞれの世界の、特定の一地域でコズミック・ホラー(宇宙的な恐怖)が巻き起こる。
 もっとも、左右のそれぞれの円の接点はすぐに横棒のラインから離れてしまうために、コズミック・ホラーは長続きしない。また、コズミック・ホラーは円の世界の全体に波及せず、一部分にとどまる。

 左右のそれぞれの円の運動エネルギーがやがて減衰し、それぞれのゆるく湾曲した縦棒の、いずれかで永久に止まった場合には、二度とコズミック・ホラーは起こらない。しかし、そういうとき、それぞれの円の停止は、運悪く(運良く?)横棒のラインにそれぞれの円が同時に接した、まさにそのときにおこってしまうものなのだ。
by warabannshi | 2008-12-21 10:41 | 夢日記 | Comments(0)
第217夜 「共感覚者によるコーラス」*
 銀座線・半蔵門線の渋谷駅近く。
 ということになっているけれど、109も、東急もない。
 あるべきはずのほとんどのビルはなく、渋谷駅周辺の土地は、一辺の長さが数キロにもわたる、巨大なひし形の緑化公園になっている。まるで三内丸山遺跡を押し広げたような感じ。葉脈のように、細い道が枝分かれしながら、緑化公園の芝生の上を伸びている。
 緑化公園のほぼ中央にあたる、銀座線・半蔵門線の渋谷駅のほぼ直上には黒い外壁のモノリスが立っていて、まったくあたりは静まりかえっている。
 そのモノリスのてっぺんにいる。
 自分だけでなく、自分を含めた四人の男女がいる。 
 そのなかの初老のオールドグレイの男性が、手持ちの風車で風向きを確かめる。
「良いようですな」
 そして、実験が始まる。
 高さ、数百メートルのモノリスのてっぺんで、とりあえずB音を出してみる。
 あたりの空気の色が、桃色にと青色が混ざったような色合いに変わる。
 残りの三人が、自分の声に重ねて声を出し、Bの和音にする。すると、極小のオーロラが渦巻いているようなあたりの空気の色が安定して、また透明になるが、全体的に少しだけ光が残っている。
【実験:共感覚者による混声コーラス】
 というテロップ。
 そうか、だからうまく行くと色が消えるのか。
 極小のオーロラは自分にしか見えないものなのだ。磁気とは関係がない。
 自分がリード・ボーカルをとりながら、混声コーラスのコード進行を続ける。
 
 B D#m E B
 E B F# G#m
 B D#m E B
 E B F# G#m F#

 周りの三人が巧いおかげで、辺りの空気はほとんど着色されることもなく、ダイヤモンドダストのように無数の乱反射だけが満ちる。
(ただし、モノリスのさらに上空から見おろしたイメージでは、それぞれの声の響く距離にばらつきがあるので、モノリスから離れるほど、様々な色が混ざって、周縁部はオーロラのように青や桃色が帯状に揺らめいている。)

 B D#m E B
 E B F# G#m
 B D#m E B
 E B F# G#m

 D#m E F# G#m
 D#m E F# B
 
 すべての実験が終わる。
 非常階段を使ってモノリスのてっぺんから降りることになる。
 途中で数人のトレンチコートを着たサラリーマンに出会う。彼らを後ろから追い越すと、
「いやー、誰も、コーラスが行われていたことに気がついていないね」
 いつのまにか彼女Fが隣にいる。
「まあ、マイナーなメロディだったから」
「でも、太田さんはもっとちゃんとボイトレをしなきゃダメだよ。次は、“カエル・クラス”から、“ラジオ体操・クラス”に移ると良い。“ラジオ体操・クラス”は二人一組だから、燃えると思うよ。」
 “ラジオ体操・クラス”でやるのはラジオ体操で、それはボイトレではない気がする。

「ちょっと供養してきてもいい?」
 モノリスを降りると、彼女Fが言う。
 もちろん良いよ、というと、彼女は幾本か立っている白樺の、ある一本に近寄り、その白樺の根本には、小型犬くらいの巨大な蜘蛛がひっくり返っている。
【すべての樹の下には死体が埋まっている】
 というテロップが流れる。梶井基次郎だ。
 ちょうどジーパンのポケットのなかに折れた線香があったので、蜘蛛を供養する。
by warabannshi | 2008-12-18 10:55 | 夢日記 | Comments(0)
04.
2007. 詳細不明
マクドナルド永福町店 店内
高校生くらいの私服の女子 2名

「付き合うならどういう人?」
「あー。わたし、犬飼ってるんだよ」
「知ってる。
 犬が好きな人?」
「犬が好きな人、というより、まず犬を可愛がってくれる人。そうすれば、こっちとしても安心して好きになれるでしょ?」
by warabannshi | 2008-12-15 11:17 | Comments(3)
第216夜 「異端教派」
 ロシアとかスウェーデン北部とかの、やたらと寒い地域。十九世紀前半あたり。
 中央の政治組織に、異端、とされた、ある教派。
 その僧侶たちと、異言をもたらす僧正、そしてそれに付き従う人々や傭兵たちが、百数十名、荒野をうろうろしている。うろうろしているのは、野営を張りながら、辺境のどこかに自分たちの信仰にもとづいた町を造ろうとしているから。数十人いる傭兵たちの料金は、無料。というのも、全員、信者だから。傭兵は誰も彼も、『ベルセルク』のガッツみたいな無茶な筋肉の付き方をしている。この寒帯で、いったい何を食べていればそういう体つきになるのか。

 僧正は、発狂している。
 両目の瞳孔がすっかり萎縮してしまって、ほとんど黒点になっている。
 僧正のこの状態は、神憑りがとけないのか、ただ単に惚けているだけなのかは、誰にもわからない。
 多くの僧侶たちと、付き従う人々・傭兵たちは、僧正の放心状態について、「神憑りがとけない」と思っているけれど、教派のNo.2は、「ただ単に惚けているだけ」と思っている。
 そこで、僧正を殺害するNo.2。
 いきなり尖った石で、僧正の後頭部を打撲。
 僧正を殺害するに当たっての、その動機は不明。
 異端教派の、だれもかれもが、発狂した僧正の死を嘆き悲しむ。
「さあ、白い紙を持ってきた。誰か、字の書ける奴は、俺のこの悲しみを書き取ってくれ!」
 傭兵の一人が、泣きながら、白紙の束をふりかざす。
 その一方で、さっそく、傭兵たちの手によって拷問にかけられるNo.2。
 拷問器具は、すべり台のように斜めに立てた巨大な鉄板をバーナーで熱して、そこに被拷問者を押しつけたり、鉄板を抱きしめさせたりするというもの。『封神演技』における炮烙(ほうらく)のようなシステム。
 今回は特別に重機(クレーン車)が用いられる。つまり、No.2の頭部をクレーンではさみ、顔面を中心にして、熱した鉄板に押しつけるということになっている。
 これが、No.2への拷問なのか、処刑なのかは、誰にもわからない。
 拷問器具で顔面を焼かれたNo.2の顔は、どことなく、タイムマシンが爆発してして黒こげになってしまったエメット・ブラウン@『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に似ている。
by warabannshi | 2008-12-14 13:40 | 夢日記 | Comments(0)
第215夜 「布屋敷の差分バックアップ・システム」*
 布屋敷のある部屋のなかで、仰向けに横たわったまま、横にスライスされている。
 スライスの一枚一枚の厚さは、極薄なので、出血もしないし痛みも感じない。
 それに、布屋敷の差分バックアップ・システムが正常に機能しているおかげで、スライスされた箇所は瞬時に修復される。
 だから、スライスされていても、まったく問題はない。
 まったく問題はないのだが、ただ横たわってスライスされて続けるというのも苦しい。
 横たわっているせいでみえないはずなのだが、頭の向いている方向には、左巻きに螺旋を描く、小さな窓が無数にあいている廊下がある。
 とりあえず、この部屋を出よう。
 そう思って、起きあがる。
 すると、差分バックアップ・システムが誤作動を起こして、起きあがる一瞬一瞬の動作がこの部屋に保存され、それが残像として残ってしまう。
 堆積して、まるで帯のように宙空に残っている、無数の自分のレイヤー。起きあがる一連の軌跡を描いている、無数の点状のうち。それを見ている眼球もまた、補正がかかるせいで、複数から無数に、分化していく。
 これじゃあどうしようもないな、と思う。
 おとなしくもとの、横たわった体勢に戻る。
 すると、宙空に維持されていた自分の諸層が、一枚一枚はがれていく。消えていく。
by warabannshi | 2008-12-07 12:13 | 夢日記 | Comments(0)
第214夜 「学会報告:“慢性”(=“動物性”)という語の使用について」
 どこかの幼稚園。
 あと数分で、この幼稚園の体育館で開かれている、なにかの学会で報告をしなければならない。なのに、髪の毛にはぐしゃぐしゃに寝癖がついている。
「整髪剤ってない?」
 やはり発表を控えている友人Uにたずねる。
「粉チーズならあるよ」
 仕方がないので、KRAFTの粉チーズを頭にふりかけて髪型をセットする。
 意外なほどにうまくいく。
「壇上のトマトジュースの空き缶のなかには録音マイクが仕掛けてあるから飲んじゃダメだ」
 友人Uの忠告。
 そうだ。いままでここで講演を行ってきた歴代の人々、……フルトヴェングラーから、塩谷さん、樫村さんまでの音声データが、すべてあのトマトジュースの空き缶のなかにある録音装置に保存されているのだ。
 そこに自分の声も録音されることになるとは畏れおおいことだ。

 念のために原稿の最終チェック。
 間違った文章を書き込むと、その文章が消えるほぼ日手帳に、論文の要旨を書く。
「“慢性”(=“動物性”)ということばは、リビドーに翻弄される中学生の悲惨さを意識的に考えないようにしなくては、とても日常語としては使えない。」
 書いた文章は、句読点を打った瞬間にみるみる薄くなって、消える。
by warabannshi | 2008-12-01 08:28 | 夢日記 | Comments(0)



夢日記、読書メモ、レジュメなどの保管場所。
by warabannshi
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
twitter
カテゴリ
全体
翻訳(英→日)
論文・レジュメ
塩谷賢発言集
夢日記
メモ
その他
検索
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 11月
2004年 08月
2001年 12月
記事ランキング