<   2009年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧
第233夜 「のっぺらぼう」
 京王バスに乗って、ふつうの道路を移動している。運転席の、すぐ後ろの、他の座席より一段高くなっている狭い座席に座っている。
 夕方で、夜にものすごい大雨が降ることがすでに予報されている。
 四五〇円くらいのプラスチック傘を座席とバスの車体の壁のあいだに挟んでいるので、その大雨の予報に対して準備はしている。四五〇円くらいのプラスチック傘は、一〇〇円くらいの安物傘に比べると段違いに丈夫で大きいから、そんなに濡れないだろう。けれど、どういうわけか疲労が濃い。丈夫な傘があっても、大雨の路傍でしゃがみこみそうな気がしている。
 携帯電話には、いくつかのメールが届いている。
【第一のメール 「絶縁体委員会 T」】
「Tです。**温泉で、運勢開発のおみくじと+++の携帯電話ストラップを買ったら、さらに絶縁体に近づけたような気がしました。まだ大学にいるなら生協の食堂で特製カレーを食べましょう! 459円です!」
(「絶縁体」、とは、「絶対運勢」の隠語)
【第二のメール 「///勉強会のお知らせ」】
 詳細は忘却。地熱か地球の磁場に関するなにかの勉強会を、復活させるか、開始したいという旨。あまり気が乗らないが、Sさんも参加するらしいので、その点で一回は出てみようと思う。
【その他のメール】
 いくつか届いていたが、すべて忘却。
 そのうちの一通は、中国の青銅器を集めている静かな美術館(鶴岡のほうにある?)のクーポン券。

 夕方の、井の頭線永福町駅前に、バスが到着する。
 数名いたはずの乗客は、なぜか自分と、ゼミの後輩Kのみ。
「太田さん、夜から大雨なの、知っていましたか?」
「もちろん知ってるよ」
「じゃあ、傘がないとマズくないですか」
「傘は持っていたんだよ。でもいつの間にか無くなっている」
 そう、傘はいつの間にか無くなっている。
 バスの座席に置き忘れてきたのだろうか。それとも、傘を持ってバスを降りたある段階で、忽然と消えて自分もKも気づかないでいられたのだろうか。
「あー、そこらへんに、コンビニの店先とかに傘は落ちているから、問題はない」
「ダメですよ、他のヒトの傘を拾っちゃ。
 俺、自転車とってきます」
 しばらくするとKは、黒いBMX(曲芸乗り用の自転車)に乗ってくる。
 だが、Kと二人でどこに行こうとしているのかは不明。
 永福町駅前には百台ほどの路駐の自転車があり、かなり高い割合で、大きめの傘がサドルの下のフレームの、台形の空間に刺さっている。どれか一本、窃盗したい、と思いながらKと北口商店街を歩き出す。商店街に人影は、まばら。
 商店街の左手はいつのまにか造成地になっていて、盛り土がされたうえに、また何十台も自転車が路駐されている。
 その造成地の盛り土がなされた、ひときわ高いところに、スーツを着た髪の長いOLが立っている。
 その光景が非常に不吉だったので、
「あのOL、たぶんのっぺらぼうだよ」とKに言う。「眼も口もないアンパンマンの、けれど赤い鼻だけはついているような、のっぺらぼうだよ。早く通りすぎないと、のっぺらぼうに食われるよ。のっぺらぼうの顔は、眼も口もないぶんだけ、よく伸びる。伸びた顔に巻かれて、顔に食われるよ」
 そう言いながら、BMXに乗ったKを急かす。
 途中で、一人の中年男性とすれ違う。
「あの人はもうすぐ、のっぽらぼうに食われるよ。悲鳴を聞くと引き返したくなるから急がなければ」
 その中年男性がのっぺらぼうに食われたのか、食われなかったのか。造成地の高台に立って、路駐の自転車を見下ろしていたOLは、そもそも本当にのっぺらぼうだったのか。のっぺらぼうだとしても、食人のっぺらぼうなのか。アンパンマンの鼻だけついているようなのっぺらぼうなのか。ふり返らなかったので詳細はわからない。
by warabannshi | 2009-01-30 20:09 | 夢日記 | Comments(0)
第232夜 「壊れたプールに活かされる、セル塗りの技法」
 どこかの小学校に遊びに来ている。正確には、千葉駅に向かう長距離バスが、どういう都合でか、この小学校の前で停まってしまったために、暇なのでこの小学校に遊びに来ている。
「この長距離バスの座席は一等だけれど、あんたは三等だね」
と、停まっているバスの運転手に、若い男性がからかうように言っている。彼は、彼がかぶっていた野球帽のつばをバスの運転手につままれて、ぐっと下げられる。これもふざけてのことだろう。

 小学校は五階建てで、けれど小学生たちに使われているのは三階まで。
 五階は江戸時代の農家の内装を再現した民俗資料館や、十五メートル四方くらいの室内プールがある。
 四階に何があるかは知らない。
 室内プールは壊れていて、そこで四十人くらいの小学生たちがなにかをしている。
 四十人のうち、半分くらいはまるで湯船につかっているように裸で、プールの底に腰を下ろしてにこにこ笑っている。その無防備すぎる笑顔が、彼らに知的障害があることを教える。彼らは養護学級の生徒だろうか。なんとなく、松本大洋の描く子供に似ている。『鉄コン筋クリート』のシロとか。
 他の半分の生徒は、熱心に絵の具のパレットを持って、壊れたプールの床にしゃがみこんで絵を描き込んでいる。服は着ている。
 そう思っていたら、じつは、裸でにこにこ笑っている二十人くらいの生徒たちは、みんな壊れたプールの床にしゃがみこんで絵を描いている二十人くらいの生徒たちに描かれた絵だった。
 ものすごく巧い。
 プールに近づいて、よく見ると、セル塗りの技法が活かされている。
「じつは民俗資料館の内装も、昔の生徒たちがひとつひとつ作ったものなんですよ」
 どうやら先生らしい五十代くらいの小柄な女性が言う。
「やー、このプールの絵も、後世に伝わっていくものだと思いますよ」
 琳派とか、浮世絵の技法と同じように、セル塗りも、二百年後の人々からすれば、ジャパンの卓越した技法の一つとみなされるだろう。

 長距離バスは動きだし、千葉駅に着く。
 Mr.オクレにそっくりな男性に、遅延のお詫びに千葉駅発の電車の切符と、おもちゃの五千円札を渡される。(しかし、切符は使用済み)
by warabannshi | 2009-01-29 09:27 | 夢日記 | Comments(0)
05.
2009.1.28(WED) 14:18
JR谷保駅前、レストラン「すえひろ亭」
藤枝さん、太田

「源氏物語で、六条御息所がスピリチュアル・アタックをしかけた相手って、だれだったっけ」
「突然だね。なんで?」
「葵の上?」
「そんな名前じゃなかった気がする」
「紫の上?」
「色の問題なの?」
「光源氏が小さいころから自分好みに育てた女の子の名前、なんていったっけ。葵の上だっけ、紫の上だっけ」
「やー、忘れちゃったよ。
 でも、光源氏って嫌いなんだよね。『源氏物語』って、高校のときの模試とかでしか読んだことないんだけど、毎回、付き合ってる人が違うじゃない。お前だれだよ、帰れ帰れ! ってならない? 光源氏に対して」
「うーん」
「『あさきゆめみし』とか、もう全員美形で、末摘花以外、誰が誰だかわかんないし。
 とっかえひっかえとか、もう、最低」
「いや、うちもとっかえひっかえだから」
「とっかえひっかえ、いろんな所でふられていただけでしょう」
「とっかえひっかえには変わりないじゃん」
by warabannshi | 2009-01-29 01:23 | Comments(0)
第231夜 「崖の上の中学校」
 海抜二百メートルくらいの崖の上に、中学校がある。私立・名門。
 崖はほとんど垂直に切り立っていて、中学校の二百メートルくらい下は、入り江の砂浜の波打ち際がはじまっている。入り江は小さい方ではあるけれど、日本離れした印象がある。地中海に面した諸島には、こんな入り江がありそうに思う。『紅の豚』でポルコ・ロッソが彼の赤い飛行艇を停泊させている入り江は、あれは地中海だったか、アドリア海だったか。ともかくそんな感じの入り江。

 そんな感じの入り江が、窓の直下によく見える、中学校のコンピューター・ルーム。
 そこで、友人Kと、友人Hの遺稿集を編んでいる。
 遺稿集は、もちろん友人Hのかつての作品をメインにしている。
 けれど、友人Hにまつわる他の人々の記憶や思念も、遺稿集には編み込まれる。
 なので、それらの記憶や思念を***(空気中の死者成分。名前失念)から析出するために、中学六年生用のもっとも高性能なコンピューターを借りている。
 自分は、この中学校のコンピューター・ルームの室長なので、役得。
 高性能のコンピューターは、マシンとつながった専用のヘッドセットをつけて操作する。自分の眼球運動で***から、必要な記憶や思念を、見つけ、選び、それをディスプレイにまで運ぶ。
 ヘッドセットを付けているのはうち。友人Kは、そのファイルを印刷したり、エクセルにまとめたりする係。
「こういうのって、ウィルスに感染する危険はないの?」
 友人Kが訊いてくる。
「あるけど、いまはファイルをディスプレイに運ぶだけだから大丈夫。***のなかでファイルを開くと、感染する危険が高いけれど」
 そんなふうに答えながら、友人Hに関係ない安全そうなファイルを***のなかで開いてみる。


[この中学校に赴任した、新任の女性教師の音声]
 「いやー、さすがに名門校だなって思いましたよ。昼休みに校長先生に、今度の日展は何日までですか、って訊いていた生徒たちがいたのを見て、雰囲気がちがうなあと。この前に日展には、ピサロが呼ばれていましたよね。あれ? ちがいましたっけ?」
by warabannshi | 2009-01-27 07:24 | 夢日記 | Comments(0)
(無題)
 If you have any enterprise before you, try it in your old familiar clothes.
 Be careful to all enterprises that require new clothes.
 If you are not a new man, how can the new clothes be made to fit?
by warabannshi | 2009-01-26 23:21 | Comments(0)
第230夜 「assuまでは合っている」
 三、四人の英語圏の外人旅行者たちの、東京案内をしている。
 山手線に乗りながら、
「I assure that ...」
「I assure that ...」をくり返す自分。
 けれど、じつは言いたかったのは、assure(確信する)ではなく、assume(仮定する)。
 assuまでは合っているが、assuだけではまったく用をなさない。
by warabannshi | 2009-01-21 08:51 | 夢日記 | Comments(0)
第229夜 「世界は菌糸をおおっている」
【黒いタートルネックの記憶】
 [外部服用効果破棄]とプリントされたテープでぐるぐる巻きにされた自動販売機がある。もとは、チオビタドリンクなどの栄養剤が売られていたものらしい。
 かつて黒いタートルネックを着ていた***は、小学校の頃の友人たち数名と、源氏物語の劇をつくるために、そのタートルネックを着て、稽古に励んでいる。
 ***は光源氏の役なのだが、色気がないとか、淡白だとか、さんざな言われよう。
「***、女の子と寝たことないでしょ。おっぱい揉んだことある?」
 いまは幼稚園の保母さんをしている、強気な女子が***をからかう。
「三人の女の子と寝たことありますし、おっぱい揉んだこともありますよ」
 たぶん、君より寝た相手の数は多いですよ、という文句を***が自粛したことも、黒いタートルネックは記憶している。
「いずれにせよ、***はもっと光源氏っぽくならなきゃ。ヘソのゴマを取るとかして」と、演出のバスケットボール・プレイヤーが言う。
「ヘソのゴマと色気となんの関係があるんですか?」
 そう言いながら、***は、ヘソのゴマの有無と色気の有無は、あながち無関係ではないと思う。

 そんな***の着ていた、その黒いタートルネックを、いまはうちが着ている。
 そして、真っ白いキノコが、地上のいたるところから生えだしてきている。
 地下でなにかが爆発したように数えきれないほどキノコは生えだしている。キノコの子実体のサイズはまちまちだが、すべて同じ種類に見える。ソメイヨシノのひこばえのように細長く三十センチくらい伸びているのもあるし、シイタケみたいなのがわらわらと群生していたりもする。大きいものでも膝下ぐらいまでしかないのがせめてもの救い。けれど、埃のような胞子をひっきりなしに飛ばすせいで、空気がけむい。
 菌糸の株は一つなのだろうか? ドイツかどこかの森で、森の端と端のキノコの遺伝子を調べたら、なんと二キロほど離れている両地点で同じ遺伝子が採取されたという。つまり、森の下には大きな一つの菌糸の株があったのだ。という話を思い出す。
 そういうとき、「森を菌糸がおおっている」というよりも、「菌糸を森がおおっている」という表現が正しいと思う。
 そういう巨大キノコの小咄を思い出しているうちは、セレブレティ。
 別荘と本宅の二つを、気ままに行き来できるような身分。本宅に不都合があれば、別荘に帰ればいいし、別荘に不都合があったら、本宅に帰ればいい。そんなお気楽生活。
 とは言っても、別荘と本宅は、ゆるい崖と森で分かたれているだけで、百メートルも離れていない。
 そして、本宅も別荘の周りの地面は、ほとんど完全に、真っ白いキノコ群に覆い尽くされている。非常に気持ちがわるい。
 自転車の前輪で、無数の子実体をけちらしながら、本宅に向かって自転車をひいて歩いていく。自転車に乗らないのは、キノコのせいでスリップしそうだし、転んで傷口から胞子が入ったらどうなるかわからないから。
 そう考えていると、全身の毛穴から糸のような子実体を吹きださせた人間が、よろよろしながら森を歩いていった。自分も、頭髪の毛根あたりから、そうとう糸状のキノコが生えだしているのだろう。けれど、怖くて頭を触る気になれない。
by warabannshi | 2009-01-19 08:19 | 夢日記 | Comments(0)
第228夜 「思念通信、またの名を“死霊の盆踊り”」
 思念通信のバッジを付けることが義務化されている。ニコニコマーク、と言えばいいのか、アメリカンかつシンプルな笑顔が黄色いバッジにプリントされている、その思念通信のバッジを、諸市民は常に身につけていなければならない。
 思念通信バッジを付けている者同士でなら、たとえば以下のようなことが可能だ。
[case.1]
 エレベーターに乗っている、思念通信バッジをつけた三人ほどの人々。
 そこに、あたらしくおばさんが乗ってくる。
 三人は口々に、「お悔やみ申し上げます」、「お悔やみ申し上げます」とそのおばさんに礼をする。
 思念通信バッジが、そのおばさんの身内に不幸があったことを三人に知らせたのだ。
 けれど、思念通信で伝わるのは、日常用に言語化されていない思念なので、プライバシーは保護される。

 もちろん、思念通信バッジを身につけることを、頑なに拒否する一群がいる。
 自分もその一人だ。
 彼らの間では、思念通信バッジは、“フランクリンバッジ”や“死霊の盆踊り”という別称で呼ばれることが多い。“死霊の盆踊り”は思念通信バッジを受け入れている人たちを揶揄した呼び名かもしれない。そこらへんはまざってしまって、よくわからない。
「でも、死者との通信こそが、“フランクリンバッジ”を開発するそもそもの目的だったらしいよ」
 真っ黄色のパプリカみたいな服を着た、名前の知らない女の子が言う。
「死者にとっては、あの世とこの世も、男女の性別も関係ないでしょ? だから、生きている人のあいだで思念通信が可能になったんだって」
「じゃあ、あれって死んでいる人を媒介にして、思念を飛ばしているんだ?」
 おりしもそのとき、乗っていたリニアモーターカーが脱線する。
 エイリアンを轢いたらしい、という車内放送。
by warabannshi | 2009-01-18 10:44 | 夢日記 | Comments(0)
第227夜 「戦時中、緑化公園での、オムニバス」
 海沿いの広大な緑化公園。緑化公園を俯瞰すると、大きな十字型になっていて、十字型の棒の部分は、幅が二十メートルほどもある、右側通行の散歩道になっている。十字型の、交叉する部分は円形の広場になっていて、アスレチックの遊具がおいてある。整備が行き届いていて、活気もある。
 緑化公園のそばには海軍基地があり、軍港としての活気もある。軍に関連する工科大学も併設されているので、街にも、緑化公園にも、学生は多い。
 じっさいの真珠湾も、映画の『パールハーバー』も観ていないけれど、1941年12月8日以前の真珠湾は、だいたいこんな風景だったのではないだろうか、と思う。
 その緑化公園での、オムニバス。

【“秘密基地”を教えたくない兄、そして弟】
 人体錬成以前のエルリック兄弟@『鋼の錬金術師』みたいな、十歳ぐらいの兄弟。
 プログラミングに才能を持つ兄は、工科大学の学生たちと組んで、インターネット上に“秘密基地”を作っている。弟は“秘密基地”の存在に気がついているけれど、IDとパスワードがないために、兄たちの“秘密基地”に入ることができない。
 弟は兄にせがんで、IDとパスワードを教えて貰おうとするが、兄は聞き入れない。
「じゃあ、お前がこのUSBを見つけることができたら、そのなかに入ってるIDとパスワードを使っていいよ。ただし、おれが先にUSBを見つけたら、お前の負けね」
 兄はそう言うと、USBを、二つに割った練り歯磨き粉のチューブのなかに入れる。
 そして、それを家の屋上(三階建ての、さらに屋上?)から、緑化公園めがけて、投げる!
 弟は緑化公園めざして走り出す。
 けれど、兄の手の中には、さっきのUSB入り練り歯磨き粉のチューブ。
 さっき放り投げたのは、ふつうの練り歯磨き粉のチューブだ。
(どこでこれを先に見つけた、と言い張ろうか……)
 兄は、USB入り練り歯磨き粉のチューブを片手に緑化公園をうろうろする。
 途中で、工科大学の学生が、街路の脇にある、非常用の消火器が入っているボックスのなかからどこかのカギを取り出すのを見て、「これだ!」と思う。けれど、まさか消火器のボックスを歯磨き粉のチューブが貫通した、と言うことはできない。


【梅の木に登ると、死者と交信ができるという噂】
 緑化公園のはずれに生えている梅の木に登ると、死者と更新ができるという噂があるので、面白半分に工科大学の男子学生が登ってみる。
 ほとんど梅の木の梢あたりで、その梢に片耳をくっつけてみる。
 すると、重度の痴呆症の祖父の声が、明確に頭のなかに聞こえてくる。
(痴呆症になった祖父は、生物学的には生きているけれど、死者としてあつかわれているのか?)
 驚きながら、それを疑問視する男子学生。
 

【大尉と、四十年ぶりの仲間たち】
 口髭の大尉。だいたい四十歳半ばくらい。
 白っぽい軍服は、大尉だから着ているのか、所属している部署の全員が白っぽい軍服なのか、わからない。
 ずいぶんと犬歯が長いので、口を開けて笑うとドラキュラのように見える。彼はドラキュラほど、ゴシックホラーな性格ではないので、親類の子供たちにせがまれるとドラキュラの真似をてしておどけてみせる。
 いまは一週間の停泊中なので、バナナを食べながら、緑化公園を散歩している。
 緑化公園の交叉している部分の広場には、工科大学の男子学生たちが十数人、ヘッドホンをつけたまま、棒立ちになってぼんやりとしている。アスレチック遊具から飛び降りたり、ボール投げをしたりしてはしゃぎまわっている幼児たち、子ども達のなかで、立ち尽くしている彼らの姿は異様。
(そういうパフォーマンスをやっているのか?)といぶかしむ大尉。
 またバナナを食べながら散歩のつづきをしていると、妙に後ろに気配を感じる。
 無視しようとしていたが、どんどん気配が背中に近づいてくるので、思わずふり向く。
「***{名前失念}!」
 とても懐かしい顔。大尉が小学校のときの同級生がそこにいる。軍服姿で。
「***も軍属だったのか!」
「+++も、ルサンチマンも、軍属なんだよ。ほら、前にいるじゃん」
 大尉がさらにふり返ると、やはり小学校のときの同級生の+++とルサンチマンがいる。やはり、軍服姿で。
「ひさしぶりだな。四十年ぶりぐらい?」
「いや、そんなには経っていないだろう。そのバナナ、どうしたの?」
「まさか配給の交換で?」
「いや、ちょっとね。錬金術で」
「さすが、○○○{大尉の名前}。女にはモテたからな」
「ところで、ごめん、名前を聞いてもいい? 思い出せないんだ」
 +++とルサンチマンの他にいる、小太りの軍服の男は、大尉からそう言われると恐縮そうに、
「いえ、たぶん私は同級生ではないと思います……。+++さんとルサンチマンさんとお会いしたのが……」
「さん付けはやめてれませんか。ルサンチマンで結構」
 ルサンチマンが苛立ったように、小太りの男の発言をさえぎる。
「すいません。不動産業をやっていたころの癖で……」
 小太りの男は必要以上に恐縮する。ルサンチマンが苛立つのも無理はない、と思う大尉。
「さん、を付けるとそういう山みたいになっちゃうからな。ルサンチマン山。ルサンチマン山のほがらかな朝焼け。ルサンチマン山のカッコーの呼び声」
 大尉は、集団の雰囲気が悪くなりそうなとき、いつもこうやっておどけてみせる。
by warabannshi | 2009-01-15 11:06 | 夢日記 | Comments(0)
第226夜 「五円玉のご縁」
 カトリックの諸聖地を、三人でマウンテンバイクで回っている。うち以外の二人の顔を、うちは知らない。
 いまは、フランス、モン・サン・ミシェル修道院付近の、坂の多い、というか平坦な道がない小さな街にいる。初夏。街並みは、ジブリがどこかでぜったいに描いていそうな風景。『ハウルの動く城』の最初のシーンで出てくる街の、蒸気機関系をもうちょっと慎ましくしたような感じ。あるいは『魔女の宅急便』の海の見える街を、四分の一くらいに縮めたような。

 パン屋に入って、クロワッサン(三日月型ではなく、楕円形の)をひとつだけ、買う。
 店番のお姉さんは、典型的なフランス人の美人。
「25 yen」
 なんと、ここでは円が使えるのか。と感激する。おまけに安い。
 嬉しくなったので、ぜんぶ五円玉で25円を支払う。
「These coins are five-yen-coin. five-yen-coin have fortunate of spiritual connection.」
 五円玉のご縁を、賽銭の風習の前提なしに説明するのはむずかしい、と思う。
 クロワッサンは非常に美味だったので、半分だけ食べて、あとは夜にコーヒーを飲みながら食べようと思い、残しておいた。
by warabannshi | 2009-01-14 11:24 | 夢日記 | Comments(0)



夢日記、読書メモ、レジュメなどの保管場所。
by warabannshi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
twitter
カテゴリ
全体
翻訳(英→日)
論文・レジュメ
塩谷賢発言集
夢日記
メモ
その他
検索
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 11月
2004年 08月
2001年 12月
記事ランキング