<   2009年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧
◆塩谷賢「科学哲学」講義@法政大学 #1 :09年9月21日
私がここでなにをやるかというと、「なぜいまあなたは哲学ということをするの?」という問いかけを――やってみせるというのはおこがましいな――というのも僕も「哲学とは何か」ということをわかっていないからなのです。僕がそうだと思っていることを一緒に「こうかなあ?」と皆さんの顔を見ながら話しをするつもりでやってみたいと思います。前もっての資料を用意するべきなのですが、そういうその場その場で湧いてくる話題をしゃべるので、持ってきていません。僕がコンテナに知識をつめて皆さんのところにもってくるということはしません。皆さんの顔を見て、目を見て、こういうことに関心がありそうだな、というのを察してしゃべります。意外とこれが正確なんですよ。
pp.1-2

 哲学は、「どう問うか」ということを考えてきた。問いたいことはみんなあるんですよ。人生の意味、死について、愛について。でも、同じような意味で「科学」というのは問いたい問いになるでしょうか。
 僕は問いたいです。
 例えば、死というのは僕にとってもものすごい大事な、必ず来るらしい――どうも僕は死ぬ気はしないんだけどね、もしかしたら死なないんじゃないかと思っているんだけれど――ことである。このまえ、車を運転していたら突然人が飛びだしてきて、ブレーキを踏んでハンドルを切って、壁にぶつかる! と思ったときは、死ぬ事を考えました。そういうとき、「死とはなんだろう?」と問いたくなるよね。
 しかし、科学というのはそういうふうに問いたい問いでしょうか? 多くの人は言います。現代は科学のただなかに生きている、携帯を持っていない人はほとんどいないし、メールを使ったりパソコンを使って検索しない人もいない。GPSなんて軍事設備を最近は徘徊老人や子どもの誘拐防止のために使っている。飯を食うにも、自然農法がクローズアップされるほど食品添加物だ農薬だと騒がれている、けれど、それらは入れないと流通システムが成り立たない。科学は、愛とか、死とか、人生や世界の意味とかよりも、ある意味でものすごく陰険な問題のあり方なんですよ。
p.9

 (……)記述している現象が科学といわれることは、どういうことなのか。そういうことを、僕は哲学として知りたい。これはギリシャ的な伝統なのかもしれないけれど、哲学はことの本質を知る、ただ記述するだけではなく、本質を知る。科学といわれる本質はなにか。この本質も、なにかあるものがあって、と想定して本質といっていいのか。つまり、実在論や観念論、という話の以前に、ここにチョークがあります、けれどチョークがあるのはパトナム(Hilary Putnam、1926-)の言うところの「桶の中の脳」 の見ている夢のなかかもしれない。でも、日常にそんな問いを立てる人はいない。哲学はそれをやる。業(ごう)としてそういう問いを立ててしまう。どうやってその業をまっとうするか? ということを考える上で、科学というものは非常によろしいものがあるのだということです。逆にそれが西洋の伝統のなかにたくさん入っていた基礎的な概念、「真理」「実体」「普遍」というものをコントラストしてすこしだけ覗かせてくれるかもしれない。だから、僕らにとってまともではない、というのはちょっと言い過ぎですが、僕らの体に染み込んでいないような哲学に対してあえて穿った問いを立てる材料として、科学というものを出しました。
pp.14-15


●塩谷賢「科学哲学」講義@法政大学 #1 :09年9月21日

改訂版→●塩谷賢「科学哲学」講義@法政大学 #1 :09年9月21日
改訂された部分:
※註1・2は議論の中身には関係しないので省略。
※註3について、レゲインとロゴスとの関連は特にハイデガーに限定する必要はない。
※3ページ ×新田義貞→○新田義弘
※11ページ アリストテレスに関する註
固有名=個体=実体という図式が出来ているが、アリストテレスにおいてこれら三つは全く別ものであるため消去。
※12ページ 『アラベールとエロイーズ』について
『アラベールとエロイーズ』は一般的に演劇化にされていないようなので、改訂。
※14ページ ×存在証明わ→○存在証明を
※14ページ ×神の機関→○神の器官
※14ページ 「クワイン」ではなく、「パトナム」。ヒラリー・パトナムの師匠がクワインで、クワインは「桶の中の脳」については触れていない。

※誤字脱字、わかりにくい箇所、註釈が必要と思われる語彙など、お気づきの点はなんでもコメント欄、メール等にてご報告ください。
by warabannshi | 2009-09-29 13:03 | 塩谷賢発言集 | Comments(3)
第292夜「温泉」
 活火山の調査のため、方々から来た調査隊と一緒に、ふもとの温泉旅館に泊まっている。
 一人、リフトに乗って危険な火口近くまで行き、灰のサンプルを先駆けて持ち帰った功労により、一番風呂の権利を得る。
「これで鮎の塩焼きでも食べられたら最高だにゃあ」
「釣りに行こう! ビールも買おう!」
 同じ調査隊のメンバーである友人I(男)と友人M(女)と三人で肩を組みながら、ごきげんな気分で浴場に行く。そしてそのまま三人そろって男湯の脱衣所に入る。
「あれ、M、女湯は隣りだよ?」
「いいじゃん。沸いているのは女湯も男湯も同じ湯だよ」
 そういうロジックか、と思いながら灰まみれの服を脱ぐ。三人で湯壺に入って鮎の料理法について話していると、脱衣所でがやがやと声がする。
「まずい、他の調査隊かも」
 Iが率先して脱衣所に見に行く。Iは柘榴口でしきりにジェスチャーをはじめるが、私は眼鏡をかけていないためによくわからない。
 彼が放ったバスタオルをキャッチして、Mに渡す。
「これを体にきつく巻けば女かどうかなんてわかんないよ」
 でもMの顔は紛れもなく女であるし、ほのかな麻のような匂いは隠しようがない。
by warabannshi | 2009-09-27 09:41 | 夢日記 | Comments(0)
第291夜「絶対零度」
 手を叩くたびに、瞬間的に絶対零度の一点を作ることができる男になぶられている。「神」を自称するその男は、スーツ姿で空中に浮遊している。その微笑みはかぎりなく幼児的かつうさん臭い。だいたい絶対零度のそれも空中浮遊も、スタッフが裏でON/OFFスイッチを切り替えるような代物に違いないのだ。
 やや広めの実験室で、浮いた「神」が手を叩くたびに金属的な「パキョッ」「パキョッ」という音がする。被験体として集められ、脱走を試みて失敗した十人ばかりの男女(私を含む)は、その音が鳴るたびに逃げ惑う。不意に、一人の男性の右手首から先が消失する。「神」の作り出した-273℃の一点に巻き込まれたのだ。数秒の間をおいて手首の断面から出血が始まる。
 こういう状況下でできることは限られている。①全員で「神」に襲いかかる。②なんとかして「神」に延命を嘆願する。③舌を噛んで自害。皆はパニクっているので①は無理。「神」の性格からして②は問題外。となると③しかない。べつに舌を噛むことはない。突っ立っていれば「神」が私を殺すだろう。
 逃げるのをやめ、ワイシャツの乱れを直していると、恐れない者には興味がないかのように、「神」は私の横をすり抜けていく。
by warabannshi | 2009-09-25 07:51 | 夢日記 | Comments(0)
●活動期間を、年単位ではなく、日単位で数えること。
 昨日、生まれてから9000日目を迎えた。つまり、今日は生まれてから9001日目であり、明日は9002日目で、順調に生きつづければ2012年6月19日に、生まれてから10000日目を迎えることになる。これはそれなりに感慨深い。
 「24歳になった」と考えるよりも、「生後8766日目を迎えた」という言い方のほうが、私には馴染む。というのも、年単位で時間を考えることは日常生活のなかであまりないし、年周期でなにかを祝うのは盆や正月、豊作祈願など、共同性をともなう祭り・儀礼だけだ。私の誕生日は誰かをまきこんでの祭りではないし、儀礼でもない。そんなたいそうなものではない。それに、私の生まれた1985年2月1日は、例えば1986年2月1日と何の関係もないし、2010年2月1日、3198年2月1日、1896年2月1日とも関係がない、すでに過ぎ去ってしまったある一日だ。

 自分には何か人間的なものが欠けていたに違いないということについて、そして人間性を装った態度について、8000日目を迎えたころは考えていた。そしていまも不意に考えることがある。「私は結局のところ“アンドロイド”ではない」。これは二年前の元旦に手帳に書かれた走り書きで、その後の二年と九カ月余間の考え事のほぼすべてを先取りして要約している。
 かつて自分が正しくない場所に書きとめたメモを私は何度も書き写すことがある。それらは元の場所では仕事ができない。それらは正しい場所においてのみ十分に仕事ができる。頑是ない自己言及をいままた書き写すのは、「私は結局のところ“アンドロイド”ではない」にもかかわらず(?)、“アンドロイド”という単語、それに誘われるイメージに、相変わらず奇妙に憑かれているからだ。

 (私を含めた)ある一群にとって、人工知能を巡る問いかけは、メタファーのレベルで重要だと思う。
 つまり、「感情なんて、生きていくうえで邪魔なだけではないのか?」と知らず知らずのうちに思う一群にとって、人間の手によって、そして人間の手から離れて進歩していく人工知能は、彼ら自身の鏡像である。いまの状況を語るための語彙。機械の役割はここまで、という割りきり。アンドロイドは、人間への入門の可能性を教えてくれるメタファーであり、チャンスなのだ。これからも。
by warabannshi | 2009-09-24 22:21 | Comments(0)
第290夜「灯台守」*
 灯台守を務めることになり、それまで四人の仲間(動物生態学者の見習い)とシェアして暮らしていたアパルトマンから引っ越すことになる。自分の荷物を取りに行くために徹夜で部屋まで歩く。引越しの感傷にひたりながら、板チョコがうまい。
 昧爽、ドアを開けると、さっそくロフトへ上る階段に仲間の一人(女性、27歳くらい、スーツ姿)が寝袋で寝ている。まだ彼女には引越しのことは伝えていない。嫉妬深い仲間たちには、何も知らせたくはない。寝袋を揺すり、起こすと、不機嫌そうに彼女は言う。
「今日の朝から、オオタカ(私の渾名)の部屋を借りるよ」
「構わないですけど、吐くほど汚いですよ」
 ロフトの上の自室を開けると、ボアの骨格標本が転がりでてくる。
「何これ、サンマの骨?」
「どんだけデカいサンマですか」

 やがて、私が灯台守になったことを仲間たちは知り、嫉妬のために私に強姦の冤罪を着せようとする。
「このテープを聞いてください」
 裁判所で、中国系アメリカ人の友人(女性、同年代)が、いつの間にか私との会話を録音してコラージュした、強姦の“証拠物件”を流す。コラージュは信じられないほどの完成度で、いっそ清々しい。
by warabannshi | 2009-09-23 10:10 | 夢日記 | Comments(0)
第289夜「ファラオ」*
 友人Gが私を糾弾するビラをノートパソコンで作っている。
「太田和彦は所詮ファラオであり、怪獣と話す力もない」
 ファラオとは近親相姦者、神を気取る者、盗作者を意味する隠語。いったいなぜGからいわれのない(そして意味不明な)誹謗を受けねばならないのかわからない。けれど、がーがー文句を言い立てても不毛な結果に終わると思うので、「ちょっと貸して」とGからノートパソコンを受け取り、文面を書き変える。
「太田和彦はいままでもずっとファラオであったし、怪獣は彼自身である」
 毒をもって毒を制す。
 これは解釈の問題なのだ。
 出産とは自らの体をペニスとして母を犯すことであり、人は自らのパースペクティヴを唯一の仮象=世界として生きる。言葉をしゃべるということは先人たちの遺産を無断で使っているということだ。そして、怪獣はいつもそれぞれの人の心のうちにある。
「そんなことをしても予算はおりないよ」とG。
そうか、この中傷ビラは予算を下ろさせないための工作か。
「いざとなったらポケットマネーを使うさ」
by warabannshi | 2009-09-22 08:16 | Comments(0)
【告知】 塩谷賢さんの「科学哲学」講義がはじまりました。
 塩谷賢さんの「科学哲学」講義が、法政大学ではじまりました。
 ご存じの方もいると思いますが、塩谷さんはこんな方です。
 茂木健一郎さんの紹介文によると、こんな感じです。
おしら様=塩谷賢(Ken Shiotani)
1962年生まれ。東京大学理学部数学科卒。同修士課程修了。厚生省に勤務するも、哲学的使命の自覚止まず、結婚を機に東京大学大学院科学史科学哲学専攻に入学。故廣松渉氏に薫陶を受ける。一貫して「時間論」に興味を持つ。その異才は、日本哲学界で知らないものはいない。一方で大変なグルメであり、どこかに旅行してうまいものを食べたくなったら、塩谷に電話して、「今○○にいるんだけど、どこかうまい店知らないか」と聞くと、常に的確な答が返ってくると言われている。バリトンの声で歌うこともある。

 私が塩谷さんに会ったのはいまから二年前、芸大の「芸術解剖学」の講義を聴いてからで、その時以来、ずっと“おっかけ”をしています。(“おっかけ”と言っても、塩谷さんは日本全国の大学・研究機関はもちろん、海外の国際学会にもしょっちゅう足を運ばれるので、トータルで見るとぜんぜん“おっかけ”られていないのですが)
 「桁外れの」、「圧倒的な」、「名状しがたい」という形容詞がふさわしい学殖を備えた方なのですが、ほとんど世間に知られていないのは、ひとえに論文や本をいっさい書かないから。そして研究機関にも属していないし、大学で講義も持っていなかったから。それでも、量子論、科学哲学、精神分析、A・N・ホワイトヘッド、数学、理論生物学…etcの学会では、何かが爆縮しているかのような話しぶりで塩谷さんの存在は多くの人に知られています。知る人ぞ知る“巨人”。
 そんな塩谷さんが、09年後期、法政大で「科学哲学」の学部生向け講義を一コマ、持たれました。
 ポイントは「学部生向け」というところで、塩谷さんが①学会発表ではなしに、②一人で90分間、③毎週決まった場所・時間で話すことは、本当に、ほとんどありません。少なくとも、自分は今回が初めてです。

 今日が第一回の講義で、さっそくもぐってきました。
 そして確信しました。これは多くの人に塩谷さんの講義のことを知らせなければもったいないと。
 講義を録音した音源をテープ起こしして、こっそりと別ブログにアップする予定だったのですが、眼前で次々と言葉が湧きだしてくる昂揚感までは伝えきれないので、ここで講義要項を紹介したいと思います。
 幸い、教室も広くてルーズな雰囲気なので、多少、見物人が増えても文句を言われることはないでしょう。たぶん、これからも。

 法政大のシラバスに掲載されている講義要項は、以下の通りです。
 質問などある方はコメント欄でお願いします。

法政大学@市ヶ谷キャンパス 55年館 552教室(5F)
毎週月曜日 11:10~12:40

科学哲学Ⅱ
哲学特講(8)-2

●到達目標及びテーマ
科学に疑問を持っている学生を対象に、科学についての考え方をシステムや有機体論の観点から議論し、科学及び哲学に対する大局的な見方を得るとともに、自らの哲学の介入点を探ることを目的とする。

●授業概要と方法
講義形式をとるが、授業時間中の討論も重視する。授業中の質問は大いに歓迎する。

●授業計画
1 導入:全体についての予備的考察を行う。
2 哲学をする:行為としての哲学の捉え方を考える。
3 世界観について:思考の対象としての世界について考える。
4 システムについて:システム、有機体という概念について議論する。
5,6 科学・技術というシステム有機体:科学と技術を相対的に自立した複合的システムとして考える。
7,8 科学哲学という営み:様々な科学哲学の概要を紹介し、その立場に検討を加える。
9 科学史という営み:科学史の思想的立ち位置について考える。
10,11 社会における文化としての科学・技術:科学・技術をより広い文脈に置き、そこに生じる様々な問題について考える。
12 学・知の体系と科学技術:人文学、政治・経済との関係を考える。
13 思考図式としての哲学:システム間の交流要素としての哲学を模索する。
14,15 自らの生き方としての哲学:“哲学をする”ことの具体例として、これまでの内容を検討し、討論を行う。


 第一回の講義のテープ起こしは、終わり次第、アップしたいと思います。
by warabannshi | 2009-09-21 22:54 | Comments(4)
第288夜「緑化計画」*
 畑。乾ききった粘土質の土の粒子が風に飛ばされて、歩いている私の靴を汚す。畑に直立して植わっているのはカカシくらいのもので、作物はことごとく原型をとどめないほどに干涸びて黄土色の地面にはりついている。もともとサッカー・グラウンドだった場所を開墾した畑であるから、地味に期待することはできないけれど、いくらなんでもこれはひどすぎる。

 緑化計画研究室に戻ると、ゴンゾ、という先輩がいる。
「畑はどうだった?」
「まず土作りからやらなきゃダメなんじゃないですか? 藁と牛糞を鋤きこんで、一年間放置して、そこから考えたほうが良いような気がします」
「スプリンクラーはやっぱりやめようか」
「そんなに降雨量ないんですか、ここ?」
 話しているうちに、教授たちを交えたミーティングが始まる。
 ミーティングは、今年の乾燥の原因となっている、太平洋側の高気圧を移動させなければならない、という結論に達する。
「雨乞いのために、地蔵を作ったら良いんじゃないでしょうか」ゴンゾ先輩が言う。「大槻ケン地蔵とか、宮沢賢地蔵とか」
 この人正気か? と思う一方で、そうだ、地蔵だ! と思う。
by warabannshi | 2009-09-21 07:00 | 夢日記 | Comments(0)
『ニーチェ全集第11巻(第Ⅰ期)』
1880年秋
6[433]
(…)あたかも存在する事物があるかのように、われわれは語る。われわれの学問もまた、そのような事物についてのみ語っている、だが存在する事物は人間のパースペクティヴに従ってのみ有るにすぎない。このパースペクティヴから自由になることはわれわれにはできない。生成しつつあるものや、運動それ自身は、われわれにはまったく理解不可能である。存在する事物をわれわれが動かしているにすぎない――ここから鏡の上の世界像が成立する。
p.399

6[440]
(…)われわれは他の事物がわれわれに作用を及ぼす場合に決して受け身なのではなく、すぐさまわれわれの力をそれに対置させるのだ。事物はわれわれという弦にふれ、われわれはそこからメロディーを作る
p.401

by warabannshi | 2009-09-20 12:54 | Comments(0)
【告知】 日本ラカン協会 第9回大会に参加させていただきます。
 まだ詳細は未定ですが、
 2009年12月5日(日) 午前中
 日本ラカン協会 第9回大会に研究発表という形で参加させていただきます。
 前回(6月28日)のワークショップと同様、本来はもっと状況に即した適切な語があるはずなのに、「Le mot me manque.言葉が見つからない」とはどういうことかについての発表を行いたいと思います。
 お時間のある方、ぜひお越しください。
by warabannshi | 2009-09-19 22:07 | Comments(0)



夢日記、読書メモ、レジュメなどの保管場所。
by warabannshi
twitter
カテゴリ
全体
翻訳(英→日)
論文・レジュメ
塩谷賢発言集
夢日記
メモ
その他
検索
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 11月
2004年 08月
2001年 12月
記事ランキング