<   2012年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧
第584夜「学校」
 真夜中にかかってきた名前の知らない友人からの電話で彼と話している。風の音がごうごうと鳴っていて聞き取りにくい。
「つまり、ぼくは彼女とここのホテルに泊まって、一緒に風呂入っていたんですよ。いやもう、自分は浴槽ではなく、つまり、浴槽で彼女が脚伸ばして大の字になりたがるんで、桶のほうに入っているくらいでしたけれど。それでも満足というか。こういうときの風呂は心からの休憩になります。それで、『そば、食べに行こう』という話になって、でも真夜中なんで富士そばくらいしか空いてないよ、という話になったんですけれど、構わない、行こう、ということで、靴を履いて、ドアを開けて、エレベータにぼくが先に乗って、振り向いたら、もうここだったんですよ」
「学校の屋上にいたと。一人で」
「おまけに、よくわからない火の見櫓みたいなとこなんですよ。櫓っていっても、ステンレス製なんですけれど」
「やっぱり、普通に考えて、エレベーターに乗っていた誰かに、君、後頭部を殴られたんじゃない?」
「いや、エレベーターのなかには誰もいなかったですよ。だからぼく、彼女のために『開』ボタン押してあげようとまっさきに乗り込んだわけですもの」
「『開』ボタンを押そうとして、コンソールのほうに振り向いた瞬間には、もう外だったわけだね」
「まさに、まさに。右手人差し指、突き出したまま、寒! って感じで」
「学校の屋上、って言っていたけれど、知ってる学校?」
「いや、知らないです。結構、でかいです。マンションくらいのが、四棟あります。四角く。――で、わりと電気が点いているんですよね、教室」
「夜中だよ?」
「いや、点いてるんですよ。点けっ放しのまま帰ったにしては多すぎるくらい。でも、誰も動いてる気配はないんですよね。ほら、学校の白い不燃性のカーテン、あれが全部閉まってるから、教室のなかで何かが動けば、スクリーンみたいに動くはずなんです。――うわ、電気消えた」
 名前の知らない友人の声が、恐慌の度合いを増す。
「うわ、電気、電気消えました。全部、全部の教室の電気が消えました。ちょっと、ありえないですよ、タイミング的に。絶対に、聞かれていましたよ」
 次の瞬間、私は、その友人と入れ替わる。風がごうごう耳のそばで鳴っている、真夜中の、狭い物見台の上に、手すりを掴んで立っている。たしかに巨大な建築物が、自分の足元にあるのも含めて、四棟、モーヴィ・ディックのように確固としてそびえている。
 数えきれないほどたくさんの窓にはすべてカーテンが閉まっている。しかし、一部屋だけ、電気が点いている。しかも、誰かが黒板の前でせわしなく動いているようである。
 私は、いっそのこと、ここで夜風に吹かれて震えて夜明けを待とうかとも思っていたが、あまりの寒さが恐怖に勝る。
 その教室の後ろ側からそっと入ると、黒板の前でせわしなく動いて数式を書き留めているのは一体のロボットで、しかも、それは部分部分が人間の肉でできていることがわかる。その肉は、明らかに高校時代の友人Mのものである。
「……何をやっているの?」
 私は相手が友人Mの名残をとどめている存在であるという、少しだけの安心を過剰にして、“それ”に声をかける。“それ”はタカアシガニめいた動きを続けながら、Mの顔だけこちらに向ける。そして何かを答えたが、不明瞭でまったく聞き取れない。
 Mの顔をもった“それ”は教室の外に出ていく。私は彼を追う。そして、そのとき、学校の廊下はすでに射し込む朝の光に満たされていて、窓際に二列に並べられた机には、もっともらしい藁半紙のプリントが二十種類ほど、それぞれ一枚ずつとるように、並べて置かれている。
 すでに人の形になっている友人Mは、学生服を着ていて、無言のままその並べられたプリント類を二部ずつとり、そして、私に一部を押し付けるようにして渡し、教室に戻る。
 私は、そのプリントを持ったまま、いまだかつて一度も所属したことのない教室で、知らないクラスメートの談笑を聞きながら、コンクリートの成分の割合について、携帯電話で職人と話している。私の体は、悲惨な爆発に巻き込まれたのか、皮膚をつないだ縫い目だらけである。
「そうですね、もう少し卵黄の成分と粘土を加えてみてください」
 掌に砕いたコンクリートの粉に水を足したものをためて、その粘性を逐次、チェックしているのである。
「卵黄成分は、恐竜の化石のがあれば最高です。なかったら骨そのもので」
by warabannshi | 2012-06-27 05:56 | 夢日記 | Comments(0)
第583夜「カエル」
 真っ白い巨大な球がいくつも積み重なっているその隙間に、階段の出口はつながっている。私と、それぞれ名前を知らない兄と妹は、この空間を占拠し、いまいましくも圧迫感を与えてくる白い球を、その下から眺めている。誰も口をきかない。
「まあ、昇っていけばいいんだよね」
 ゴシック調の、黒ずくめの格好をした兄が、ごく自然に、丸々とせりだした球の表面を、傘をステッキ替わりにしてついついと歩いて昇っていく。傘の先端で突かれたところに、ごく自然な凹みが生ずる。
 私と妹の二人も、重力を無視して球面を歩いて昇っていく。
「死体にならずに済んでよかった」
「何の話?」
「死臭はこのカエルを孵化させるからね」
 そう言われて、初めてこの球が、クジラほどに巨大なカエルの卵であることを知る。
by warabannshi | 2012-06-23 07:33 | 夢日記 | Comments(0)
第582夜「2023年」
 絵に描いたようなボヘミアン、貧乏芸術家が、訥々と話す。
「2023年頃まで、美と洗練は、上流階層へと集中するだろう。そして、ヒエラルキーはますます拡大・固定化していく。この傾向はいままでも常に文化の底流にあったが、よりいっそうあからさまになる。ゴヤにとってのアルバ公爵夫人のようなパトロンを見つけられた者には光栄が、そうでない者には歯噛みするための奥歯が与えられる。
 とはいえ、私たちが焦点を当てるべきは、“この時代”ではない。社会階層があからさまに己を見せびらかすときは、それが末期を迎えつつある証左であることを忘れてはならない。私たちは、2023年“以降”を目指す。そのときにカオスと接するだけの体力を蓄えておくこと」
by warabannshi | 2012-06-20 03:20 | 夢日記 | Comments(0)
第581夜「予告動画」
 名前を知らないフランス人の中年男性、『パリ、ジュテーム』の「マドレーヌ界隈」で、階段から転げ落ち、石畳に後頭部を強打して死ぬ男性にそっくりな彼が、カフェで、彼の小説の“予告動画”をYoutubeで見せてくれる。ノートパソコンを置いた木のテーブルは抜けそうな歯のようにぐらぐらしていて、私は自分の靴のつま先を床とテーブルの脚のあいだにつっこんでいる。

【フランス人男性の小説の、予告動画】
 完全に幾何学的に手入れされた笹藪の上で、数人の男女が何かから逃げている。カメラは、誰かの顔に焦点を当てるわけでもなく、男女がこけつまろびつしながら無数の金属のような葉の上を這いまわるさまを観察している。闇に映える笹の葉の翡翠色が、合成なのではないかと思うほどに美しい。
 ゆっくりと暗さを増していくカメラが、人物の周りを回りだす。フランス語で字幕が3つほど入るが、何と書いてあるか読めない。

「何と書いてあったの?」
「そこは勉強してよ。そして日本語に翻訳してよ」
 フランス人男性は煙草を吸い始める。テーブルの上には蜂蜜を垂らしたガレットとシードルが運ばれている。
「笹藪の緑のうえで撮ったのは、中国趣味?」
「眠狂四郎が好きでね」
by warabannshi | 2012-06-19 09:47 | 夢日記 | Comments(0)
第580夜「地下鉄」
 友人Kが有楽町線で帰るというので、2人で地下鉄の駅の階段を下りて行く。下りても下りても、踊り場が続くばかりで、改札口のある階にたどりつかない。どれほど下りたか、体感が失われはじめたとき、とうとう階段の曲がり角から、ひときわ明るい濃い光が射しているのに気がつく。
 下り立った階段の底には、床が段々になった質素な図書館がある。その一番下におかれたテーブルで、6人ほどの勉強会が開かれている。
「何をされているのですか?」
「かちかちやま全集を作るための、黄表紙の研究です」
 なるほど、と私は素朴に納得する。古びた紙からたえず沁み出る匂いが、コンクリートのそれと混ざってこもっている。それでも不思議と息苦しくはない。
by warabannshi | 2012-06-16 14:59 | 夢日記 | Comments(0)
第579夜「(視野に関する断片)」
・6歳児の思考を支えるのは、理論ではなく意地である。

・左右両方の眼球を黄金の義眼と置換することで、人は何かを得た気になり、視野を失う。やがて上下の感覚をも失い、上昇しようとして、海に落下する。

・もし地球であるならばゴビ砂漠と思しき岩だらけの乾燥地帯に、高さ500メートルほどの腕の塊が、ゆっくりと移動している。無数の腕のうち、もっとも大きい一本の腕が、舵となっているらしく、大きく飛び出して掌で地面を掴み、この巨大な構築物の行く先を決めている。巨大な塊の輪郭がぼんやりとしているのは、空気中の砂埃のせいだけではなく、表面に毛を生やしているからのようである。ときどき隙間から緑色に点滅して光るものがある。それが視覚器官なのか、それともなにか想像できないような知覚を可能にする器官なのか、わからない。
 禍々しいそれは、真っ白い砂埃が晴れていくにしたがって、遠くに少なくともあと2柱、いることがわかる。私の目は痛む。

・眼球の虹彩にあたる部分はじつは彫り物なのだ。
by warabannshi | 2012-06-16 07:00 | 夢日記 | Comments(0)
第578夜「卓球」
 はちきれんばかりの筋肉を薄いTシャツの下に誇る双子の兄弟と、卓球をしている。向こうはダブルスで、私はシングル。双子の振るうラケットは、プラスチックの枠に厚手のセロハンを張っただけのものであり、ボールに回転をかけることはできない。これはハンデではない。彼らのだけではなく、私のラケットもそうであるから。
 卓球とは別のスポーツの打音がする。私のほうが優勢だ。双子が下手なわけではない。私のほうが彼らよりも素早く、卓球台の前で動くことができ、なおかつ、そういうことはありえないはずなのだが、ボールに友好の情をもたれているらしく、白球は私の上半身の動きについてくる。
「太田さんは鍛えているからなあ」
 ゲームセットのあとで、双子の一人が言う。実際にはそうでない事柄について持ち上げられたときの、当意即妙の返し方をよく知らないので、とりあえず笑う。
「僕はコーラをなぜ飲むのだろう。コーラとは何だろう。なぜそれはここにあるのだろう」
 シャツを汗で黒く濡らした友人Iが、ペットボトルに入ったコカ・コーラを凝視している。いまにも破れないか心配なほど薄いペットボトルのなかで、樹液のような炭酸水は、静かに発泡している。
「それは、鬱の前駆症状だ。その問いをあきらめきれないなら、精神科を受診したほうが良い」
 たとえ、それが鬱の前駆症状でなくても、Iの疲れすぎていることは、一目見ればわかる。丼飯について談笑する双子が、クイヤルドで描かれているとすれば、Iは2Hの鉛筆による一筆書きのようだ。
by warabannshi | 2012-06-13 07:24 | 夢日記 | Comments(0)
第577夜「北野武」
 何かのレセプションで、北野武が来ている。彼が肌身離さず持っている日記帳を、ふとした拍子に読むことができる。
「テリー伊藤を看取った八百屋の主人によれば、伊藤は、恩人が誰かとか、後世への励ましとかではなく、ほうじ茶の淹れ方について説明しながら死んでいった」
 そして実際、彼の手帳のほかの頁は、たくさんのチャートでぎっしりと埋められており、日本語とアルファベット、数字でそれらの説明がなされている。それぞれの頁のチャートが、何の手順を示しているのかはわからない。しかし、何かの手順を示していることだけはわかる。ときおり、上のような、理解することができる日本語のメモが書かれている。
by warabannshi | 2012-06-08 09:09 | 夢日記 | Comments(0)
第576夜「迂回路」
 ひどくつまらない小部屋に逼塞させられていて、外に出るときは必ず、目的地に向かってまっすぐ行くのではなく、迂回しなければならないと言い含められている。私は不満である。四方の壁が隙間風でできているような、このむなしい部屋で、泣きたいほど退屈である。もちろん、私を閉じ込めておく彼らの言い分はわからいでもない。彼らにとって、私は、自分が素面だと言い張る酩酊者のように見えるにちがいないのだから。だからといって、こんなくだらない丸椅子に座って、ひねもすドアを眺めていたら、ものわかりの良さとひきかえに何か重大なものが失われて二度と戻ってこないにちがいない。
「カフカの、錬金術師通りに面していた彼の書斎は、まさにこんなふうだった」
 部屋の隅にいる蜘蛛が言う。ルドンの絵のように、黒い胴体に人の顔が笑みを浮かべている。
「見たことがあるの?」
「ベートーヴェンのバイオリンのなかにだって、棲んでいたことがあるよ」
「なぜ、いまはここに?」
 蜘蛛は口を閉ざす。
「ドアうを開けるのではなく、壁を引きはがせば、もうここから出られると思うのだけれど」
「迂回するんだよ」
 私がはっと気づくと、もう蜘蛛はいない。不用意にしゃべりすぎた。私はドアを開ける。夜でもなく、昼でもない沈んだ家々の隙間、誰もいない路地が、往く手にうねうねと灰色っぽい闇を覗かせている。私は、右へ、曲がる。
by warabannshi | 2012-06-07 00:31 | 夢日記 | Comments(0)
第575夜「学生運動」
 ギリシアかどこかの学生運動に参加している。真夜中に、デモは暴動へと変わっている。政府の散水車が暴徒に対して放水を続けるせいで、街路の空気は、台風の過ぎ去ったあとのように奇妙に澄んでいる。鼻呼吸をしながら、私はアスファルトに座り、仲間たちの怒号を遠くに聞く。そこでは、まだ散水車が活躍しているだろう。あたかも、私たちが極度に黒ずんでいて、それをまとめて純化させるには大量の水を消費せざるをえない、といった具合に。
 私は二列縦隊の先頭に立つ。疲れ果てている。しかし、規律には従わなくてはならない。やはり疲れ果てた面もちの学生たちとともに、見通しのない行進をする。
「食堂は汚さないでくれ。なあ、わかっているだろう。古今東西、暴動によって食堂は汚さないということになっているじゃないか」
 冗談のような禿頭の店主が、盛んに私たちに呼びかける。私たちの誰もが答える元気を持っていない。ただ、彼への同情を、食堂に踏み入らないことによって示す。しかし、私の声は私のそんな配慮をまったく知らずに叫び返す。
「これが食堂なものか。工場も同然だ。家畜に餌を与えるための」
 そうだ。事実、食堂といっても、百数十人を収容することができる屋根のついたホールに、適時、椅子とテーブルを散らばしただけの、あとは壁に並んだ――いまはもちろん分厚いシャッターをおろして沈黙している――資本主義の実体のようなピザやフライドチキンのチェーン店で、「餌」を購うだけの、ここはそういう場所じゃないか。
 私たちは魚群がそうするように、レオ・レオニの『スイミー』の魚たちのように、さっと歩みの方向を変える。青ざめた禿頭の店主はまだ何かを懇願しているが、私たちは別に食堂に放火しようとか、シャッターに罵詈雑言を落書きしようとは思っていない。ただ、街路と同じように、食堂のただなかも通過するだけだ。濡れた、泥だらけの靴で歩くのだから、あとでモップを念入りにかけなければならないだろうけれど。
 気が付くと、夜が明けつつある。私たちは泥のような疲労のなかを歩き続けていたようだ。休む場所として定められている、体育館に入る。他の、二列縦隊の蛇も近づいてくる。その、別の二列縦隊の先頭の学生が、私にアイコンタクトを送る。私は、了解し、体育館のなかを横断して、そのまま扉を出る。そして、後ろの「蛇」の行列がすべて外に出きらないうちに、背後で扉の閉まる音がする。
 私と数人はくるりと振り返って、体育館の角に走る。やはり、学生運動に加わっているYが、誰かと携帯電話で話している。血相を変えて駆け寄ってくる私たちに気付くと、慌てて携帯電話を切る。その瞬間、体育館の南京錠がぼとりと落ちるのが、映画のようである。
 私はYを――政府との内通者を、後ろから羽交い絞めにする。
「この裏切り者!」
「着信履歴を調べろ。ここの鍵を誰に渡そうとしていたのか、わかるかもしれない」
 仲間たちの声が聞こえる。私は、とくに抵抗しようともしないYを背中から押さえつけているせいで、まるで彼らとは別のゲームをやっているようである。あるいは、飛んでくる投石が、もしかしたら私に当るかもしれないという配慮から、少しだけYにとって致命的なものでなくなるかもしれないという、倒錯した優しさがある。
「無少年」Yが私の渾名を呼ぶ。「私の腕時計を外してくれないか、それが遺品になるように」
 私は了承し、力を緩める。その瞬間、いままで抵抗のそぶりを見せなかったYが、兎のように私の両腕から脱出する。
 目の前が真っ赤になり、私は逃げ出そうとしたYのバーカーのフードを捕まえる。そして、そのまま地面に引きとおす。フードに縫い付けられたワッペンの、アジテーションの文章がさらに私に私の視界を怒りによって狭窄させる。私はYの頭部を殴り続ける。撲殺することはできない。私の腕と肩は、私と同じように疲れ切っているからだ。
「もう十分だ、無少年。もう十分だ」
 Yに馬乗りなっている私を誰かが止める。
「コカコーラ・フィニッシュと呼んでください」
 私は私の名前を言う。しかし、本当の名前のほうが、渾名よりも、真に嘘くさい。
by warabannshi | 2012-06-04 01:49 | 夢日記 | Comments(0)



夢日記、読書メモ、レジュメなどの保管場所。
by warabannshi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
twitter
カテゴリ
全体
翻訳(英→日)
論文・レジュメ
塩谷賢発言集
夢日記
メモ
その他
検索
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 11月
2004年 08月
2001年 12月
記事ランキング