<   2012年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧
ジャック・ラカン『精神分析の倫理』「もの(das Ding)」における、ミレ版とアソ版の差異箇所。
邦訳だと、上巻80頁。「もの(das Ding)」が構成する対象が、ミレール版だと「主体」に、アソシアシオン版だと「抑圧」になっています。

↓↓↓ミレール版↓↓↓↓↓↓↓

「das Ding」とはもともとは、「シニフィエの外(le hors signifie)」とこれから呼ぼうと思うものです。この「シニフィエの外」を関数にして、つまりこれとの情念的な(pathetique)な関係を関数にして初めて主体は距離を保ち、関係様式という形で、つまり最初の情動(affect)の様式という形で、構成されます。これは、あらゆる抑圧に先立つことです。『草稿』の基本的な部分はこのことが中心になっています。フロイトにとって抑圧はまだその当時十分に解明されていなかったことを忘れないで下さい。その後彼が抑圧について語ったことはすべて、いかに洗練されたとはいえ、抑圧が他の防衛形式と比較してどこに特徴があるかを解明する必要に迫られた答えであった、と考えざるをえません。

↓↓↓アソシアシオン版↓↓↓↓↓↓↓
したがって、もし、「das Ding」が、もともと、私たちが「シニフィエの外」とこれから呼ぶことになるものであるとすれば、この「シニフィエでないもの(non-signifie)」に応じて、つまり主体がそのおかげで自分の距離を保つところの情念的なな関係に応じて、どんな抑圧にも先んじたあの関係様式のなかで、最初の情動の様式の中で―この関係様式をめぐって『草稿』の基本的な部分はできているのですが―ある抑圧が構成されます。忘れないようにしましょう、この抑圧はフロイトにとっては、この段階では問題となっているのです。それ以降、フロイトが抑圧について言うことになるのは、すべて――彼のなみはずれた洗練のなかでは理解されず、気づきもしないのですが――いわば他のあらゆねる防衛形式に対して、特別に抑圧が何でありうるかを理解する一種の必要性、必然性以外の何ものでもないのです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
by warabannshi | 2012-10-14 23:46 | メモ | Comments(0)



夢日記、読書メモ、レジュメなどの保管場所。
by warabannshi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
twitter
カテゴリ
全体
翻訳(英→日)
論文・レジュメ
塩谷賢発言集
夢日記
メモ
その他
検索
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 11月
2004年 08月
2001年 12月
記事ランキング