<   2013年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
第613夜「研究者気質」
 戦前から使われていた生理化学に関する研究棟が閉鎖されるというので、そこの研究員でもあった私は引っ越しの手伝いに駆り出される。木造建築の、もはや建物ごと博物館に寄贈したほうが良いような2階建の“校舎”(もとは小学校であったが戦時徴用されたと、研究員のあいだでは代々噂されてきた、無暗に日当たりの良い部屋が廊下に一列に並ぶのである)の“教室”から、すでに使われなくなって久しい実験器具や紙媒体の膨大な資料を、段ボールに詰め、リレー方式で運び出す。一列に並ぶプラタナスの樹が、風が吹くたびにざわざわと音を立てる。
 大勢でかかったので2日がかりでなんとか手配が終わり、私たちはすっからかんになった教室の一つに適当な酒を運び込み、湿気った一本締めの後、酒盛りを始める。洒落た瓶に入ったものから、缶チューハイまでを床に敷いた段ボールの上にまとめて、As You Likeで銘々、とっていく。
「太田君はウメッシュでいいの?」
「ええ、飲んだことなくて」
「ウメッシュって梅酒を馬鹿にしてるよね」
「ええ、だから飲んだことなくて」
 Oさんとの会話を早々に切り上げて、やや甘すぎる炭酸飲料を口にしながら、年度末の引っ越しの算段をつけている友人Kの近くに行く。
「荷物はもう送ったの?」
「うん、後は自分で運べるものだけ」
「手伝いは?」
「できれば欲しい」
 まだ陽が暮れて間もないので、私と友人Kは彼のうちに寄って最後の荷物を手分けして持ち、駅まで運ぶことに決める。2人で、酒盛りを続ける面々に一抜けすることを詫びて、薄暗い道をとくとくと歩きはじめる。途端に空腹を感じる。私たちはラーメン屋に入る。宴席でもっと食べておけば良かったと後悔しつつ。
「太田は相変わらず、宮沢賢治を読んでいるの?」
 そういえば、ここ7年間くらい友人Kとは会っていないことを思い出す。私が頷くと、Kは続ける。
「俺もさ、3.11の後、読み始めたんだよ。宮沢賢治。雨ニモ負ケズとか。ほら、朗読されてたじゃん、あれをyoutubeで見てさ。で、ストラップとかも買ったわけ」
「『春と修羅』は読んだ?」
「青空文庫でぱらぱらと。でも暗いのばっかりだった。なんとかツェーリンっていう回虫がうねうねしている作品は、まあ面白かったかな。太田のお勧めはある?」
「序文かな。あと、どの作品も声に出して読むといいよ。ついでに言うと、賢治の作品は読む人の過剰な何かを刺激するけれど、それを有難がったりユンケルみたいに使うのはどうかと思う、って論文をこの前書いた」
 運ばれてきた、透明な餡に挽肉の混ざったよくわからない料理をれんげでかき回しながら、私は迷惑を顧みずに友人Kに講釈を垂れる。いつの間にか、店の中には研究室の面々が揃っており、まるで登山に行くようなおそろしい大荷物を背負って、私が話し終るのを待っている。
by warabannshi | 2013-03-22 04:32 | 夢日記 | Comments(0)
第612夜「蚊」
 「蚊を1000で6回割ると、人生を救う答えが出てくる」という難問を解きに、全国の猛者が××駅(固有名忘却、漢字2文字)に集まってくる。××駅を出る特別列車には、車両いっぱいに無数の蚊がとき放たれ、何百回でも、何千回でも、1000で割ることができるようになっているという。
 ××駅の構内は広く、コンコースが入り組んでいるくせに誰もいず、埃っぽさのない乾いた空気が高い天井まで靴の音を響かせる典型的な過疎地の駅である。物見遊山で来た私は、なるほど、と思う。おそらく「蚊を1000で6回割ると、人生を救う答えが出てくる」という珍問を巷間に広めたのは、この駅の関係者だ。この過疎地に多くの人を呼びこむための、いわばルアーなのだ。珍問に踊らされて、××駅にはるばるやってくるとは良い面の皮だ。こんないい天気の日に××くんだりまでやってきて、特別列車に乗るための電車賃を支払い、蚊に刺されて帰るのだから。
 そんなことを思いながら、特別列車が出るはずのプラットホームまでの階段を昇ろうとすると、階段はすべてエスカレーターで、おまけにすべて降りる方向に向いて動いている。
 なるほど、と私は再び思う。この程度の苛立たしさで音をあげるような奴は、とてもじゃないが何億匹もの蚊がうなっている車両で精緻な思考など行えるはずがない、という主催者側の課した試練だな、…と知的豪傑たちが思い込むであろうことを予期したギミックである。所詮田舎駅と、内心、侮りもあったが、これは感心せざるを得ない。
 逆向きのエレベーターを勢いよく駆け上がるも、しかし途中で息が切れて、大人しく階下まで運ばれてくる。息を整えていると、スーツの男がやってくる。雰囲気からして、「蚊を1000で6回割る」ために××駅に来た男だ。エレベーターの横で息を整えている私に、男は気づく。
「大丈夫ですか?」男の慇懃な問いのなかに微かな軽侮が混ざっていることを、私は聞き逃さない。
「大丈夫です。エレベーターを昇っている途中で、うっかり笑ってしまって」
「あ、これ、全部下りなんですね」
 男は納得したように笑い始める。これは愛想笑いではなく、本当に面白がっているように聞こえる。いつの間にか男たちは6人に増えており、揃いのスーツで粛々と逆方向のエスカレーターを昇って行った。もしかしたらあれはWORLD ORDERの面々だったのではないか? 私は息も整ったので、今度は無理に駆けあがろうとせず、少しずつ段数と高度を稼いでいく。
 プラットホームには、すでに何十人もの猛者たちが集まっている。東海林太郎やCさんの姿も見える。Sさんは見当たらない。大きなスケッチブックを広げて、周囲の人たちに「蚊を1000で6回割る」ための理論式を説明している人がいる。どうやら彼はその方法にたどりついたらしいが、「余り」として生じる100兆を超える蚊の破片が問題なのだという。
「あの人がO医師ですよ。最初から2番目に会場入りしたんです」
by warabannshi | 2013-03-15 06:43 | 夢日記 | Comments(0)
第611夜「腸チフス」
 腸チフスに感染したために、旅先の鄙びた旅館の一室に隔離される。湯たんぽとゴム製氷枕を足して二で割って十倍ほど大きくしたものが布団の脇に運び込まれる。薬浴をするためのものらしい。慌ただしく、準備がなされる。マスクをつけた救急隊員によれば、呼吸をするために頭だけ出して、首からつま先までをすっぽりとこの無愛想なゴム袋に入れて、嫌光性の薬液に漬けるのだそうである。保険がきかなければ一日当たり一〇〇万円が飛んでいく代物だという。そんな手間をかけるなら、とっとと入院できる病院まで搬送してくれれば良いのにと思う。しかし、どうやら体が父方の祖父Kのものと混ざっているらしく、薬好きな祖父はこの処置に満更でもないようである。
by warabannshi | 2013-03-12 04:53 | 夢日記 | Comments(0)
第610夜「ドレープ」
 焦げ茶色のファーが襟についたざっくりしたコートが、小さなディスカウントショップの軒に吊るしてある。閉店が間近なのか、蛍の光が流れている。渋いオリーブ色の、丈の長いそのコートが安物のハンガーで無頼にぶら下がっているのを眺めていると、だんだんそれが自分にお誂え向きなのではないかという気になってくる。
 店の奥にいる父Kに、ちょっと試着してくるよと言い、近くにあった脚立(配電盤の修理か何かに使っていたらしい)を動かして、その丈の高いコートをハンガーから外す。すると、見た目よりも随分重く、そればかりではなく革製であることに驚く。どうやってこんな色に染めたのだろう。どちらにせよ、この人の目から離れたところで路傍を睥睨していた逸品を、大きな鏡の前で羽織ってみたくて堪らない。
 わくわくしながら鏡の前でそれをまとうと、なぜかそのコートはカーテンのドレープだけで出来上がったような珍妙なローブになっている。もちろん革製ではなく、つるっとした化学繊維の布製である。おまけに色もマニキュアに使うような媚びた赤色になっている。いつの間に変わったのか知らない。
 余った部分をたくしあげればいいのかもしれないと思い、弛みを腰のあたりにまとめていくと、どういうわけか靴がハイヒールになっている。やはり馬鹿げた赤色のハイヒールである。考えたくないが、除毛もされている。
 配色を間違えたビルマ僧のような恰好で、鏡の中にいる私は呆然とこちらを見ている。
 閉店を知らせに来た店員までもが、「もうノンケのふりしたゲイにしか見えないですよ」などと言う始末である。
by warabannshi | 2013-03-11 05:15 | 夢日記 | Comments(0)



夢日記、読書メモ、レジュメなどの保管場所。
by warabannshi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
twitter
カテゴリ
全体
翻訳(英→日)
論文・レジュメ
塩谷賢発言集
夢日記
メモ
その他
検索
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 11月
2004年 08月
2001年 12月
記事ランキング