<   2013年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧
第621夜「嘆きの塔」
 火星、少なくとも地球ではなく火星だと思いたい、地平線まで続く赤茶けた荒野に垂直に、高さ400メートルほどの黒一色の塔が建っている。その最上階にあたるスペースで、“嘆き”による殺菌実験が行われている。原理は極めて簡単なものであり、複数のステレオからの超音波振動で、細菌、カビの細胞膜を崩壊させ、物理的に死滅させるというものである。どういう趣味がそうさせたのかはわからないが、ベートーヴェンの第九「歓喜に寄せて」の合唱として聞こえるように調整されている。当然ながら人体にも相応の効果があり、兵器としての転用も可能である。つまり被害者は、「歓喜に寄せて」の大合唱のなかで、表皮を爛れさせながら、煉獄の苦痛に悶えて息絶えるのである。悪趣味という以外に何と表現すればよいだろうか。それは歓喜(Freude)ではなく、“嘆き(Klagen)”と呼ばれるにふさわしい代物である。
 いや、“嘆き”と呼ばれるにふさわしいものは、この施設で働く者たちである。彼らは一様に白い樹脂製の装甲服(ストーム・トルーパーのような)を身に着けており、個々の顔は見えない。それでもあえて、面にあたる部分を外すと、まるでいままさに歯医者の検診を受けようとしているかのように、口腔を大きく開いている表皮をなくした顔を見ることができる。彼らはじつのところ、常に絶叫しているが、声帯を除去されているために、面をつければまったく取り澄ましたように立ち振る舞う。彼らの音のない絶叫は苦痛によるものではなく、いや苦痛として知覚されているのかもしれないが、ほとんど刺激のない極地での作業が可能であるように前頭葉に手を加えたがための副作用の一つである。
 この施設には、「歓喜に寄せて」に聞こえる“嘆き”と、無音の嘆きを叫び続けながら雑役を務める召使たちしかいないのか。そんなことはない。非常に紳士的な者たちもいる。彼らはおとぎ話から抜け出てきたかのような、あるいは手塚治虫の描くキャラクターのような、擬人化された食肉目のフォルムをしている。なぜそういうフォルムをしているのかは知らない。不稔を象徴しているのかもしれない。いずれにせよ、彼女らは人間の成年並みの知性を持っており、“嘆き”のメンテナンスに関わっている。ただ、彼ら、彼女らの寿命は90日程度であり、彼らはその昆虫のような生を薬剤に頼ることなく(もちろん全員ではない)、楽観的に生きる。生まれながらのエピキュリアンたちは書字に長けており、なかには詩文めいた断片を書き遺すものもいるが、やはり声を持たない。
by warabannshi | 2013-06-02 21:32 | 夢日記 | Comments(0)
第620夜「ピンク・フロイド」
 横浜の、一度、自転車で通過したことはあるけれどどこかはわからない、よく区画整理された駅前で、桜の巨木が満開を迎えている。彼女Fは愛用の一眼レフカメラを持って、その有様を撮ろうとしている。桜はソメイヨシノのようであるが、その花弁は嘘のように小さく、風に吹かれると気流の隙間に棚引き、渦を巻いて舞った。
「すごいね。ピンク・フロイドだね」
 私は溜息をつきながら言う。
「よくわからない」
「英語で、靄のことをフロイドって言わなかったっけ?」
「fogでしょ、靄は。たぶんcloudと、mistと、そういうのと混ざってる」
 淡紅色の靄をまとう巨大な桜の周りは、小さな木の柵で囲われていて、上に向かって張り出した枝振りと、地中に広がっているであろう根とを考えると、その囲いは紙縒りのように頼りなく思われる。その囲いは桜の周りを他と分かつためというよりむしろ、平日の昼間であるからかひときわ多く集まっている、スーツを来たサラリーマンの若い男女にちょっとした非日常間を味わってもらうためのギミックである。
 
by warabannshi | 2013-06-01 07:00 | 夢日記 | Comments(0)



夢日記、読書メモ、レジュメなどの保管場所。
by warabannshi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
twitter
カテゴリ
全体
翻訳(英→日)
論文・レジュメ
塩谷賢発言集
夢日記
メモ
その他
検索
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 11月
2004年 08月
2001年 12月
記事ランキング